2014
04.24

そらまめ焼くぞー

 春の味覚の代表格、そらまめさん。焼いて食べることにしましょう。

 買ってきました。4本で100円。

RIMG0564.jpg

 グリルで焦げ目が付くまで焼く。今回はちょっと焼き時間が短いです。もう少し焦げていたほうが良いかな?

RIMG0563.jpg

 そしてサヤから外す。あっつい。

RIMG0565.jpg

 そらまめはサヤが立派ですが中身がちょっとさみしいことが多いですね…。たくさん買ったはずなのに結局これだけ?って言う時もあります。

 で、皮も外す。

RIMG0566.jpg

 お塩でいただきます。

RIMG0567.jpg

 うむ、やはり



んまい




 茹でる場合は、最初にサヤから外して、豆の正中部にある黒いラインに包丁で切れ込みを入れておくと皮が剥きやすくなります。そして2-3分茹でた後に少し冷ましてから皮を剥いていただきます。焼きそらまめも茹でそらまめも美味しい。
トラックバックURL
http://m03a076d.blog.fc2.com/tb.php/1736-cce6c423
トラックバック
コメント
おはようございます。双極性障害で治療中の うた ともうします。先生のほっこりした文章が大好きです。そら豆、そちらでは出回っているのですね。
こちらは葉桜状態なのでもう少し先になります。
私は焼いて食べる方が好き。ビールも少し欲しいとは思いますが、治療が進むにつれ飲む事も無くなったので(以前はかなり飲みましたが)、麦茶とともに子供達とおやつにしようかな。。。と朝の家事の休み時間、少し季節先取りの予想をして楽しませていただきました。
うたdot 2014.04.24 09:04 | 編集
>うたさん

はじめまして、コメントありがとうございます。
そらまめは本格的な春の雰囲気を食卓にプレゼントしてくれますね。
自然には四季のリズムがあり、人間ももちろんそうだと感じます。
忙しい時や苦しい時でも、季節の移ろいを感じられるほんの少しのゆとりを持っていたいものですね。
m03a076ddot 2014.04.28 08:10 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top