2013
04.09

キャラクターシリーズ:女子から切り崩せ!

Category: ★精神科生活
 エスゾピクロン(ルネスタ®)は、ゾピクロン(アモバン®)から光学異性体のS体のみを取り出したものです。だからエス-ゾピクロン。商品名のルネスタは、”ルネ”と”スタ”で月と星から来ています。アモバンよりも作用時間がちょっと長め。

 セチリジンとレボセチリジン、シタロプラムとエスシタロプラム、オメプラゾールとエソメプラゾールなど、光学異性体ブーム(?)が起こっていますね。一から新薬作るよりも楽だからでしょうか。

 S体を取り出したから良いかって言えばそういう訳でもなく、このルネスタはアモバンとの直接比較を行っていません!!!それなのにアモバンよりもさも優れているかのようにコマーシャルするのは製薬会社の罪としか言いようがありませんです。それだけでいかがわしい薬、こいつは。

 ちなみに、アメリカでは以前はゾルピデム(マイスリー®)が圧倒的なシェアでアモバンは付け入る隙がありませんでした。ところがルネスタを新規投入してめっちゃ売れています。ま、アモバンないからですけどね。マイスリーは最近よく転ぶとか肺炎のリスクになるとかが分かってきており、自分も敬遠し始めました。ベンゾ近縁の薬剤ではアモバンかリスミーを使ってます。もちろんあんまり出さないですけどね。やっぱりベンゾは不必要にだらだら出すもんではありません。ヨーロッパでは、欧州医薬品庁(EMA)が



ルネスタ?そんなのアモバンと変わんねぇよ



 と一蹴しまして、新規薬品としての認可が降りませんでした。素晴らしい判断。

 Eszopiclone is not marketed in the European Union following a 2009 decision by the EMA denying it new active substance status, in which it ruled that eszopiclone was too similar to zopiclone to be considered a new patentable product. となっています。

 残念ながら、アモバンとルネスタの2種類が販売されているのは世界広しといえども日本のみ。ここに日本のアホさ加減が見えます。2mgが標準的な量とされますが、薬価は78.7円。アモバンの10mg錠が29.3円ですから、ちょっとどうかな…と思います。

 繰り返しましょう。


ルネスタはアモバンとの直接比較を行っていません!!!


 それなのに苦味が軽くなってるとか、何を言ってるんだエーザイ(販売会社)は。しかも苦味が無いかのような言い回しをすることもあり、辟易しています。国内でもマイスリーとの比較しか行っていないし。値段のことも薬剤説明会で言わなかったですし、ヨーロッパの件も言わなかったしね。

 正々堂々とアモバンと比較してほしいものです。それで苦味が劇的なまでに軽くなっているのかどうか、そして価格のつり上げに見合うだけのメリットがあるかどうか。それがハッキリするまで使う気は全く起こりません。ちょっとだけ苦味がマシだとか、そんなんじゃ許さん。粛々と酸棗仁湯のパルス療法をしますよ、あたしゃ(疲れていても眠れない場合)。
 
 そんな薬のイメージキャラクターなんてどうでも良いわ。まぁ出たってんなら見てやるよ。

PA0_0561.jpg



可愛いじゃねーかクソッ!←敗北。



 み、見た目なんかじゃ信用しないんだからねっ!!



 …。月と星を用いたツキノワグマのキャラクターさん。反則なまでの可愛らしさ。女医の女子心をくすぐってそこからシェアを広げるつもりだな!汚いなさすがエーザイきたない。

PA0_0560.jpg

 こんなペンもらった日には処方したくなっちまうじゃねーかッ!←しません。

 これからムコさる君の様にぬいぐるみとかファイルとかカレンダーとか何か色々展開するつもりでしょうか。ルネスタそのものに自信がないからキャラ頼み?

 というかね、クマを選択した時点で負けておるのだよ、ルネスタ君。眼の下に”クマ”が出来ちゃうかも知らんでしょ。ということは不眠なのだよ。


(沈黙)


 とはいえ、ただ罵るだけじゃこちらも品がないので、自ら人体実験をしてみました。

 感想としては、確かに苦味そのものはアモバンよりマシと言えばマシ。そこは評価しましょう。ただ劇的に少なくなったわけではなく、ニガニガとしています。眠りはアモバンよりも少し浅い印象があり、ちょっと残りますね、翌朝。。。値段を考えるとやっぱり使う気にはなれない。苦味ゼロなら考えても良かったですけどね。

