2012
06.03

気遣いの円卓

 昨日は勤めている病院の歓送迎会が某ホテルにてありました。

 中華料理屋さんでして、中華ときたらあのターンテーブルが付いている円卓でございます。これって日本発祥なんですってね。昨日はアレに苦しめられました。

 あの円卓は、対他配慮・協調性を具現化したものだと思います。周りの様子を的確に観察し、独特の間合いでちょろちょろと動かす。疲れますね。。。日本生まれというのも何となく納得してしまう。アレに気を張っていたら胸がいっぱいになってしまって全然ご飯が入りませんでした…。半夏厚朴湯が必要そうです。

 困るのは、こっちがお料理を小皿に移している時に動かされると


”とっとっと、、、。まだ取ってる取ってる”


 意外に気付いてもらえず、自分の腰も椅子から浮いてお料理と一緒の方向に動いてしまう。。。操られているような・・・?

 他には、ターンテーブルに乗っているお箸とかスプーンとかがぴょろっと頭を出していて、テーブルを回すとそれらがビール瓶とかお皿とかに”かちん”っと引っかかって、それに気付かず回しているとお箸なんかは転がっていってしまうことも。幅広い視野が求められます。しかもそのお箸とかが向こう側で遭難していたら、近くの人に気付いてもらわないと事態は膠着状態に。

 気付き、気遣いというのがキーワードですね。

 そんなこんなであのターンテーブルには懲り懲りでした。
トラックバックURL
http://m03a076d.blog.fc2.com/tb.php/1519-5a16940e
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top