2011
08.28

DPB以外に対するマクロライド少量持続療法

COPDではどうなんだ?というのがNEJMに出ています。

Azithromycin for Prevention of Exacerbations of COPD
N Engl J Med 2011;365:689-98.

COPD急性増悪は生命の危機に関わります。急性憎悪をきたすと30日死亡率は心筋梗塞よりも高い、とも言われており、また肺機能をガクッと落としQOLも下げる非常に怖い疾患。なので、急性憎悪を防ぐのがとても大事なのですが、まだ急性憎悪の原因というのは全てはっきりしたわけではありません。

また、マクロライド系抗菌薬はいろいろな炎症性気道疾患がある患者に利益があるとされているのは周知の事実です。免疫調節作用、抗炎症作用、抗菌作用を有しているためとされています。

この論文では、アジスロマイシンによってCOPD増悪の頻度が低下するかどうかを検討しています。対象となった患者さんはCOPD増悪リスクは高いけれども、聴覚障害・安静時頻脈がなく補正QT間隔延長リスクもないCOPD患者さんです。
 
標準治療に加えてアジスロマイシン250mg/日を投与する群とプラセボを投与する群にランダムに割付。初回のCOPD急性増悪までの期間の中央値は、アジスロマイシン群で266日(95%CI 227-313)であり、プラセボ群では174日(95% CI 143-215)でした(P<0.001)。COPD急性増悪の頻度は、アジスロマイシン群で患者年あたり1.48回、プラセボ群では1.83回(P=0.01)。前者のCOPD急性増悪の発生HR0.73という結果(95% CI 0.63-0.84)(P<0.001)。

St. George呼吸器質問票スコアの改善は、アジスロマイシン群のほうがプラセボ群よりも大きく(低下平均 [±SD] 2.8±12.8 vs 0.6±11.4、P=0.004)、最小の有意差である4以上の低下がみられた患者はアジスロマイシン群で43%、プラセボ群で36%でした(P=0.03)。

聴力低下はアジスロマイシン群で有意に多くみられています(25% 対 20%,P=0.04)。そして気道におけるマクロライド耐性菌は有意に上昇しましたが(81% 対 41%)、肺炎発症には関与しなかったとしています。



結論としては、安定したCOPD患者において、標準治療にアジスロマイシンを1年間毎日服用することでCOPD急性増悪の頻度が低下しQOLも改善したと著者らは述べています。少数の患者でやはり聴力低下が生じました。そして当然ながら、この試験によって病原微生物の薬剤耐性様式が変化する可能性もあることを付言してあります。
トラックバックURL
http://m03a076d.blog.fc2.com/tb.php/1375-a491db77
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top