2008
01.09

フエキの「どうぶつのり」



 LOFTで偶然見つけて、懐かしい!との勢いで手に取ってそのままレジに持っていってしまいました。



 この犬(と思われる)のつぶらな瞳が頭から離れません…。

 幼稚園の時に良く使っていて、何を思ったか友人と共にこの糊を少々食してしまったことも思い出深い一品です。あの糊の無垢な白さ、そして無害そうな香りからして食べても安全性高しと判断したのでしょう、当時は。実際デンプンから作られていますし、防腐剤は使用しているもののホルマリンといった危険なものではないことを考慮に入れると、口に入れたところで大きな支障はないのでは。

 今回買ってみて発見したのですが、この子の後ろにこんな工夫がされていたとは露知らず…。意外と細かいですね(昔はこういうのはなかった気もしますが…)



 このポコンと出ている所がポイントでして、本体には「凸部を切ると貯金箱になります」と書いてます。

 小っちゃい子がコレを貯金箱として使っているかもしれないなんて、実に愛らしいですね。
トラックバックURL
http://m03a076d.blog.fc2.com/tb.php/1052-a34c87c5
トラックバック
コメント
はじめまして!「カワイイ」の企画からきました。とてもかわいかったので・・・こののり懐かしいです・・・
私は、一般的チューブのりを使ってたので、犬ののりがうらやましくて仕方なかったです。。。
iiotomedot 2008.02.03 19:22 | 編集
iiotomeさん、初めまして。コメント有難うございます。
確かに一般的な「ヤマトのり」も有名ですね。
自分は北海道出身なのですが、その仲間内では「どうぶつのり」ではなく「ヤマトのり」派が多数でした。
地域によってもバラツキがあるのかもしれません。

それにしても可愛いですよね、この糊。。。
いつ見てもホレボレします。
m03a076ddot 2008.02.03 20:34 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top