2012
09.08

キャラクターシリーズ:吠えろがっちゃん

Category: ★精神科生活
 モサプリド(ガスモチン®)は、消化管に分布するセロトニン5-HT4受容体のアゴニストです。大日本住友製薬が作ったお薬。セロトニンと聞くと精神科が黙っちゃいませんが、このお薬は恐らく精神科関連には出番はないと思われす。で、働きといえば、消化管の運動を助けてくれます。

 ただ、残念ながら個人的な経験では効いた患者さんをあまり見たことなくてですね。。。心下痞硬があるなら瀉心湯系や人参湯系を使った方が改善率が高いという実感があります←あくまでも実感

 さて、自分の中では陰の薄いガスモチンですが、オリジナルキャラクターが存在しています。

PA0_0145.jpg
PA0_0179.jpg

 男の子のキャラクターですが、その名も”がっちゃん”というそうです。で、髪の毛が胃の形をしてますね。何かこの胃の形というのはキャラに活かさねばならないという強迫観念でも沸くのでしょうかね。ムコサル君もそうでしたし。ちなみにS4と書かれてあるのは、セロトニンSerotoninの4番目の受容体(5-HT4受容体)から来ているというのは想像に難くありません。

 大日本住友製薬は攻勢を仕掛けているようで、この”がっちゃん”以外にもキャラクターが存在します。

 まずはこの子。

PA0_0133.jpg
 
 比較対象はコップに入ったシナモロール。多分、竜ですよね。名前は全く分かりませんが、ガスモチンのキャラクターではあるようです。証拠にこちら。

PA0_0162.jpg

 タグが付いてます。

 もう1人いまして、こんな彼。

PA0_0181.jpg

 狩りを諦めたような虎。もう何か”ぐでっ”てしてます。この夏の暑さにやられたのでしょうか。。。彼にもタグが付いていたので、やはりガスモチンのキャラらしいです。

 そんなこんなで、がっちゃん以外の知名度は異様に低いキャラ達でしたが、ガスモチンの売上を伸ばそうと必死に愛想スマイルを今でも浮かべていることでしょう。


----------ココから追記----------


 なぜ竜と虎なのか?という疑問が自分について回ったのですが、コメントをくださった方からこのようなご意見が


「干支では?」


 なるほど!確かに。

 それを証拠(?)に、2013年にはこんなキャラが出ました。

PA0_0514.jpg

 へび!

 この子もガスモチンのキャラ。タグが付いてます。

PA0_0513.jpg

 愛くるしいマナコ。まつ毛までキュッキュッと。

PA0_0512.jpg

 この2013年のヘビ出現によって、干支ではないかというご指摘はまさに的を射たものというのが判明いたしました。鋭いですね、気づいた方。

 ということは、このキャラたちは12年かかって完成すると考えて良いんでしょうね。なんと息の長い計画。

 ちなみにこの子たちはたんなるヌイグルミではなく、パソコンのデスクトップクリーナーなのです。それを踏まえると、このヘビの形状というのは、起き上がらせるためのものではなくクリーナーとしての一定の働きを得るために計算されたものというのがお分かりいただけましょう。

PA0_0511.jpg

 考えてますね、大日本住友製薬さん。
トラックバックURL
http://m03a076d.blog.fc2.com/tb.php/1545-88932173
トラックバック
コメント
虎と竜の間にきっと兎がいます。
新年のご挨拶でやって来た子達ではないでしょうか。
のすたるdot 2012.11.30 14:04 | 編集
>のすたるさん 
なるほど!確かにそうですね。
”干支”と考えるとスッキリします。今年一番腑に落ちたかもしれません!
今年は辰年ですし、そしてこの竜のぬいぐるみは今年もらいました。
十二支の事前確率が高いですね。。。
ということは、大日本住友製薬さんは12年かけてすべてを送り出すつもりなんでしょうか。
何と壮大な。。。
納得の行くコメントありがとうございました。
m03a076ddot 2012.12.01 01:18 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top