2012
04.04

キャラクターシリーズ:胃粘膜を守るおサルさん

Category: ★精神科生活
 大塚製薬が開発したレバミピド、商品名は有名な”ムコスタ®”です。胃粘膜を守る、胃薬。何で有名かというと、ロキソニン®との併せ技で処方されてまして”ロキムコ”だなんて呼ばれてます。ロキソニンを代表とするNSAIDsはCOX-1を阻害することで胃粘膜を荒らしてしまいまして、ひどいと”NSAIDs潰瘍”という胃潰瘍を作ってしまいます。こりゃ大変。

 その予防のためにムコスタを一緒に処方するのですが、残念ながらその併せ技は効果が薄いようです。でも経験的に何となく処方してしまっている先生も。中には効く患者さんもいるのかもしれませんしね。

 そんな実力不明のムコスタですが、ピンクのおサルさんがキャラクター、その名も”ムコさる”くん。前回の大建中湯ヒツジのような鮮烈なヒネリがあまり感じられませんが、結構可愛いです。

 ボールペンの頭にくっついています。

PA0_0166.jpg

 結構愛らしいキャラだなと思っていますが、皆さんどうでしょう?ボールペンにはいくつかバリエーションがあり、家の中をごそごそ探したら他に2タイプ出てきました。お湯に浸かっていますが、出汁が出ているとしか思えないですね。

PA0_0165.jpg

 磁石にもなっています。これはほんの1つで、他にも種類があります。

PA0_0141.jpg

 こちらファイル。かわいい。このファイルを見て眼に止まったんですが、しっぽが星の形ですね。まさかムコ『スター』とか・・・?いやまさか、そんなベタな。。。ねぇ。

PA0_0295.jpg

 カレンダーだって毎年出ています。2013年用のをもらいました。ヘビに乗っているムコさるくん。ヘビさんに飲み込まれないか心配です。

PA0_0532.jpg

  ”ムコさる”くんには様々な製品があり、商品化を狙っているのか!?と思わせるくらいの充実ぶり。でもやっぱり可愛らしいのがぬいぐるみ。これくらいの大きさで、縫製も意外としっかりしています。このぬいぐるみのしっぽを見返してみたら星の形でした。。。細けぇ…。

PA0_0164.jpg

 今回しげしげ眺めて、意外な事実に気づきました。

PA0_0163.jpg

 お腹のピンク色の毛のない地肌の部分、ここも胃の形か!!!

 なんでしょうね、デザイナーさんは、胃の形を何か利用しなければ済まされないという強迫観念でも沸くのでしょうか…?



☆追記(2013年8月2日)
 今度はこんなボールペン。キャンディを持っておりますね。色んなバリエーションあるなぁ…。

PA0_0619.jpg

トラックバックURL
http://m03a076d.blog.fc2.com/tb.php/1490-0f2919cf
トラックバック
コメント
色付きの文字
はじめまして。おじゃまします。
ムコサルの存在は知っていたのですが最近いろんなグッズを見かけこのキュートなピンクにはまっています。しかも非売品にはそそられます。
ネームホルダーが超かわいいと聞きましたがまだ目にできません。たぶん見れないままだと思います。
いちごのムコサルボールペンはまた女子心を揺さぶられますよ。たわいもないつぶやきでした。
さくらママdot 2012.04.08 00:13 | 編集
>さくらママさん 
コメントありがとうございます!
ムコサルは本当に様々なバリエーションがありますよね。
実に可愛らしく、愛嬌を感じます。
製薬会社独自のキャラクターとしては最大のヒットなのでしょうね。
お薬よりも目立っちゃってるのが、製薬会社さんの困り所?かもしれません。
m03a076ddot 2012.04.08 08:45 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top