 ということで、商業的な印象がぬぐえないルネスタを自分は進んで使うことはありません。少なくとも、きちんとアモバンとの直接比較をばしっと行ってください。その結果次第では態度も軟化するかもしれません。あとは価格でしょうかね。せいぜいアモバンの1.5倍くらいにとどめておきませんか?
トラックバックURL
http://m03a076d.blog.fc2.com/tb.php/1606-93ab1ba6
トラックバック
コメント
Drはいつも薬を試してみるんですか? キャラクターで使用してしまうなんて 恐いですねまだ若い もなかのさいちゅうDrには 今のまま熱いDrでいてください。 息子の主治医は パソコンしか見ていません。 三分診療どころか 30秒診療です。 漢方薬の相談など とんでもありません。 息子は ジプレ エビ を 断薬してしまったのですが 少しでもブレを少なくなるようにと 自分で 抑肝散を指定してました。 もなかのさいちゅうDrのような先生はなかなかいませんねぇ。 精神科医よもっと勉強してくれ! です。 こちらのブログでしっかり勉強させていただきます。 ところで 名古屋の喫茶店といえば コンパル には行かれましたか? 昔ながらの コーヒーの味ですよ。
マリンdot 2013.04.09 18:48 | 編集
>マリンさん 

コメントありがとうございます。
薬の試し飲みは、製薬会社さんがサンプルをくれるのでそれを使うことがあります。睡眠薬は処方してもらいますが。他の医師はちょっと不明ですが、自分は出す薬についてはまず試してみることが多いです。リスパダール(1mLの液剤)やセロクエル(200mg錠を4分割)は翌日までずっと持ちこしてしまいました。デパス(0.5mg)は長い間使うと確かに癖になるような”ふわっ”とした感覚がありました。漢方薬も一応自分で飲んで味を確かめています。キャラクターが製薬会社の売り上げにどう貢献しているかは不明ですが、会社側のアイディアや苦労などが見え隠れするので面白いな、と思っています。

お薬は、辞めるにしてもゆっくりと行うのが肝腎ですので、医師に相談してみるというのが良いと思います。薬の副作用ばかりを強調したサイトや本などが出回っていますが、適切な薬剤の適切な量を適切な期間使うのは、患者さんにとっての”松葉杖”だと考えています。その”適切”に至るまでは回り道が多いのも確かではありますが。

自分も外来がきつきつだとお薬の変更やじっくりと聞くことまでなかなか及ばず、歯がゆいところです。息子さんの主治医の先生も患者さんがすごくたくさんいるのだろうな、と想像しています。需要が非常にある分、1人1人にかける時間はどうしても短くなってしまう。。。難しいところです。

コンパルは行ったことがありますよ。サンドイッチとコーヒーの組み合わせがデフォでしょうか?あそこも”喫茶店”という感じのお店ですね。
m03a076ddot 2013.04.11 08:49 | 編集
副作用でマイスリーが転ぶとは、筋弛緩作用がキツイのですか?

マイスリーは日中に残らない気がして、また脚が悪いのでなるべく筋弛緩がないものをと薬を選んで不眠症治療をしていたのですが。
アモバンが奇異反応?か意識が覚醒するのに体が動かずで、寝付けないので使えず。
リスミーは筋弛緩少ないですか?

脚が痛くなるのですが眠りに効いて筋弛緩作用がないものがあれば良いのですが。
佐藤dot 2013.04.24 18:40 | 編集
>佐藤さん 

コメントありがとうございます。
マイスリーはこれまで「筋弛緩作用が少なくて転びにくいですよ」という常識でしたが、最近の論文を色々と眺めているとそういうわけでもないようです。
筋弛緩作用も指摘されていますが、小脳の機能を抑制することで協調運動障害が起きるのではないかという指摘がなされています。
若い人ならそれほど気にしなくてもいいのでしょうが、高齢者では転倒や誤嚥性肺炎のリスクが上昇するという報告が多くなされています。
医者側もついついマイスリーだと安心してしまう傾向にあるので、患者さんへの注意喚起が少なくなってしまいますね。こういうことも原因の1つなのかもしれません。
リスミーはそれほど筋弛緩作用が強くはありません。でも注意が必要なのはどの睡眠薬でも同じ。アモバンも駄目という事ならば、こういう時こそ一度ルネスタをトライしてみても良いかもしれませんね。
個人的には日常生活リズムの立て直しをしてもらって、それでも…ということならロゼレムを1/2錠(粉末化)夕食後くらいに飲んでもらっています。これでリズムが元に戻るという患者さんは結構多いと思っています。自分はロゼレム飲んでも効きませんでしたけど…。
他には漢方薬も使うので、患者さんに合わせていくつか選んでみることもあります。
m03a076ddot 2013.04.24 22:17 | 編集
お返事ありがとうございます。
協調運動障害ですか。脳に利くお薬は色々副作用があるのですね。

