2010
10.28

アイスクリーム頭痛

 1つ前の記事でちらっとお話した、BMJのアイスクリーム頭痛。少し詳しく、母校の先生から教えてもらいました。



 アイスクリーム等、冷たいものを急に食べると頭痛がします。何故??と言われると困ってしまうのですが、いくつか仮説があるようで。

★2つの勘違い(関連痛)
 2つの勘違い。
1.刺激が強すぎて三叉神経や舌咽神経で温痛覚の勘違いが生じる→冷たさを痛みと勘違い
2.その痛みの部位まで勘違い(関連痛というやつ)

★血管の炎症
 喉元が急激に冷えると解剖学的に近い位置にある頚動脈も急速に冷やされて収縮し→身体は体温を維持しようと血流up→逆に血管が伸展→血管の軽い炎症が一時的に生じる
 血管の急速な収縮と拡張によって炎症性物質が放出され、血管や硬膜などの血管周囲に分布する三叉神経を刺激して神経原性炎症を起こすということらしい(片頭痛の三叉神経血管説と同じ)
 ちなみにアイスクリーム頭痛と片頭痛との関連が言われていて、片頭痛患者ではアイスクリーム頭痛が多いらしい。。。

 確かにそう言われると納得してしまいそうな仮説たち。

 そして、冷たいものを一気に食べるとキーンって頭痛がするというエビデンスとなった論文がコチラ(質としては、どうかしら…?)


Ice cream evoked headaches (ICE-H) study: randomised trial of accelerated versus cautious ice cream eating regimen


 2002年のBMJから。何と著者はカナダの中学生!

Maya Kaczorowski, Janusz Kaczorowski

という著者欄からすると、実際に計算などしたのは多分お父さん。

 Full textを読むことができるので、気になった方は読んでみてください。論文自体もすごく短いし。

 臨床試験には、Funding(研究費)が記されています。ここって結構重要で、例えばA社という製薬会社の作ったaという薬。これがどんくらい効くか?という試験をA社がバックアップして(経済的な援助をして)行ったら、研究者は何とかしてaという薬が効果あるようにして論文を書こうとしてしまってバイアスが生まれます。有意差はなかったけど、aの方がちょっと成績が良いよ!とか、これこれこういう条件の下では、aの効果が高いよ!とか。色々頑張ってaに有利に論文を作ってしまいがちです。そういう大人な事情とは関係ないのですが、面白いのがこのアイスクリーム頭痛の論文のFuding。

Funding: This work was supported by an unrestricted grant from mum and dad.

 親御さん太っ腹だなぁ。



 ホントにBMJってこういうの好きですよね。自分も好きだけど。。。
トラックバックURL
http://m03a076d.blog.fc2.com/tb.php/1311-1572bbcd
トラックバック
コメント
紹介ありがとうございますo(^∇^o)
お父さんと書いたんですね。親の愛を感じますね。
子供だけで書いたならなかなかやるな~、と思ったんですけど、でも発想が面白いですよね。
アイスクリーム頭痛、まだ解明されていなかったんですね。分からないことはまだまだたくさんありますね。

原文はまたいずれ、ゆっくり読みたいと思います!
あおdot 2010.10.31 13:38 | 編集
みんな面白いこと考えますね。それを載せるBMJも諧謔心があって良いですね。そういうのを理解する精神というのは、いつまで経っても持っていたいものです。
m03a076ddot 2010.11.07 21:08 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top