2012
09.04

本職は何だ?

 週に1度、どこかの病院にJRで通勤しているのですが、電車には色々と広告が貼られておりますね。週刊誌や旅行もそうですし、クリニックなんかも多い。

 で、たまーに目にするのが競輪のポスター。豊橋方面の電車に乗っているからでしょうか、豊橋競輪場のポスターです。自分は賭け事をしないつまらん男ですが、ここのポスターは随分と凝ったモノでございます。中年以上のレトロ映画好きなおっちゃんが考えたであろうものばかり。
 最初見た時は


(;゚д゚) ハ!?


 てなりました。「何この競輪、何このレトロ、何この努力、しかも何気に上手いじゃん」と思ってGoogle先生に聞いてみると、豊橋競輪場のポスターはこういうのばっかりらしいとのこと。かつホームページにはきちんと過去のポスターも見られる様になっています(壁紙仕様)。

 ざーっと見ると、古典映画のタイトルと競輪関連単語を上手く合わせて、かつポスターなので文字ばかりではないですよね、絵柄もその映画と酷似させています。こういう仕事って面白そうですな。

 例を挙げると、以下。

大腿


”大腿がいっぱい”


 みなさんご存じ、アランドロン主演『太陽がいっぱい PLEIN SOLEIL』のもじり。本家映画ポスターでは太陽のある位置に大腿があり、舵を持つはずが自転車の車輪。競輪って大腿の力が大事だもんね!

 次行きましょ。

オッズ


”オッズの魔法使い”


 『オズの魔法使い』ですよね。この低予算的な雰囲気がナイス。てか誰この女性(しかも2役)。

 もう1つ。

サウンド


”サウンドオブチューニング”


 『サウンドオブミュージック』でございます。アコースティックギターのところが自転車で、かつチューニング中。無駄にあふれるセンスが憎い。

 ホームページにたくさんあるので、力の入れるベクトルがあらぬ方向になっているところをご覧下さい。

リンク→コチラ
トラックバックURL
http://m03a076d.blog.fc2.com/tb.php/1544-9e2dbd33
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top