ロゼレムを粉末にする理由は何ですか?
ロゼレムで湿疹が出る人はいますか。
ルネスタも粉末の方が良いですか。
佐藤dot 2013.04.25 16:53 | 編集
>佐藤さん 

ロゼレムを粉末化にするのに大きな理由はなく、ロゼレムの規格が8mg錠のみで、かつ割線がついていないことによります。
丸っこい8mg錠なので、なかなか半分に切ろうとしても「ピン」っとどこかに飛んでしまうことも。
なので、自分は薬局に頼んで粉にしてもらっています。
ロゼレムは8mgだと効き過ぎる人もいたり、また睡眠リズムの立て直しだけだと4mgでも十分なことも多かったり。なので自分はまず4mgを夕食後に飲んでもらってます。
湿疹については、どんな薬剤も出る(薬疹)と思っておいた方が良いですよ。
ルネスタについては、規格が1mg錠、2mg錠、3mg錠という3種類あるので、量の調整はこの中から選ぶと良いかと思います。
m03a076ddot 2013.04.25 22:07 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2013.07.11 07:11 | 編集
管理人用閲覧コメントを下さったかた、ありがとうございます。

研修病院選びはなかなか難しいですね。ただ、どんな病院を選んでも結局は自分が勉強するかしないかという部分が非常に大きいと思います。ブランド病院を目指して入っても、それにあぐらをかくようではやっぱりいけません。料理人であるあなたの腕次第。
患者さんのために医者として頑張るぞ!というこの気持ちがやっぱり大事なんじゃないかなと思います。シンプルですけどね。
m03a076ddot 2013.07.11 18:11 | 編集
はじめまして。

ある精神科医の先生の記事で、「ルネスタが長期投与できる理由は、耐性の形成や退薬症候群、反跳性不眠がほとんどないためで、アメリカでは6ヶ月くらい処方できる。」と書かれているものがありました。

一週間前から突然の不眠になり、内科でマイスリーを処方してもらい2~3時間程度は寝れているようで昼間の眠さは軽減されました。

中途覚醒してしまうものですので、先の精神科医の先生の記事を読み、ルネスタに変更してもらおうか悩んでいたところ、こちらの記事が目にとまりました。

そして今日、内科に行って「ルネスタ」1㎜を一週間分だけ処方してもらいました。
今晩飲んでみます。

安全な睡眠薬などないのでしょうが、その中で、少しでも体に負担がないものをと思い、PCの中の情報を片っ端から読み漁ってみました。

ますます、わからなくなってきてしまって・・・

とにかく早く元の状態に戻りたいので、毎朝30分の散歩と寝る前にTVを見ない等、体内時計のリセットにも挑戦しているのですが、いまだに効果はありませんが、こらは続けるつもりでいます・・・

なんで、眠れなくなってしまったのだろう・・・

ついこの間まで、寝れないなんて、そんな馬鹿な事、あるはずがないと思っていたのに・・・
初めての不眠者dot 2014.04.10 17:45 | 編集
>初めての不眠者さん

ありがとうございます。
ルネスタは確かに他の短時間作用型よりは、やめる際に楽だと思います。ただ全くないわけではありません。あと少し持ちこす(朝もボーっとする感じ)ことがままあります。
不眠については、まず『自分でできる「不眠」克服ワークブック:短期睡眠行動療法自習帳』という本を使ってみると良いかと思います。
ただ、焦れば焦るほど眠りは遠ざかっています。眠らなきゃと思うと逆に眠れません。「とことんまで寝てやらない」という発想が奏功することもありますし、基本スタンスは「眠りが自分を捕まえてくれるまで横になって気楽に待っている」というものです。
m03a076ddot 2014.04.11 08:39 | 編集
お返事ありがとうございます。

昨晩、ルネスタ1㎎1錠飲んでみましたが、眠れませんでしたので、今晩2錠飲んでみますね・・・
苦いですけど気になりませんでしたよ・・・薬ですから・・・
ただ、眠れなかったと言っても、今日、ものすごく寝不足した感じではないので、少しは眠れてるんでしょうね・・・

