2017
05.31

本業なのか副業なのか

 先日、東京方面で講演会をしてきました(日帰り)。少し前に記事にしてお知らせしていましたが、なんと漢方薬以外での依頼なのです。自分は本業が精神科医で、副業で漢方屋さんという立場です。でも最近は副業の方での依頼ばかりで、特に去年や一昨年は漢方だけでして、どっちが本業なのやら自分でも分からなくなっていました。ちなみに8月も漢方の講演会をするのであります。ホントに漢方尽くしになってきました…。

 だから漢方ではないお話の依頼をもらった時は「これは何かの間違いではないか…」と不安にもなり。依頼をしてくださった先生の意図を汲んで、お話の内容は、精神科と他科・患者さん・ご家族との ”つながり” に重点を置いたものにしました。私たちの ”あわい(あいだ)” を意識してみると普段の臨床はどう見えるかという、ちょっと観念的なもの。自分は木村敏先生の ”あいだ” に強く影響を受けており、特に垂直の”あいだ”は最近実感することが多くなりました。だから講演の内容も西田幾多郎(『私と汝』)を入れてみたり、でも木村敏先生をそのまま紹介するだけでは意味が無いので最近の精神分析の流れ(ミッチェルやストロロウ)とかウィニコットの ”抱っこ” の意味とか、そこから家族面接の下坂先生の紹介をしてみたり、もちろん薬剤の精神療法的な面をどう活かしていくかとか…。とにかく、自分たちの日常臨床を ”あわい” という視点でとらえ直してみましょう、という話題にしました。

 当日はかなりバタバタしていて、ゆっくりご飯を食べることが出来ず。翌日も仕事なので、宿泊なんて出来なかったのです。残念。最近は抑うつ状態になっているのが自分でも分かっていて倦怠感が著しいので、移動そのものが精神的・肉体的にきついものでした…。

 当日の流れは、行きの新幹線の中でリハーサル。

RIMG0700_20170530161744163.jpg

 このスライドは薬剤の持つプラセボ効果を臨床で最大限発揮させようというもの。臨床試験ではプラセボ効果は嫌なものですが、リアルワールドでは大いなるサポーターであり、それを存分に引き出すために患者さんとの ”あわい” を大切にしていこうというものです。服薬に対する思いはとても複雑で、いくら医者が ”正しい意見” を言っても虚しく空を切る、むしろ ”あわい” が硬直化してしまう恐れがあります。実際に飲んでくれるのは患者さんなので、その人がどう感じているかを丹念に追うことが ”あわい” をゆとりあるものとし、優しさというプラセボ効果を発揮させるのです。

 そして、東京駅に着いたらちゃちゃっとお昼ごはんを食べたのであります。たぶん食事に使った時間は5分もない。おむすびは ”鯛めし” なんです。美味しかった。

RIMG0701_20170530161748774.jpg

 東京駅で迷いながらも急いで電車に乗って会場に。講演の30分前に何とか到着。そして講演を済ませてまたすぐ東京駅に。帰りの新幹線まで少し時間があったので、キャラクターストリートのTBSストアにて ”ぐでたま” 先生のコーナーを覗いてみる。

RIMG0702_20170530161747685.jpg

 他にはリラックマストアも眺めてみたり、お土産を見てみたり。そうしていたら時間がなくなってお夕飯を食べられず、帰りの新幹線では別の講演会のスライドを直していたら酔ってしまって具合が悪くなり、ヘロヘロになって名古屋に戻ったという何だか大変な日でした。そして今日も身体が本調子でない。

 いちおうお土産として、神楽坂の五十番というお店の ”五目まん” を駅で買ったのであります。とっても大きい。

RIMG0703_201705301617483e5.jpg

 手のひらいっぱいのサイズで、これ1つでお腹いっぱい。600円ちょっとの値段なので、結構なもんですよね。パカっと割ると

RIMG0704_20170530161750884.jpg

 タケノコの食感が良かったです。一緒に肉まんも買ったのですが、味自体は肉まんのほうが良いかな?

