2014
04.07

八坂神社から花見小路へ

 3月下旬は京都に行って来ました。記事では平安神宮と銀閣寺をアップしましたが、今回は帰りがてら八坂神社と花見小路に寄りました。桜の時期ではなくて梅がやや咲いているという状況でしたが、やはり人は多いものです。

 京都はバスでどこへでも行けてしまうので非常に便利。とはいえすごく渋滞しており、歩いた方が早いんじゃないかな?と思わないでもない時がたまにあります。

 バスで”祇園”で降りるとすぐそこに八坂神社。主祭神は素戔嗚尊でして、ともに祀られているのが櫛稲田姫命と八柱御子神。

 西楼門が見えます。この西楼門と本殿が重要文化財に指定されています。

RIMG0522.jpg

 この神社の向かいにローソンがありますが、そのローソンは他のと異なりちょっと落ち着いた風情になっています。

 西楼門をくぐって神社内に入りました。本当は南楼門が正しい入り口のようですが。。。

 中に入ると屋台。

RIMG0524.jpg

 屋台があるのは地域の皆さんに親しまれている証拠かもしれませんね。さらに歩いて行くと、向かって左に本殿、見切れていますが向かって右に舞殿が見えてきました。

RIMG0525.jpg

 こちらが本殿。

RIMG0526.jpg

 他にも美御前社や疫神社、大國主社もあります。それぞれ美の神(多岐理毘売命・多岐津比売命・市杵島比売命)、疫病除けの神(蘇民将来)、縁結びの神(大国主神)を祀っているとのこと。

 行った時は梅が綺麗でした。

RIMG0527.jpg

 さて、八坂神社から四条通を歩きます。すると左手に花見小路が見えるので入ります。

RIMG0533.jpg

 入ってすぐ左にあるのが、大石内蔵助が主君の仇討ちのために世を欺いて遊んだという一力亭。

RIMG0532.jpg

 実に京都らしい通り。でも車も走るから危ないと言えば危ない。

RIMG0531.jpg

 ちょっと奥に入ると細道に。ここなら安全(バイク走りますけど)。

RIMG0528.jpg

 この花見小路には”きなな”という、きなこを使ったスイーツのお店があります。最初は花見小路じゃなかったんですけどね、あったのが。”ぎをん小森”というお店の向かいにあった記憶。店舗移動を何回かして、今の位置に落ち着いています。自分が行ったのは、初代の位置にあった時のみ。今は味とかどうなってるんでしょうね。

 ”ぎをん小森”ですが、八坂神社から四条通を歩いて行くと、左手に大行列のある”都路里”があるんですが、そこを右に曲がってまっすぐ歩くと、しばらくしたら到着。もしくは、知恩院道から新橋通を歩くと到着です。ここはものすごく雰囲気が良くてですね、今回はちょっと時間の都合上行けなかったんですが、京都に行かれることがあればぜひ眺めてみてはいかがでしょうか。

 帰りは、遅々として進まないバスに乗って京都駅へ。

RIMG0534.jpg

 新幹線にて帰ってきました。いやー、やっぱり疲れますね。
トラックバックURL
http://m03a076d.blog.fc2.com/tb.php/1737-342135b6
トラックバック
コメント
先生 こんばんは。
私もバスで巡りましたよ。懐かしいなぁ。
旅日記 ありがとうございます。

小路の犬矢来や石畳や柳の芽など いいですよね。

京都駅(こんなビルじゃなかった)の思い出は二つ
・家出娘と間違われたこと。
 公衆電話で「大丈夫だから,心配しないで ガチャン」
 遠距離通話料金は高かった。それを見ていたお巡りさん・・・
・観光終了の女性から残っているバスの回数券を頂いたこと。
 ありがたかったな。
annedot 2014.04.07 22:51 | 編集
>anneさん

ありがとうございます。
京都駅は近代的なビルになり、ガラッと雰囲気が変わりましたね。
外から見える立体的なパネルは、ウルトラマンのブルトンという怪獣を思い出してしまいます。
京都は日常風景そのものが観光客にとって「おー」と思わせるもので、写真を撮りだすと際限なくなってしまうのがなんともでございます。
m03a076ddot 2014.04.09 08:18 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top