突然眠れなくなった最初の1週間は、本当に眠くて大変でした。
眠れないことが不思議で、もともとは早寝早起きが習慣だったのですが、その1週間は「遅寝早起き」にして、早朝散歩も始めて、眠くても昼寝もせずに過ごして、それでも寝れないんですよ・・・不思議・・・

1週間そんな感じで過ごして、さすがにギブアップで、先週の金曜日4月4日に内科に行ってロゼレムを処方していただいて、それでは眠れなくて、次の日マイスリーを処方していただいて、5㎎1錠を飲んだら、2~3時間眠れただけなのに体力は回復しました・・・不思議・・・

でもやっぱり、薬で眠らされているだけで、まだ、自力では眠れないんですね・・・ほんとに不思議・・・

贅沢にも、もう少し長く寝てみようかな~と思い、ルネスタに興味を持ったのでした。

昨日、岡田 尊司(著)「人はなぜ眠れないのか」を読みました。
今度、『自分でできる「不眠」克服ワークブック:短期睡眠行動療法自習帳』読んでみます。
認知行動療法等、どんな本を読んだらいいのか迷っていたので、助かりました。ありがとうございます。

私も施術等の仕事をしていまして、患者さんから眠れない等の相談があった時に、「3日も起きてりゃ嫌でも寝れるから、心配しなくて大丈夫」とか言ってたんですよ・・・

まさか自分がね~・・・あっ、これ、焦りですかね・・・

まあ、薬で寝れることが解ったので、気持ちは意外に楽なんですけど、自力で眠れるようになるのか・・・あっ、これも焦りですよね・・・

初めての不眠者dot 2014.04.11 13:37 | 編集
>初めての不眠者さん

ありがとうございます。
不眠にも身体に原因があることがあるので、内科さんで必要ならば検査はしてみて下さい。
紹介させていただいたワークブックは、上手く使うと効果が実感できます。
少し気長になりますがトライしてみて下さい。
m03a076ddot 2014.04.13 08:33 | 編集
先生、なぜルネスタは他の短時間型よりやめやすいので
すか?
先生の記事で怪しげなイメージがルネスタにあり除外してたのでお手透きの時に教えて頂けたら嬉しいです。
それから漢方ですがなるべく少ない種類(生薬)で組み合わせるとしたら、代謝を上げたい+体を温めたい場合、先生でしたら何を組み合わせますか?(証は無視で構いません)煎じで勉強しています。
佐藤dot 2014.04.13 22:33 | 編集
>佐藤さん

ありがとうございます。ルネスタはやめやすいと言われていますが、自分は他のベンゾとほぼ同じと考えています。短時間作用型よりもルネスタは作用時間が長いので、短時間作用型と比べるとやめやすいのかもしれません。
”代謝を上げたい+体を温めたい”のでしたら、陽虚と考えて補陽作用のあるものを使うでしょうか。補気薬と温裏薬のなかから選ぶと思います。
m03a076ddot 2014.04.17 22:59 | 編集
こんにちは。
初めての不眠者です。

その後の経過報告です。

ルネスタ2錠でも眠れなかったので、マイスリーに戻していただきました。
内科的な疾患は大丈夫そうです。
日々のストレスも人並みだと思います。

そして漢方薬。
保険がきくので、うそみたいに安いですね。

先生のブログや本、ネット等を参考に、酸棗仁湯と柴胡加竜骨牡蛎湯を処方していただいて3週間。
残念ながらいまだに入眠できず、今日、黄連解毒湯と柴胡加竜骨牡蛎湯に変えていただきました。(胃カメラの検査があったので、ついでに・・・)
変えるのが早すぎるのかもしれませんが、自分には酸棗仁湯よりも黄連解毒湯の方があっていそうなので・・・

漢方医の先生に舌脈腹等を見ていただくのがいいのでしょうが、私の近所の漢方医の先生は症状で漢方薬を出す先生ばかりなので、自分で調べてお願いして、出していただいてます。
嫌な顔しないで出してくれます。

教えていただいた『自分でできる「不眠」克服ワークブック:短期睡眠行動療法自習帳』は、すぐに購入しました。
購入後、毎日記入しているのですが、
これは、睡眠薬を飲まないのが前提になっているのでしょうか?・・・ここのところがわからなくて、質問させていただきます・・・スイマセン(汗)

眠れなくなってから、漢方薬を飲み、夜10時に布団に入り、1~2時間しても入眠できないため、11時30分頃マイスリーを飲んで寝ています。
毎朝5時30分に起きて、1時間散歩をしています。

