2011
01.14

思い込み厳禁

Category: ★本のお話
 研修医にアンチョコは必要不可欠なモノ。あれ?と思い出せないことは良くあります。そういう時は、アンチョコをポケットからさっと取り出してパっと見る。

 そのアンチョコで贔屓にしているシリーズが「Tarascon」シリーズ。

Adult Emergency Pocketbook
Pediatric Emergency Pocketbook
Internal Medicine & Critical Care Pocketbook
Pocket Pharmacopoeia

などなど、たっくさん種類があります。しかも2011年は更に種類が増えます。

 このポケットブック、イチオシの特徴は何と言っても


白衣の胸ポケットに入る!


 コレです、コレ。

 胸ポケットといえば、確かにPDAを入れる場所。自分はPalmを使っていまして、もちろんTarasconもそれに対応しています。最近はiPhoneやAndroid携帯用のアプリも充実してきたので、自分もPalmからAndroid携帯に移ってしまおうかと。。。

 でもやっぱり紙の方が好きです。

 で、いつも右の胸ポケットに入れているのがTarascon Hospital Medicine Pocketbook



 こんな感じでスポっと胸ポケに入ってくれます。



 余裕余裕♪(手を離すと見えなくなるので、途中で止めています)

 さて、そのTarasconに精神科がお目見え!!

Tarascon Adult Psychiatrica

 これは買わねば、と思い熱帯雨林でポチっと。届いたのがこの子。



 よーし、じゃあ胸ポケに入れてみましょう。



 あ、あれ?入りきらない。。。そんなはずは...。



ざわ… ざわ…



 おし、ぐいっと!!



 強引にねじ込んでやりました(ぜぇぜぇ)。心なしか、あまりの剛腕に白衣もクタッとしてしまっております。
   .
   .
   .
 大きかった。。。圧倒的に大きかった。しばらく会わない間にTarasconいつの間にこんな大きく。。。

 もう胸ポケに入れると全くサマになりません。



 それもそのはず、いつも腰ポケ(大きさ:腰ポケ>胸ポケ)にいれている本と同じ大きさだったんです。参った参った。

 比較すると、、、

 向かって左がいつも腰ポケに居座っているThe Massachusetts General Hospital/McLean Hospital Residency Handbook of Psychiatry(腰ポケ定住)、向かって右がTarascon Hospital Medicine Pocketbook(胸ポケ定住)、そして真ん中が今回届いたTarascon Adult Psychiatrica(どうしよう)



 いやまさかTarasconがこんなに成長してるなんて。

 完全な思い込み。Tarasconは全部胸ポケに入る子だったという。何故だろう?何故この子だけ大きいの?

 うーん、と他のTarasconと見比べていると、気付きました!圧倒的閃き!

 Tarasconシリーズで胸ポケに入るものには「Pocketbook」もしくは「Pocket」という表題がきちんと付いているのでした。

 今回のPsychiatricaにはその単語が皆無。ここが違いなのでした。単純だったなこりゃ。。。


 ということで、皆様、Tarasconを買う時はご注意を。

 ちなみに、The Massachusetts General Hospital/McLean Hospital Residency Handbook of Psychiatryはすっごく良い精神科アンチョコなので、ゼヒ。MGHとMcLean Hospitalが手をとりあって作ったレジデント用のガイドです。
トラックバックURL
http://m03a076d.blog.fc2.com/tb.php/1325-c671b004
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top