2012
04.18

建築中

Category: ★精神科生活
 現在、外勤先の精神病院は改築中。2012年11月くらいには新病棟が完成するそうです。時を同じくして電子カルテも導入されるそうな。

 この病院は現在、血液検査も外部にお任せ、レントゲンも外部にお任せ、いわんやCTをや。出来る検査といえば12誘導と脳波くらい?なので、入院患者さんの頭部打撲や発熱などは臨床的な徴候をしっかりと見定めて”危ない”と感じたら近くの総合病院に転送します。だから研修医の時に救急に漬かっていて良かったなーと思っています。当時よりも呼吸数とかのバイタルサインに注意深くなってますし、時間軸の大切さも感じてます。上記の検査部門は建て替えで導入されるのかは不明。

 なので、研修医の頃は救急車を受け入れる立場でしたが、精神病院に勤めてからは内科・外科のemergencyにおいて救急車を送り出す状況。救急車が離れていくのを見送るのはすごく複雑な心境。もっと検査が揃っていれば、治療薬が揃っていれば、自分でも診ることが出来るのに。口惜しや。でも役割分担は大事なんですよね。

 さてさて、この改築ではいったいどんな感じになるんでしょう?

 ただ、精神病院はこれから減少すると予想され、経営という点では厳しくなるのかもしれません。統合失調症の新規発症は恐らく少なくなっていますし、現在入院している統合失調症の患者さんは高齢化してきています。薬剤も発展してきていて、笠原先生の仰る”外来統合失調症”患者さんも多いですね。

 今回の改築はどんな結末を産むのか…?潰れちゃ困りますけどね。。。


PA0_0189.jpg
トラックバックURL
http://m03a076d.blog.fc2.com/tb.php/1503-067e0467
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top