2012
01.19

感染症診療 Starter & Booster:第9回~抗菌薬について知っておくこと-5

第9回目次→コチラ

5)名前で損する、キヌプリスチン・ダルホプリスチン
 ストレプトグラミン系というものに属し、細胞内のリボソームに干渉します。何とも分かりにくい名前ですね。。。自分はこの一般名をなかなか覚えられず「キヌなんとか」で一時期済まそうとしておりました...。この薬は静注剤のみ。キヌプリスチン・ダルホプリスチン(シナシッド®)の売りは何と言ってもVREに効く!というほぼこの1点。E. faecalisはこの抗菌薬に自然耐性でして、E. faeciumにしか効きません。しかし幸いなことにVREのほとんどはE. faeciumです。何たる巡り合わせ。他にはMRSAに使用されることがありますが、第1選択ではありません。

 副作用は関節痛や筋肉痛など。使用中止の理由で最も多いものです。あまりメジャーな薬剤ではないので、使う時に勉強するのが良いかもしれません。
トラックバックURL
http://m03a076d.blog.fc2.com/tb.php/1438-ff614169
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top