2008
07.03

目立つは良いこと?悪いこと?



 ↑この紙(紙の名前ワカラン)を持って報道陣へ走る役、やってみたい…。

 勝つにせよ負けるにせよ、裁判に臨む人々はそれ相応の気持ちであることは推し量るに足ります。そういう中で不謹慎かもしれませんが、やはりこの役は(少なくとも自分の)心を引き寄せる何かを持っていると考えられます。一体どういう立場の人が駆けているのかしら…?

 で、それつながりでちょっと考えたところ、新たな境地としてメディアを意識したものも良いのではないかと発案。

 具体的には…↓

 裁判が終了し、例の紙を持った人が中継カメラに向かって走ってくる!判決は何なんだ!?そして広げたそこに書いてある文字は!?





 引っ張るね~。もぅチャンネル変えられません。


 ね、そういうのがあっても、、、、良くないですね。。。失礼…m(_ _)m



 でもこれだとどうかしら?良く分からない灰色·玉虫色判決が出た時↓



 これは使えそうな気がするのですが、如何でしょう。「不当判決」とは言い難いけど何か勝った気がしない時には上手くキモチを訴えることが出来そうです(というか、こういう画像を作る事がかなり時間のムダ使い…)。



 表現方法云々の前に、この紙は判決までの長かったであろう期間に対する思いを詰めたものなのでしょうから、軽々と「やってみたい」と言うべきではないのかもしれません。



 でも正直なところ、ちょっと興味あるんですよね…。
トラックバックURL
http://m03a076d.blog.fc2.com/tb.php/1106-48f43969
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top