2012
04.06

飲まねばやってられん時もある

 タイトルの通りで、たまにはお酒の力を借りたいこともあるものです。

 で、そんな時、必要なのがオツマミ、換言すれば酒の肴というやつでございます。

 あたりめとかチーズ鱈も美味しいですが、自分が好きなのは


”鮭とば”(゜Д゜)ウマー


です。鮭とばは鮭の燻製。あんまり硬すぎるのは顎に響くので、少し軟らかめのものが良いですね。噛めば噛むほどに鮭の熟成されたふくよかな味わいが広がっていきます。

 そんな鮭とばに合うのが


”クリームチーズ”(゜Д゜)ウマー(゜Д゜)ウマー


なんです。KiriでもPhiladelphiaでも雪印でも、しっとりとした脂質成分と酸味が、鮭とばと良くマッチします。値段では雪印、味のバランスではKiriがオススメ。カマンベールとかモッツァレラとか色々試してみましたが、クリームチーズが一番。

 この2者に最適なお酒は


”ほろよいワインサワー”(゜Д゜)ウマー(゜Д゜)ウマー(゜Д゜)ウマー


です。自分はお酒に弱く、遺伝的にたどれば養命酒で2日酔いになって寝こむという男性を父親に持ちます。なので本格的なアルコール類を日常的に飲むのは身体に堪えます。この”ほろよい”でも1缶全部飲むと真っ赤になってしまい、頭が痛くなる脆弱さ。以前に焼酎とか日本酒をほんの少し紹介しましたが、かなりチビチビ飲んでます、ああいうのは。

 で、このワインサワーは薄いぶどうジュースに毛の生えたような飲み物。少しだけワインの味がして、それが良い感じです。甘みとワインの香り、そして微炭酸が、燻製の持つ熟成感&クリームチーズの脂質と酸味、これらに非常に調和してくれます。

 冬なんかはコタツに入ってこんなのを嗜んで、眠くなって寝るみたいな、廃人のような生活を送る時もありました。でもこういうのも1日くらいたまに挟まないと、良い息抜きにならないんじゃないかしらと思います。

 鮭とば&クリームチーズ&ほろよいワインサワー。この組み合わせは良い線いってると思います。ぜひぜひ。燻製が苦手でチーズとワインなら、チーズはパルミジャーノ・レッジャーノが良いかと思います。結構深みのある味わい。

PA0_0128.jpg
トラックバックURL
http://m03a076d.blog.fc2.com/tb.php/1491-591b5088
トラックバック
コメント
2年生になりました!
教科書選びに、夢の手枕、お世話になりました。

買って後悔の入門組織学、ROSSを買い足しました。

お酒、先日三越で買った麒麟山の梅酒がさらさらでおいしかったです。梅酒なのに日本酒なんです。
私も弱いのであまり飲めませんが、、、

鮭、おいしそう!食べたいな~★
あおdot 2012.04.29 22:18 | 編集
>あおさん 
お久しぶりですね。2年生の生活はおそらく忙しいものかと(生化学とか)。。。
牛木先生は授業で話したことを結構テストに出しますよ。前期と後期とで点数が別々に出ますが、前期が悪くてもかなり後期を重視しますから、ゆっくりやりましょう。入門組織学はさすがに古くなりましたか。。。ROSSを選択するとは、やる気に溢れておりますね、アレ厚かった気が。ちなみに解剖組織生理を概観するには『カラー図鑑 人体の正常構造と機能』がイラスト満載で読みやすいです。10分冊と縮刷版とがありますが。
新潟はやっぱりお酒が豊富だなと、離れてみて実感しました。他県のお酒が少ないので悪く言えば閉鎖的?なのかもしれませんが、それだけ新潟のお酒の存在感は強いんでしょうね。新潟の日本酒で作った梅酒なら、八海山もありました、確か。すっきりなめらかで甘みがくどくないですよ。
鮭とばはオツマミに最適。軟らかめなのを選んで食べると顎にもやさしいです。
m03a076ddot 2012.04.30 11:55 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top