2009
04.17

慢性特発性分泌性下痢症

 慢性特発性分泌性下痢症(chronic idiopathic secretory diarrhea)という病気があります。病気自体の認知度も低いため有病率なども正確なものは分からず謎が多いのですが、慢性の下痢で悩んでいる患者さんに対して、ちょっと鑑別診断として入れておくべきかと思われます。ものの本によると、、、

starts suddenly, often after visits to nearby recreational areas, is frequently accompanied by acute weight loss, and persists for an average of 15 months before gradually improving.
It does not evolve into inflammatory bowel disease or irritable bowel syndrome.
Once patients recover, they resume normal health.
Management should consist of symptomatic relief with opiate antidiarrheals and reassurance that the disease will be self-limited.

とのこと。"often after visits to nearby recreational areas"っていうところから感染症っぽい雰囲気が出ているのですが、15ヶ月も続くなんて感染らしくない。

 体重減少+慢性下痢の組み合わせは結構怖いですが、ヒストリーがある程度特徴的なので、うまく診断できると医者も患者さんも安心ですね。実際の臨床では、



何か下痢がずっと続いてるし体重も激減だし、腫瘍かな~内分泌系かな~と思って検査しても意外に全部シロ。ひょっとして下剤乱用とか?でも患者さんは苦しんでるし、失感情症や精神的ストレスなどの心身症っぽい雰囲気にも欠ける。何だろう…。でも下痢続きじゃあQOLも低いし、とりあえず下痢を止めようかしら。と薬出してもナカナカ止まらない。結構シビアな印象。検査の絨毯爆撃しても捕まらないし。どーしたら良いんだろう、と思ってたら何か少し良くなってきて治ってしまった。。。何なのコレ。



といった感じが多いようです。

 治療でオピオイドという強力な武器を使っていますが、これは抗コリン薬なんかでは止まらないかららしいです。Colestipol{コレスチポール:商品名はコレスチド(Colestid)}などの胆汁排泄型高脂血症治療薬も有効なのでは、とされています。



 世の中には色んな疾患があるもんですね…。
トラックバックURL
http://m03a076d.blog.fc2.com/tb.php/1222-53436199
トラックバック
コメント
starts suddenly, often after visits to nearby recreational areas・中国出張のあと突然の下痢。しかも数か月続く。これって、まさに私の症状ピッタリ!!!内視鏡、血液、検便すべてシロ。でも下痢や軟便が続き、漢方薬で少しよくなるもののまたまた、同じ。
いったい、どうすれば治るんでしょう??教えてくださ~~い!!!悲願。
なんとdot 2009.07.23 14:20 | 編集
この病気はレアな部類に入るものと思われますので、まずは原因となる他の病気を調べ倒すのがセオリーだと思われます。腸以外のお腹の中に原因が隠れていることもあるので、画像検査なども必要になるかもしれません。それでもダメなら、この病気を知っている医者であればコレスチラミン(商品名はクエストラン)というお薬を試しに使うこともあります。
漢方は患者さんに合わせて使うため、同じ下痢でも患者さんによって違う漢方が出ます。ですから、漢方に精通した医者でなければ効果は薄いかもしれません。いわゆる腹痛のない慢性の下痢では、痩せ型で冷え性のような方には真武湯や啓脾湯、五苓散などを使いますが、この病気に効くかは不明です。
下痢止めのお薬はかなり強いものを使います。ロペラミドが代表的ですが、きちんと医者の処方の通りに飲むことが大切。
この病気は自然に治るもの(経過は長いですが)なので、それまでの間の下痢をコントロールするというのが治療の方針になります。

ですが、何にしてもまずは専門家による他疾患の否定が必要だと思います。
ちなみにネット検索では、英語でChronic idiopathic diarrheaと入れると出てきます。
m03a076ddot 2009.07.24 00:42 | 編集
なるほど。ありがとうございます。一般的には診断が難しいんですね。でも自然治癒ってことでまずは安心ですが、徹底的に診察をうけたほうがいいですね。この病気を知ってる医師ってどこにおられるんでしょうね?
ちなみに京都在住です。漢方薬は専門のお医者さまが断痢湯を処方。あと漢方専門薬局で真武湯や補中益気湯、そのほか色々とです。いまは食事や飲酒もコントロールし、下痢軟便とも上手くつきあってますが、、、
なんとdot 2009.07.24 18:00 | 編集
そうですね。怖い病気が隠れていることもあるので、診察や検査は充分にする必要があると思います。他の病気でちょうど下痢が始まる頃に中国への出張が重なっただけということも考えられますし。
また、この病気を知っているかとなると、やはり大きな病院ではないでしょうか。大学病院ですと稀な疾患や慢性特発性下痢症の様に有病率(どの位患者さんがいるか)が不明な疾患を多く扱うので、知っている先生も多いはずです。接しやすい先生なら、患者さん側から慢性特発性下痢症の話題を振ってみるのも良いかも知れません。
そして漢方は原則として単剤処方となっています。補中益気湯を併用するのは良いことなのですが、他の薬剤は併用すると効果が薄れることもあります。専門の先生が複数出しているのなら大丈夫だと思いますが。

お大事になさってください。
m03a076ddot 2009.07.25 06:09 | 編集
ありがとうございます。でも、診察や検査は充分にとのことですが、どんな検査をすれば良いでしょう?医師の判断もあるでしょうが、例えばどんな検査がありますでしょう?CT、エコー、胃カメラなどなどでしょうか?
なんとdot 2009.07.28 01:44 | 編集
そういう検査もしますし、疑えばホルモン検査、腸の生検、便の性状検査、消化吸収試験などなどかなり多いです。専門の先生であれば患者さんのお話と診察で大体のアタリが付くので、このような絨毯爆撃のような検査の畳みかけはしないことが多いです。
m03a076ddot 2009.08.01 20:24 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top