慣れとは凄いもので、最近は、眠れない今の日常にあまり不便を感じなくなってきているのですが、やはり、自力で眠れるのにこしたことはないので・・・

なんでも飲めばいいってものではないのでしょうが、メラトニンも飲み始めました・・・でも、眠れません。

先ほど黄連解毒湯と柴胡加竜骨牡蛎湯を飲みました。
黄連解毒湯、すごく苦いです。良薬口に苦しと言う事で、
効いてくれればいいのですが・・・




初めての不眠者dot 2014.05.21 17:23 | 編集
そういえば、「補中益気湯で躁転?」のところで、
『補中益気湯は、黄芩なんかも入っていないから使いやすいです。』と書かれています。
黄芩は黄連解毒湯に含まれてますが、黄芩て、何か問題があるのでしょうか?

黄連解毒湯、ルネスタより苦い感じがしますが、嫌な苦さじゃないです。


初めての不眠者dot 2014.05.22 08:39 | 編集
>初めての不眠者さん

ありがとうございます。
日本漢方ではお腹を触って処方を考えるのが発達していますが、それに固執するのも良くないと思います。脈も離れ業ですし、漢方的な診察というのはやや達人じみたところと先入観で成り立っている部分が少なからずあると思います(怒られそうですが…)。
漢方薬も合う合わないがあるので、少し気長に診てもらうのが大事だと思います。
ワークブックは睡眠薬を飲んだ状態でも良いので行なってみましょう。
黄連解毒湯の黄芩ですが、これは肝機能障害を起こす可能性があるので注意が必要です。漢方薬にも副作用はありますので。
m03a076ddot 2014.05.23 08:16 | 編集
お返事ありがとうございます。

ワークブックの件、了解しました。

黄芩ですが、これは肝機能障害を起こす可能性があるのですね。
ネット等で調べればわかることでした。聞く前に調べろですね・・・
苦いとかで、患者さんがなかなか飲んでくれないというようなことなのかと、勝手に思い込んでいました。

基礎疾患もなく、精神面等も良好だと思いますが、私には頸椎のヘルニアと変形性頸椎症があり、交感神経の持続的な緊張状態があるようで(バレリュー症候群)、以前、星状神経節ブロックの治療していました。
そのことを思い出し、今回の不眠も頸椎のヘルニアによる、交感神経の持続的な緊張状態が原因のような気もしているのですが・・・

昨夜、2か月ぶりに、マイスリーなしで、1時間ほど入眠できたようです。
その後再入眠できず、マイスリーを飲んで寝ました。

たとえ1時間でも、貴重な自力入眠でした。
初めての不眠者dot 2014.05.26 10:56 | 編集
>初めての不眠者さん

ありがとうございます。
お持ちのご病気については、主治医の先生と相談をしてみるのが一番だと思っています。
自力での睡眠時間が増えてくると良いですね。
m03a076ddot 2014.06.01 08:37 | 編集
頓服で出ていたアモバンがとうとうルネスタに変更!!
私、アモバン飲むと3日くらい苦みを感じているので、そこでルネスタになったようですが、薬価3倍の効果があるか試してみます!!
それよりも、自然に寝ろという話もありますが…
うたdot 2014.06.11 14:10 | 編集
>うたさん

ありがとうございます。
薬価に見合う効果を期待してしまいますね。
アモバンよりは確かに苦みは減っている感じがあるので、その点は楽になるかと思います。
m03a076ddot 2014.06.12 08:27 | 編集
昨日飲みました。
苦みは確かにルネスタの方がマイルドです。ただ、同じ系統だけあって苦みの種類が同じ。味覚過敏の人には良いかもしれませんね。
しかしながら、私、 アモバンの苦さもゴーヤ的に感じているので別に悪くはないんですよ。
で、更に効果はアモバンの半分以下だったと思います。それプラス、昼間への持ち越しが私にはアモバンよりありました。なんかダラダラした感じ。

結論 … 来週からアモバンに戻してもらいます。
(とは言ってもどーせ連用効果的な問題でも切り替えたかったのだと思いますので、そう簡単にはいかんと思いますけど)
うたdot 2014.06.12 19:51 | 編集
>うたさん

ありがとうございます。
確かにルネスタはアモバンよりも作用時間が長いので持ち越す患者さんがいらっしゃいますね。
短時間作用では、リスミーを使うこともたまにあります。
うまくフィットするものがあると良いですね。
m03a076ddot 2014.06.15 21:35 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top