2012
01.25

感染症診療 Starter & Booster:第9回~抗菌薬について知っておくこと-11

第9回目次→コチラ

11)古豪中の古豪、テトラサイクリン系
 リボソームに作用し、臨床で使う種類はドキシサイクリン(ビブラマイシン®)とミノサイクリン(ミノマイシン®)の2種と覚えましょう。後者には静注製剤もあります。国試的には、テトラサイクリンと言えばリケッチア。それほどまでに人畜共通感染症に強い抗菌薬です。Tigecycline(チゲサイクリン)という新しいテトラサイクリン系もあって色んな耐性菌に効くんですが、日本にはまだ導入されておらず、また薬剤関連死の疑いがあるとのことでFDAが警告を出しています。

補足:2012年9月末に、日本でもチゲサイクリンが製造販売承認されました(商品名はタイガシル®)。適応菌は「本剤に感性の大腸菌、シトロバクター属、クレブシエラ属、エンテロバクター属、アシネトバクター属。ただし、他の抗菌薬に耐性を示した株菌に限る」となっています。この”他の抗菌薬に耐性を示した株菌に限る”というのが大事なところですね。多剤耐性アシネトバクターに対して有効なのが、この抗菌薬の存在を際立たせています。ぽいぽいっと使ってはいけないのはもう言うまでもないでしょう。ちなみに緑膿菌には効きません。これも効かなくて良かったなーと思います。変に効いてたら乱用されそうですもんね。


 安い値段で非常にスペクトラムが広いのが特徴。他の種類の抗菌薬の開発が進んできたので、あまり表だってこの薬が使われることは少ないという印象です。どういう時に使えば良いのか、カバーしない菌から考えてみましょう。

 P. aeruginosaは当然ダメ。Bacteroides fragilis groupもカバーしません。口腔内の嫌気性菌は大丈夫ですけどね。腸内細菌科も多くをカバーしないです。となると、院内感染や腹腔内感染症、骨盤内感染症(クラミジア以外)などには向かないというのは一目瞭然ですね。

 GPCで言うと、S. pneumoniaeを含む連鎖球菌のカバーはしますが耐性菌が増えてきています。S. aureusですが、ドキシサイクリンはカバーしません。ただ、ミノサイクリンはCA-MRSAをカバーするという特殊技能を持っています。言うまでもなく、大事。

 他の菌は大体カバー出来てしまうのがすごいところです。ただし、何度も言うようですが、他の種類の抗菌薬がどんどん開発されているので、カバーするとは言えこのテトラサイクリン系が第一選択となるというのは珍しい状況。

 使い方としては、細胞内寄生菌への強さと、ミノサイクリンのCA-MRSAへの活性を考えると良いかなと思います。となると、軽症の市中肺炎や、何といっても人畜共通感染症ChlamydiaによるSTDなどが適応として想定されます。第1世代セフェムで治療の難渋した蜂窩織炎にも適応となります。

 後は、ビブリオをカバーすることもあり、肝硬変患者のVibrio vulnificus感染症にも良いです。Campylobacterにも効力を示しますが、最近は耐性の話をちらちら聞きます。

 使うのならば、一般感染症にはドキシサイクリンを、CA-MRSAが疑われた時にミノサイクリンという使い分けが良いかなと思います。梅毒とか炭疽とか、適応となる残りの細かい感染症は他のテキストで…。


 補:最近話題のマクロライド耐性マイコプラズマですが、テトラサイクリンに対しては重要な耐性機構を持ちません。マクロライドを十分量使ってもダメならば、このテトラサイクリンが治療薬候補になります。(12.8.2012)


 副作用は消化器症状が大きいです。食道潰瘍も起こしますが、沢山の水で飲めば予防可能と言われます。ミノサイクリンはめまいを起こしやすいということもありますから、一般外来の患者さんで家に帰るということを考えると、ドキシサイクリンの方が良いですね。光線過敏症はそれほど問題にならないようです。禁忌があり、妊婦、授乳婦、8歳以下の小児にはダメになっています。後、キノロンと同じく鉄剤や牛乳などなどによって吸収が阻害されるため、一緒に服用してはいけません。


→妊婦さん、授乳婦さん、8歳以下の小児には絶対的な禁忌ではなかったですね。失礼しました。(12.8.2012)
トラックバックURL
http://m03a076d.blog.fc2.com/tb.php/1448-f1d4ca88
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top