2011
10.05

気胸診断にはぜひエコーを!

 過去の記事で肺エコーを扱っておりましたが、知り合いから「CHESTに気胸の超音波診断の論文出てるぞ」と言われ。慌てて検索すると、以下に当たりました。読んだのabstractだけですが。

Diagnosis of Pneumothorax by Radiography and Ultrasonography. A Meta-analysis
CHEST 2011; 140(4):859–866

 気胸の診断に、超音波とレントゲンを用いた場合どちらが優れているか?のメタ解析。オンラインでは結構前にあったようですが。。。

 さらっと結論を挙げると

超音波:感度88%、特異度99%
レントゲン:感度52%、特異度100%

 圧倒的ではないですか、我が軍は(ただしThe areas under the sROC curves were compared and no significant differences between US and CR were found.となっています)。

 しかし、この超音波、問題点が。


術者のスキルに大きく左右される


 やっぱり超音波はこれが課題ですね(relative diagnostic OR, 0.21; 95% CI, 0.05-0.96; P=.0455)。

 練習あるのみ、だと思います。


 YouTubeでもマニアックな人がいるようで、きちんとエコーの動画を挙げてくれています。腹部エコーのみならず、肺エコーとか心エコーとか。肺塞栓のMcConnell signなんかも挙げられています。実際にどんな感じか見てみるのも良いですよ。
トラックバックURL
http://m03a076d.blog.fc2.com/tb.php/1384-e3715098
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top