2014
01.26

ひっぱりだしてきた

 何かのニュースで”けん玉”がアメリカさんでスポーツとして人気が出てきている、というのを見ました。

 何やら不思議な感覚を味わいました。実際にアメリカでその現場を見たわけではなくニュースで知っただけなので本当に人気があるのかどうかは知りませんが

・一部のアメリカ人さんはけん玉のことを知っている
・その中のさらに一部は楽しんでくれている

 と解釈して良いのかもしれません。

 けん玉は、小学生の頃に担任の先生(ナカムラ先生って言ったかな??)の趣味で、ちょっと言い方は悪いですがクラス全員に強制的にやらせたという既往があります。そんなこんなで、自分は小学5-6年の2年間けん玉をしていました。

 それ以降は思い出した時にちょろっとやっていたくらい。たまに「どの位できるの?」と聞かれますが、ものすごく上手いわけではありません。”灯台”っていう技が苦手でして、10回やって1回できるかな?という感じ。”ふりけん”とか”飛行機”は得意な部類です。”うぐいす”は”灯台”と同じくらいの成功率ですかね…。”竹馬”はできません。

 けん玉で遊ぶ利点としては、集中力が出るということ、あとは穴を良く見ることが大事なので動体視力も鍛えられるかも?手首や膝の柔らかさにもつながってくるかもしれません。最初は難しいですけど、だんだん上手くなってくる過程はどんなことでも達成感が味わえますね。勉強の合間にやっていると、なぜかけん玉遊びの合間に勉強をする羽目になるかも。

 自分は大学生になってからはすっかりしなくなっていたものの、8年前(2006年)に東京に行った際に綺麗なけん玉を見て、ついつい買ってしまいました。赤色の塗装がピカピカしていて眼を引いちゃいまして。”夢元”という大層な名前のついたもので、1300円くらい(相場はよく分かりませんが)。持った感じとかバランスとかが良くて、ずいぶんと使いやすかったです。研修医の頃もちょろちょろ遊んでて、少し塗装が剥げて剣先がちょっと潰れてしまった。

 ただ年月が経ちそんな夢元の存在もすっかり忘れていた先日、上述のけん玉のニュースを見て、「そういえばけん玉持ってたなー」とごそごそと引っ張りだした次第。少しネットで調べると、この”夢元”はもう製造中止になってるとのこと。。。何か淋しいですな。ずいぶんと質の良いものだったらしく、けん玉の上手い人は好んで使っていたみたい。今は名称を勢いのある”夢元無双”として復刻されたようです。それだけヘビーユーザーからの期待があったんですね。

 つまり、自分は完全に宝の持ち腐れだったわけですな…。

 ということで、やっぱり使わないと製造者さんにも悪いなと思って最近カチャカチャといじってます。



↓ダンボールの中から出してきたけん玉

けんだま

トラックバックURL
http://m03a076d.blog.fc2.com/tb.php/1708-8cbb23fb
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top