2010
12.24

音を聴くと、何かが分かる

Category: ★研修医生活
 聴診。皆さんは、聴診している時にどこを見ていますか?


「良いかぁ、聴診している時は頸静脈を見ろ!」

なんて上の先生から言われますが、聴診中に一度も見た試しはありません。

 他の人はどうしているのか??聞くと

「意識したことない」

が多数。ですよねー。。。

 自分は、眼を瞑って気合を集中させています。患者さんの斜め横に座り(大滝詠一みたいね)、眼を瞑り少し顔を下に向けて、じーっと。。。

 多分、眼を瞑っても瞑らなくても聴こえ方に違いはないんでしょうが、いつの間にか癖になってまして。

 その方法で良かったなと思うことはなかったのですが、やめときゃ良かったと思うことは一度。
-----
 子どもの患者さん。風邪っぽいということで救急外来受診。

 PAT問題なし。営業スマイルを浮かべながらお母さんから問診。そしてお母さんにだっこされたお子ちゃまの聴診。

 いつものように眼を瞑って聴きます。HRもRRもこの歳ならこんなもんでしょう、呼吸音も左右差ないし、変な音も聴こえないし。良いねーと思っていたら

ブオッ

という変な音が聴診器を介して耳に伝わりました。「ブオッ??何?何?」と思った次の瞬間


へっくちょ!


 くしゃみです。。。

 自分の髪と眼鏡と右顔面に少し冷たい液体が直線的に打ち付けられましたが、それが何かは想像にかたくありません。もうバイオハザードじゃありませんか。。。

 ブオッはくしゃみの前の息を吸った音だったのね。。。

 もうお母さんは

「きゃーせんせーっ!すいません!」

恐縮しております。顔を上げると、眼鏡に付いている水滴の向こう側に、鼻水だらっだらにして顔色ひとつ変えずにこちらを見据えているお子ちゃまが。何だその人の心を見透かすような、自分を憐れんでいるその2つの瞳は。

 看護師さんはすぐに髪と顔を拭いてくれたんですけど

「やだもー先生、大丈夫ー?www」

 笑いっ放し。

 多分、自分も第3者なら間違いなく笑ってるなーと思いながら、当事者であることの不幸を嘆きました。


結論:目を瞑るのはダメ


 でも癖でね、今でも眼ぇ瞑ってます。。。ブオッて聞こえたらすぐ逃げるよー。
トラックバックURL
http://m03a076d.blog.fc2.com/tb.php/1320-8646ca8e
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top