2014
05.02

だるくて熱が出て…?

Category: ★精神科生活
 外来にこんな患者さんがやってまいりました。



数ヶ月前から仕事の残業がずっと続いて、身体がだるくなってしまった。ちょっと熱っぽくて体温を測ったら37.0℃をいつも越えている状態。仕事には何とか行けているけどだるい。某総合病院の色んな科で診てもらったけど、原因が分からない。ということで精神科を紹介された



 というような感じ。たまにいますよね、そういう患者さん。数か月の間、やや高い体温と倦怠感が遷延しております。色んな科で詳しめに検査をされたにもかかわらず、全て空振り。そういう患者さんは精神科に流れ着く運命なのでしょうか。

 こんな状態は、内科の先生だと”慢性疲労症候群(CFS)”と名づけるかもしれません。この疾患はうつ病とかなりオーバーラップしている部分が大きいように自分は思っています。「いやいや、熱もあるしリンパ節も腫れることがあるし違うでしょ。感染が原因だって言われるし」というかたもいらっしゃいますが、炎症という眼で見ると、うつ病の中でもサイトカインがメインを占めているような状態の患者さんでは免疫機能も障害されていることがありますから、熱が出ていてもリンパ節が腫れていても「そうかそうか」とあまり違和感を感じません(もちろん身体疾患を除外した後での話です)。感染後にサイトカインがうまく終息しなければ、それはIFN-αによるC型肝炎治療の副作用である抑うつと同じメカニズムなのかもしれませんし。ただ、注意していただきたいんですが、慢性疲労症候群は全てうつ病だと言っているわけではありません。慢性疲労症候群は”症候群”ですし、うつ病も”症候群”です。うつ病の一部は見る人が見たら慢性疲労症候群でしょうし、慢性疲労症候群の一部は見る人が見たらうつ病なのだと思っています。今の医学ではなかなか白黒はっきりしない。今のところはこんなイメージ?

うつとCFS

 自分は漢方を使うので、漢方的にみるとこの熱はいわゆる”虚熱”ではないかと思います。慢性副鼻腔炎や慢性中耳炎なんかの慢性炎症というのは虚熱でだいぶ説明がつくんじゃないかと考えていまして。虚熱と反対なのは”実熱”というのでして、これは身体の外からの攻撃で身体が強く反応して急性炎症真っ盛りという状態。お互いの戦力が十分にあるので激しい戦いが起きます。虚熱は気虚があったり陰虚があったりで、ほんのちょっとの外からの攻撃でも炎症がじりっと起きてしまって治りにくい状態。

 虚熱の治療はどうするのか? 気虚がメインであれば、補気薬に清熱薬を合わせることが多いです。気を補って、かつ熱を冷ますというスタイル。陰虚がメインで気虚が無いようなタイプだと、補陰薬を使って陰を補充してあげます。上述の患者さんはだるくてお布団があったら入っていたいというような症状があり、気虚がうかがえます。となるとスタンダードなのは補中益気湯。温める生薬も入っていますが、柴胡という冷まして乾かす生薬も入っており、どちらかというと冷ます系でしょうか。口の渇きとか手足の火照りなどが気になるようなら、少し潤してもうちょっと熱を冷ますような方剤(陰虚用の漢方になります)を合わせると良いでしょうね、たぶん。

 その患者さんは気虚が本態と思われ、補中益気湯のみでまず行こうと考えました。少し多めの4包/dayにて開始。2週間後にはだいぶ元気になって、1ヶ月後には元通り。良かった良かった。熱があまり下がらなかったら静熱剤を合わせようと思っていたんですが、その必要はなく。

 陰虚が被っていたら六味丸を合わせるとか清心蓮子飲を使うとかでも良いかもしれませんね。清心蓮子飲の中には四君子湯という補気薬のベースとなる方剤が入っており、また陰虚も補う生薬が入ってます。車前子という生薬も入っていて、これは尿路の問題を解決してくれます。対して、元気だけど少し熱があったり歯槽膿漏とかの慢性炎症が治らなかったりというよう陰虚ばりばりなら、陰を補うもの、例えば滋陰降火湯とか温清飲とか六味丸とか、そういうのを状態を見ながら選ぶということになるかと。

 ちなみに”うつ病”は漢方的に考えると”気うつ”タイプと”気虚”タイプがあるように思います。ガソリンはあるけどエンジンが回らないようなら気うつと表現できますし、ガソリン自体がもうないのなら気虚です。がんばろう!と思えるけど身体が付いていかないのかがんばろうとすら思えなくなっているのかという表現でも良いかもしれません。それによって理気薬をメインで使うか補気薬をメインで使うかが変わってくるでしょう。
トラックバックURL
http://m03a076d.blog.fc2.com/tb.php/1726-5e3c3262
トラックバック
コメント
最中先生 ご多忙中と存じますが

漢方に精通されているようなので相談させてください。
仕事がハードになるとうつの悪化に伴い
身体表現症状として、心因性嗄声の症状が出て
仕事に支障があり、苦慮してます。

半夏厚朴湯を処方されますが、全く効きません。
何か効果のある漢方はございませんでしょうか?
抗不安薬としてリボトリール1mg×3T/1dayとツムラの54番3包を服用してます。
アルバトロスdot 2014.05.17 09:21 | 編集
>アルバトロスさん

ありがとうございます。
残念ながら、漢方薬は症状のみで出せるものではありません。
今服用されている漢方薬で効果が無いのであれば、漢方外来や漢方薬局でしっかりと診てもらうのが良いかと思います。
m03a076ddot 2014.05.19 22:04 | 編集
ありがとうございました。
通院してる病院に漢方外来がありますので、紹介してもらいますf^_^;









^
アルバトロスdot 2014.05.19 22:35 | 編集
>アルバトロスさん

ありがとうございます。
しっかりと漢方的に診てもらうことが重要です。
m03a076ddot 2014.05.23 08:05 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top