2011
03.29

最後の

Category: ★研修医生活
 昨日、3/28は、研修医最後の当直でした。だからといって何か変わった診療をするかと言うとそうでもないのですが。。。

 この2年間は、色んな事を勉強した気がします。特に診断学・感染症・エコーは、自分の中では頑張った方かなと。

 昨日の救急外来もエコーの嵐。2年次後半になってからは肺エコーも勉強して、多少なりとも分かってきたような感覚。

 こういったことも、4月からはほとんど出番がなくなるんだなーと思うと、ちょっと勿体ないような?1年次の何人かには肺エコーをちょろっと教えたし、1年次研修医室には資料をぶら下げておいたし(この前見たらどっか行ってたけど...)、少しはしてくれる子が出てくれるかしら?役に立つからしてみて下さい。抗菌薬をほとんど教えてなかったのが残念でした。まだ的外れな抗菌薬選択をしている子がいるので、そこを直したかった。。。ま、そこは自分で勉強してもらいましょう。

 勉強に関して少し言っておきますが、自分たちが勉強、それも基本的な勉強をしないせいで患者さんに不利益をもたらすのは、研修医でも決してあってはならないこと。そういう失敗に対しては、自分はきつめに注意します。注意するのは気が引けるという思いの人もいるのかもしれませんが、自分たちは他人様の命を預かる商売です。いくら医師患者関係が対等だと言え、患者さんはどこかで医者に頼らざるを得ない。それに対してはきちんと責任を持つべきで、中途半端なことをしてはいけません。体育会系な発想かもしれませんが、自分はそう思ってます。ここで言っておきますが、世の中にはいろんな考え方の人がいますし、彼らのスタンスを否定するつもりは全くありませんよ。

 さて、最後の当直ということで、28日のお夕飯はお寿司("銀のさら"ですが)にしました。自分はたまに当直の時はお寿司にしていまして。1年次も巻き込んで注文しています。先輩お寿司好きですねー、と良く言われますが、そりゃアナタ、函館人ですもの。

 最後の日は、せっかくだからということで、ちょっと良いのにしました。「瑞穂」というもので、3人前6280円!奮発です。



 そんなんだからお金たまんないんだよ、という声がどこからか聞こえてきそうです。でも男たるもの、使う時は使わないとね。お給料の多くは後輩とのご飯代だと思っているので。

 残念ながらその日は結構忙しくて、まとまった時間が取りづらくお寿司も少し食べては外来に戻り、また少し食べては戻り、という感じ。

 それにしても、体力の衰えを感じてしまいました。もう深夜まで頑張れなくなってしまって。1年次の元気の良さには、頼もしいものを感じつつ、寄る年波には勝てないなとしみじみ思いました。たしかに引退、潮時かもしれません。1年前ならもうちょっと頑張れたんですが、踏ん張りが利かないですね。。。

 そんな思いを残しつつ、ちょうど昨日の救急外来で銀のさらのポイントが全部たまりました。わーい。って、そんなに食べてるんだ。。。


トラックバックURL
http://m03a076d.blog.fc2.com/tb.php/1344-376db8f9
トラックバック
コメント
ずいぶんと遅くまで当直やってたんだな。おつかれ。
他人様の命を預かる商売って、前々から言ってたな、懐かしいよ。変わってないね。
しかし寿司とは豪勢だな...。うらやましい。
お互い、3年目頑張ろう!
たい焼き屋dot 2011.03.30 05:23 | 編集
お疲れさまです!
節目、って感じですね。後輩思いな先輩さんがいて後輩さんたちは幸せですね。
後輩思いは、そのまま患者さん思いに繋がっているんですよね。

私もお寿司大好きです(笑)
新潟も安くておいしいお店がありますよね★
あおdot 2011.03.30 22:33 | 編集
>たい焼き屋さん 
考えが変わらないのは進歩がないからかもしれませんが、恐らくずっとこのままかと。やっぱり命は大事ですもん。
お寿司、良いでしょ☆
そうですね、お互い科は違いますが頑張りましょ。
m03a076ddot 2011.03.31 01:17 | 編集
>あおさん 
行きすぎた指導はおせっかいな感じもあるかもしれませんが。。。でもそれで患者さんに不利益が出なくなるようなら、それが一番だと思っています。
新潟と違って名古屋はあんまり美味しいお寿司屋さんが多くなくて。うーん、函館が懐かしいです。
あおさんも4月からは新大生!後輩ですね。頑張ってください。
m03a076ddot 2011.03.31 01:20 | 編集
はい!ありがとうございます!

