2008
05.30

千本鳥居



 伏見稲荷大社は全国にあまたある稲荷神社の総本宮。

 ここの特徴は何と言っても見た目からしてインパクトのある千本鳥居ではないでしょうか。千本と言っておきながら鳥居の実数としては1万ほどあるそうでして、それらは信心深い方々から奉納されたものとのこと。

 この鳥居のトンネルを歩きながら小祠や塚を巡拝する「お山めぐり」は約4kmの道のり。途中に茶店があり、疲弊した参拝客にとってそこはオアシスを思わせます。自動販売機もありますが、進むにつれてジュースの値段が上がっていくのは市場原理を突きつけられますね…。

 3年前にお山めぐりを敢行して精根尽き果てた小生ですが、凝りもせずに去年、再びやってきました。と言っても鳥居を少し見たかっただけなので、すぐに引き返しました。ほんのお散歩程度です。

 千本鳥居を画像で少しご紹介します。




 ↑稲荷、と言うだけあって狐さんがお出迎え。



 ↑千本鳥居の入り口。やはり日常からかけ離れているこの風景は感動します。



 ↑入っていくとこんな回廊になっていて、朱色が鮮やかで何とも言えない美しさです。吸い込まれそうですね。



 ↑少し斜めからだとこの様な移り具合。陽の入り方がまた美しさを魅き立てます。



 ↑外から写してみるとこんなカンジ。人々はこの中を通るのです。

 う~ん、やっぱりキレイ。京都で1番気に入っています。これぞ旅!という雰囲気を単簡に味わえますし。ちなみにこの神社、「おもかる石」っていう石がありますが、それは今度ご紹介したいと思います。

 京都駅からJRに乗っていくと非常に近いので、ちょっと足を伸ばしてみるのも良いのではないでしょうか。ただ、キリ良いところで引き返さないと「どこまで続くのかしら…」と後に引けなくなってお山めぐりの憂き目に遭います。。。


 でも本当なら、何もない、普通に暮らしていられる日常をもっと有難がるべきなのかもしれません。プラスの意味での非日常を味わえる日常、これをキープできていることこそイイモノなのではないでしょうか。
トラックバックURL
http://m03a076d.blog.fc2.com/tb.php/1097-43177bd9
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top