2013
03.26

熱田神宮のきしめん

 3月の中旬に、熱田神宮に行ってまいりました。2度目。

 初詣を今年はしてなくてですね、3月は立て続けにちょっとよろしくないことが起こったので、これは行っとかなあかんな、と反省して日曜日を利用して参拝。今年(2013年)が何と創祀1900年を迎える、ものすごく長い歴史を持った神宮です。あと100年後には2000歳なんですね。すごい。

 去年の年末に”先回り詣で”と称してまさに先回りで初詣のつもりになって大須観音に行ってきたのですが、そんな横着をやはり神様は見逃さなかった。

 もう1つ大きな目的があり、それは”宮きしめん”のきしめんを食べようか、というもの。”宮きしめん”そのものは名古屋では有名なきしめん屋さんですが、発祥がこの熱田神宮。

 こんな案内板が。

PA0_0577.jpg

 矢印に従って歩くと。。。

PA0_0578.jpg

 しかしこのお店は”宮きしめん”ではなかった!”清め茶屋”というお茶屋さん。ちょっとトラップです。

 ”宮きしめん”は”清め茶屋”の前を左に曲がると。。。

PA0_0579.jpg

 あった!

PA0_0582.jpg

 外に構えられております。当日は結構肌寒くて雨もぽつぽつと降っていたためお客さんは少なめ。

 ノーマルなきしめんを注文(600円)。ネギは盛り放題ですが、神宮で欲を出すと良いことがなさそうなので控えめにしておきました。

PA0_0583.jpg

 きしめんは、こんな感じに平べったいんですよ。すぐ茹であがるのが特徴。

PA0_0580.jpg

 お味は、結構きつめのおつゆ。鰹節の味が強めに出ています。寒い日にはもってこいですな。ほうれん草と油揚げとしいたけとかまぼこがメインの具材。

 これ、しいたけ。

PA0_0581.jpg

 この子がまた実に



んまい



 麺よりも美味しかったかも…??

 他にもいくつかメニューがあり、眼をひいたのが”おすましきしめん”という澄んだおつゆのきしめん。これだとそんなに味はきつくないのかもしれません。北海道育ちの自分からするときつめも好きですが、澄んだのも気になる。

 参拝を済ませ、少しお散歩。

 梅が咲いておりますね。

PA0_0576.jpg

 岩の上に散った花がまたよろしゅうございませんか。

PA0_0575.jpg

 こちらも。しだっております。

PA0_0574.jpg

 ”ならずの梅”という、実をつけない梅の木。室町時代には既にあったのでは!?と言われております。鳥が木で遊んでおり、花が散りつつあります。ちょうど木の下に花びらが降りて行って、水面に映る梅の様な印象を与えますね。

PA0_0573.jpg

 白梅なのですが、桃色の花も咲かせます。不思議。

PA0_0572.jpg

 散っていく花を捕まえようと、どなたかのお子達がはしゃいでおります。可愛いのでつい撮ってしまった。

PA0_0571.jpg

 帰る途中に見たのは。。。

PA0_0570.jpg

 ふたたび鶏様!!2012年6月の記事にもありますが、初回の参拝時にも遭遇。またここでお会いしました。

 拡大を。

PA0_0569.jpg

 雨宿りしてるんですよね、実は。屋根に守られておりましょう。

 可愛げがあるなぁ。。。みんな雨は嫌いなのかしらね。
トラックバックURL
http://m03a076d.blog.fc2.com/tb.php/1610-8ab0a8db
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top