そうです、後輩です!
嬉しいっ☆
あおdot 2011.03.31 08:42 | 編集
>あおさん 
6年間、頑張ってくださいね。それからも頑張らなきゃいけないのですが、学生生活の6年間は独特で、忘れられないものになると思います。まずは五十嵐キャンパス、でしたね。いわゆる「大学」な雰囲気と他学部と同じ講義内容。これまたちょっと独特。味わって下さいまし。
m03a076ddot 2011.03.31 19:58 | 編集
お久しぶりですっ!
研修って2年なんですよね?もうおしまいなんですね。
4月からは医局っていうのに入るんですか?
これからすごく忙しくなりそうですね。健康に気をつけて頑張ってください!!
りんdot 2011.04.01 02:37 | 編集
僕は名大ではないですが,名古屋の病院で今日から研修スタートです.こちらのブログの色んな記事も参考に,実りある二年になるよう頑張ります.これからも内科・救急でって思うのですが,ダメなんですよね??
お疲れ様でした!dot 2011.04.01 21:14 | 編集
>りんさん 
ありがとうございますっ!そうなんです。4月からは、名大の精神科の医局に入って、2年間は名大を中心に勉強します。
忙しくなるはずですが、勤務開始が4/11からというゆっくりスタートなのでした。「うーん、さすが精神科。ゆったりだ」と同期と話してました。
りんさんもご自愛下さいませ。
m03a076ddot 2011.04.01 22:54 | 編集
>お疲れ様でした!さん 
コメントありがとうございます。今日から研修スタートですか。分からないことが多いと思いますが、先輩などに聞いてどんどん知識を吸収していって下さい。研修医の2年間って、すごく大事でかけがえのない物だと今思ってます。「内科・救急」というのは、自分がこれからもということですか?それとも、お疲れ様でした!さんがそれを考えて研修をするということですか?前者なら、自分は学部5年の時に精神科になろうと考えを固めたので、精神科のままで行きます。腎臓とか感染症とか救急、これらに後ろ髪は正直ひかれますが。。。後者なら、全く以て問題なしですよ。救急や感染症って、病態がダイナミックに変わります。こちらの先を読む感性が試される分野でもあるので、非常に知的なレベルで面白い物だと思います。
もし目指されるのであれば頑張って下さい!そして、研修も頑張って下さい!同期と助け合いながら、が心を疲れさせないポイントですよ。
m03a076ddot 2011.04.01 23:00 | 編集
>>「内科・救急」というのは、自分がこれからもということですか?
わかりづらい表現ですみませんでした.多くの研修医が最も長い時間を使うであろう救急室や大切な感染症診療の場に先生のような先輩がいたら良いなぁと思った次第です.これからもブログ楽しみに拝見させて頂きます.
お疲れ様でした→一年目dot 2011.04.02 19:21 | 編集
>一年目さん 
ありがとうございます。
単なる世話焼きなのかもしれませんけどね...。でも自分が介入することで患者さんの不利益が少なくなるのなら、それに越したことはないなと思って一年次のバックアップしていました。
これからは精神科なので、全く土俵が違って。。。前提知識がないので、非常に苦戦しております。
一年目さんも、救急や感染症、専攻科が決まっているならその科など、たくさんお勉強することがありますが、焦らずに。
中でも感染症診療の考え方は内科診療のベースにもなりますのでしっかりとした方が良いと思いますよ。
医者はビジネスではなく、天職です。頑張って下さいね。
m03a076ddot 2011.04.02 21:11 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top