2009
02.27

下戸の酒好きは経済的?

 ちょっと前に、長崎の「柚子小町」をご紹介しました。

 でもココは新潟。この地で他のお酒を出すとは何事ぞ!!と怒られてはいませんが、せっかく新潟にいるのだから、日本酒を挙げない訳にはいきません。


 新潟のお酒といえば何でしょう?

 越乃寒梅!と言う人も多いですね。

 自分はやはり景虎を思い浮かべます(景虎なら、手の届きやすい純米酒や本醸造から入ってみてはどーでしょう)。

 その他にも北雪、久保田、八海山などなど、、、全国的にも有名なものが多いのは、新潟ならでは。

 そこで今回はこちら!



 ”吉乃川 六段うめ酒”


 机の上が汚いのはデフォです。

 梅酒といっても、これはベースが吉乃川の六段仕込み。普通は焼酎で、中にはブランデーを使っているものもありますが、そこはやはり新潟。

 随分と可愛らしい外見で、日本酒のイメージからはちょっと離れている感じ(景虎にも梅酒がありますが、それは日本酒らしい姿です)。

 姉妹品に「吟醸ゆず酒」もありますが、柚子は「柚子小町」と決めているので今回は梅酒。

 500mlで1600円(税別)と、これまた少々高め。アルコール度数は11度。一般的な日本酒は15度前後なのでそれよりは低いですが、自分にとってはかなりのもの。

 確か食前酒として飲み始めたハズなんですが、グラス半分が今になっても無くならないという不思議。飲み切るまでにどのくらいの期間かかるんだ、この500ml…。

 しかも、結構甘いんです。。。六段仕込み自体やや旨口系なのですが、それとは異なるお砂糖の甘さ。確かに女性層をターゲットにしているとのことなのでこういうのは想像できましたが、もうちょっと抑えてくれても良いんじゃないかしらん。

 度数がきついからではなく、甘すぎるから水割りにするっていうのも何だかなーという感じ。。。



 ちなみに、瓶の頚にぶら下がっていた輩は、ブックマークとしても使えます。



 やっぱり女の子向きですね、こういうのを見ても。



 何か寝落ちしそうだな、今日。。。
トラックバックURL
http://m03a076d.blog.fc2.com/tb.php/1197-ea40e24e
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top