 今回の旅の癒やしとしては、TBSストアで買った ”ぐでたま” 先生のトミカ。かわいい。

RIMG0708_20170530161803556.jpg

 ”ぐでたま” 先生、サンリオキャラクター大賞のほうも応援しています(1日1票 投票中)。

 ということで、とても大変な日でしたが本業での講演会は久しぶりだったので新鮮でした。
Comment:6  Trackback:0
2017
05.17

臨床のワンフレーズ(19):何もないのは平和のしるし

Category: ★精神科生活
 色んな精神疾患がありますが、寛解をキープしていると診察で特に話題にすることが無くなってきます。

自分「いかがですか?」
患者さん「特に変わったことはないですねぇ」
自分「お元気に暮らしてらっしゃる」
患者さん「はい。もうすっかり」

 こちらが「この患者さんは元気にやってるなぁ」と想像できるような時は、基本的に患者さんはとても元気です。「変わりありません」と言われても何となく診察の場が淀むというか停滞するような感じが繰り返される時、患者さんは良い材料が見つからず低空飛行が続いているのでしょう。その時は以前のワンフレーズにあった”こころのお天気”などの比喩で変化球を投げてみると良いかもしれません。

 で、寛解で元気な場合、患者さんが「変わりないって毎回言うのも悪いなぁ…。何かないかなぁ」と考えることがあります。そうなると診察の場も緩やかではなくなるので、こちらから


自分「何もないっていうのがいちばん平和ですね」
患者さん「あ、そうかもしれませんね」
自分「お元気だったら、自信を持って、何もないって言ってください。平和のしるし」
患者さん「はい、分かりました」
自分「何かあったら、それはすぐに言ってくださいね」
患者さん「はい」


 こんな感じでお伝えします。「何かつくらなきゃ…」と焦ると、患者さんにとって診察が苦しく感じられます。「何もないことも大切な情報なのだ」と理解してもらうことが大事でしょう。もちろん、お薬を減らせる状況なら減らすので、診察ではその具合もお聞きすることになります(その果にはお薬ゼロ→終診もあります)。
Comment:11  Trackback:0
2017
05.06

暑い日は

 大型連休はいかがお過ごしになられたでしょうか。自分は5月6日の土曜日から仕事で、翌7日も日曜日ですが出勤…。すなわち、5月5日で終了したのであります。ということで、5月6日の仕事中にこの記事をアップしています。サボってるわけじゃないんですよ、少し時間が空いたからですよ…。

 その日、5月5日は随分とお天気が良くて、28度まで気温が上がったそうです(今日5月6日は26度でした)。道理で暑かったわけだ。よって、療養散歩中、ちょっとコメダさんにピットイン。今回はケーキを頼んでみました。

RIMG0647_2017050616272003c.jpg

 ”きなこ日和”と”ドゥショコラ”の2つ(どちらも280円)。飲み物はアイスミルクコーヒー。本当は期間限定の”瀬戸内レモンケーキ”が気になっていたのですが、その日は売り切れになっておりました。

 ”きなこ日和”からまずは。

RIMG0648_201705061627222f1.jpg

 きなこの感じは少しする、という程度。きなこが降ってくるような濃厚さはありませんでした。むせ返るほどのきなこでないのは残念。桔梗信玄餅やツバメヤさんのわらび餅のように注意しないとこぼす、というか注意してもこぼすくらいのきなこが良いなぁ。

 ”ドゥショコラ”はいかが?

RIMG0649_201705061627238ea.jpg

 これはイメージどおりのチョコケーキ。奇をてらわず、ただひたすらにチョコケーキでした。

 コメダのケーキ類はそんなに「おっ」と思うことはなく、お食事類のバンズやサンドなどに見られるボリューム感も認められないため、たまーに変化をつけたい時に食べるというのが良いかなと思います。

 その日の会計時、こんなものが眼に止まったので買ってみました。

RIMG0653.jpg

 コメダのどら焼き…。初めて見ました。。。1個100円也。

 どこで作っているんだろうと思ったら、ぜんぜん名古屋と関係なかった。

RIMG0654_201705061627265e3.jpg

 なんで徳島なんだ…。この会社は金長まんじゅうで有名らしい。

 取り出すと、コメダのおっさんが焼印で登場しています。

RIMG0655_20170506162739683.jpg

 パカリ、と。食べてみましょう。

RIMG0656_20170506162741125.jpg



普通のどら焼きでした



 直球のどら焼き。平凡などら焼き。大型連休は、平凡に終了したのでありました。
Comment:4  Trackback:0
back-to-top