2013
06.11

正しいセッティングと診察方法を勉強しましょう

Category: ★研修医生活
 今日は月に1回行われる研修医の朝の勉強会がありました。どんな因果か自分は研修医が終わってからも参加していて、色々と意見をいう役ではあるんですが、勉強にもなりますね。

 さて、その中で研修医が頭痛患者さんに行ったJolt accentuationという診察。髄膜炎の除外に用いられる有名なものであります。

 Uchihara先生らによって最初に報告されていますが、これは



救急外来にwalk inでやってきた発熱&頭痛の患者さんに用いるもの



 ということを忘れちゃいけません。このセッティングを忘れると、期待される感度と特異度(感度97.1%、特異度60%)は出せません。上述の報告ではnが34と少ないのが問題。追試は行われているみたいで、そこではn=190とまずまず。しかし意識障害などの患者さんも含めており、本来のセッティングではありません。ちなみにそこでは感度6.06%、特異度98.9%という全く逆の結果。あらあら…。ちょっと解釈に困りますね。

 どんな患者さんに行うものか、というのは診察や検査を行う際はしっかりと意識しましょう。診察前確率や検査前確率というのを考えないと、せっかく行なっても有用性が薄れてしまいます。

 あとは、方法!

 その研修医に「どうやってやるか、方法分かる?」と聞いたら、返ってきた答えが



できるだけ速く頭をブンブン振る




 これじゃいかんですよ!




 全く正しくありません。そんなんなら頭痛のある患者さん全員が陽性になってしまって、診察の意味がなくなっちゃいます。自分も頭痛持ちですが、頭が痛い時に思いっきり振ったら痛みが強くなるに決まってますよ…。常識を持ってくれ。1年次だったから静かに指摘しましたけど、2年次がそういう回答をしたら怒ってましたよ、あたしゃ。

 正しい方法は”1秒間に2-3回くらいの速さでイヤイヤをするように振る”です。そんなに速くないので、これを間違うとダメダメ。

 結構多いんですよ、jolt accentuationの方法を知らない研修医(上級医でも…)。これまで返ってきた答えは上述のものや、ただ「頚を適当に横に振る」とか「あ、知りません…」でした。そんないい加減なもんじゃいかんって。

 これに限らず、いつも行なっている診察や検査のエビデンスについては

・どういう時に行われているのか
・どうやって行われているのか
・どこで行われているのか
・なんのために行われているのか
・誰が誰に行なっているのか

 というところまで理解しましょう(5W1H的な)。さもないと特性が生かされません。エビデンスの数字だけが一人歩きしてしまっては、意味が無いんですよ。

 ということで、今日は真面目なお話。研修医の先生方は勉強してくれているので、もうちょっと詰めてやると更に良いですよ。




☆参考文献
Uchihara T, et al. Jolt accentuation of headache: the most sensitive sign of CSF pleocytosis. Headache. 1991 Mar;31(3):167-71.
Waghdhare S, et al. Accuracy of physical signs for detecting meningitis: a hospital-based diagnostic accuracy study. Clin Neurol Neurosurg. 2010 Nov;112(9):752-7.
トラックバックURL
http://m03a076d.blog.fc2.com/tb.php/1629-c9039274
トラックバック
コメント
m03a076d先生

おはようございますm(_ _)m


難しいお話で 分からない部分だらけですが
『イヤ イヤ』って仕草や 表現は可愛いですよね

もしものすごい激しい いや! イヤ!だったら どういたしましょうΣ・А・*…


ところでm03a076d先生の プロフィール画像は
アポロチョコだったんですね~V(^-^)V

お医者様だから 幾何学模様的なイメージをもってましたが
実は チョコを開封して
一粒ずつ確認した結果の産物であったとは…


m03a076d先生は楽しい方のように感じます((ミ゜o゜ミ))=〇


もしよろしければ私のブログに
リンクを貼らせていただけないでしょうか?

こんひゅすぱいdot 2013.06.13 05:07 | 編集
>こんひゅすぱいさん

ありがとうございます。
ご指摘の通り、プロフィールのものはアポロチョコになってます。
ノーマルのアポロと、いわゆる”逆アポロ”の2種類です。
全く深くはありませんでした…。
このブログはリンクフリーみたいなものですので、ご自由にどうぞ。
m03a076ddot 2013.06.13 15:09 | 編集
m03a076d先生

ありがとうございますo(^-^)o

さっそく貼らせていただきます´δ∂*


こんひゅすぱいdot 2013.06.13 17:46 | 編集
>こんひゅすぱいさん

いえいえ、どういたしまして。
よろしくお願いいたします。
m03a076ddot 2013.06.14 17:02 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top