2010
07.28

履きやすい靴を

 お給料が入ると、本・服・時計・靴にどかっと使い、あんまり手元に残らないという過ごし方をしてます。

 江戸っ子は宵越し銭を持たないと言いますが、蝦夷っ子もそれに似たものであるかもしれません。

 正装用の革靴ももちろん必要ですが、日常履く靴もそりゃあ大切。多くの人が履いているCROCSは軽くて良いですね。今はCROCS medicalという、医療従事者用のものも販売されています。

 で、今自分がお気に入りなのが、ARCOPEDICO(アルコペディコ)というポルトガルのメーカーが作っている健康シューズ。健康、と言っても一般に想像されるような、ポリープみたいな突起がたくさん付いている健康サンダル的なものではありません。

 こちらは、もともとは医療従事者や患者さんがストレスなく履けるように、を目指して作られています。サンダルタイプ(CLOSE)とシューズタイプ(POLAKINA)のものを1つづつ買いました。

サンダルタイプが7000円ちょっと。
シューズタイプが9000円ちょっと。

 生地が全てナイロンメッシュでして、裸足で履いてもムレません。しかも伸びがあり柔らかいので履く人の足の形をあまり問いません。POLAKINAは靴紐で調整可能。

 自分の靴のサイズは25.5なので、靴を買う時は40を選んでいます。でもちょっと今回は40だと大きかった。。。CLOSEは38(24.5)で、POLAKINAは39(25.0)でちょうど良かったです。前買ったSANUKのも大きかったし。

 最近はネットで買っても無料で交換してくれるので大丈夫ですが、靴は難しいね。




 実はこれで精神科の面接を受けに行きました。。。でも、バレないんじゃなかろうか、うん。


トラックバックURL
http://m03a076d.blog.fc2.com/tb.php/1298-aa9c8c5d
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top