2010
10.21

寝る場所は大切よ

 子ブログに以前出したものですが、、、。

 CHESTという論文雑誌に、ちょっと不思議な論文が載りました。

Relationship Between ICU Design and Mortality
CHEST 2010; 137(5):1022–1027

 ICUの中で、看護師や医師から見えづらいベッドにいる患者は、そうでない患者と比べて死亡率が高いか?という研究。こんな研究あるのね。というか良くそういう発想が出来るなーと思います。

 またこういうのが載るっていうのも面白いです。BMJは割とこういうの好きですが。

 BMJは、内科医と外科医どっちがハンサムかとか、アイスクリーム頭痛とか(中学生がクラスメートを被験者にして論文にしてます!)、そんなのを軟派路線としてクリスマス特集として組んでいます。イギリス人の諧謔心を垣間見れる雑誌で好き。

 さて、この論文。方法としては、2008年に664人のコロンビア大学メディカルセンターICUに入室した患者をレトロスペクティブに検討。患者のアウトカムは、院内死亡率、ICU死亡率、ICU在室期間、人工呼吸器非装着期間。これを部屋別に検討(部屋別ってとこが斬新...)。ICUの中央ナースステーションから見ることができないベッドをlow-visible rooms (LVRs)と、それ以外のベッドをhigh-visible rooms (HVRs)としています。

 結果は、院内死亡率はLVRsとHVRsでは変わりなかったとしています。しかし、、きわめて重症の患者(APACHE II score>30)では、LVR患者では有意に院内死亡率が高かったとのこと(82.1% and 64.0%, n=39 and 75; P=.046)!!ICU死亡率も同様のパターンで有意。ICU在室期間、人工呼吸器非装着期間は有意な差がナシ。

 結論は、重症のICU患者では、看護師や医師から見えにくいベッドでは死亡率が高くなる。

 まさに、名実ともに死角となっているんですね。。。
トラックバックURL
http://m03a076d.blog.fc2.com/tb.php/1310-22c22e68
トラックバック
コメント
あるんでしょうね、そういうの。
窓のある部屋とない部屋で術後の回復や感染症の有無に差が出る、というのは読んだことがあります。
心のエネルギー、とかいうと胡散臭いですが、優しくされたり人肌に触れたり、精神的な部分が体に与える影響って大きいですよね。数値化はしにくいでしょうけど。

個人的にはアイスクリームの論文が読みたいです。普通の図書館にはなさそうですね。先生は大学で読まれたんですか?パブメド?
あおdot 2010.10.25 01:03 | 編集
アイスクリーム頭痛のことについて、最初はコメントでお答えしようと思ったんですが結構長くなったので、記事にしてしまいました。論文名をクリックしてもらうとリンク先に飛べて、Full textを読めますよ。
m03a076ddot 2010.10.28 22:15 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top