2009
01.29

まごころを、君に



 「小さな恋のメロディ」は1971年のイギリス映画。

 子どもの透明感のある、些細なことかもしれないけれど純粋な恋を描いた作品です。

 自分はテレビで何回か観ていまして、DVDを持ってはいません。この作品はアメリカと本国のイギリスではあんまりヒットしなかったにもかかわらず、日本では熱狂的だったそうです。

 確かに内容は日本人受けしそうな、あとロンドンへの憧れ、そしてヒロインが可愛かったというのも一因か。。。

 大まかな流れを紹介すると、ダニエルとメロディという11歳の子ども2人がお互いを好きになって、「結婚したい」と言い出します。当然、親や教師は反対。どうしてダメなの?と聞いても全く取り合わず。するとクラスの生徒が皆で2人の「結婚式」を行おうと授業を抜け出す、さてその結末は…?という感じでしょうか。全体的に「子どもvs.大人(Don't trust over thirty!)」という構図。

 好きだから、今一緒にいたいから、だから結婚したい。そんな無垢で透明感のある想いを大人は忘れてしまっています。

 実に下らない、と考える人もいるでしょう。でもこういうPuppy loveに、子どもだからこその本当に曇りのない心が表れている気がしてなりません。ワタクシが最初に観たのは中学3年の頃で、その時はBGMだけを好きになり、作品の良さがあまり分かりませんでした。でも数年前に観返したら、何とも淡く爽やかな映画だな~と、自分にはもうないモノに憧れてしまいました(同時に「年取ったな…」とも実感しましたが)。その映画を彩る、中3時に好きになったBGMはビージーズを中心とした綺麗な歌。特に『若葉のころ』と『メロディ・フェア』は必聴モノです。

 自分はこれをきっかけにしてビージーズを知ったので、ディスコナンバーがメインとなった70年代後半からの音楽、例えば『ナイト・フィーバー』『哀愁のトラジディ』『ステイン・アライヴ』などを聴いた時は


どーしちゃったの!?ビージーズ…


と愕然しました。。。唯一の救いは『愛はきらめきの中に』でしょうか。自分は70年代前半までの、冬の透き通るような寒さの晴れ空を思わせるビージーズの音楽に心酔していたため、ディスコナンバーを歌う彼らを一時期は「あたしのビージーズはこんなんじゃない!」と否定していました(若い頃は柔軟性がなかった…)。そーいえば最近オデッセイのCMで『ステイン・アライヴ』が流れてましたね。

 映画も音楽に負けないくらいの爽やかさが観終わった後に残ります。子どもが観てもそういう感じはしないでしょうが、心に皺が刻まれ、それを化粧で誤魔化し、本当の気持ちを見失ってしまった大人をやわらかく包んでくれそうです。みんな、若葉のころには戻れない。だからこそ、思い出してどことなく清々しい気分になれるのかもしれません。でもそういう感覚と同時に、一種の空虚感と表現できるものが滲出してきてしまうのも事実。昔と今との分断を示唆するような、深い渓谷のような空間。もうあの頃には戻れないんだな、との認識を決定的なものにする隔たり。しかしながら、越えることのできないものが後ろにある、この事実が我々を前に歩かせてくれるのかもしれません。


 最後に、映画の中の有名なセリフを。

Melody: "Fifty years' happiness." How long's fifty years?
Daniel: A hundred and fifty school terms, not including holidays.
Melody: Will you love me that long?
Daniel: Mmm-hmmm.
Melody: I don't think you will.
Daniel: Of course. I've loved you a whole week already, haven't I?

『50年も愛してくれる?出来ないと思うわ』
『出来るさ!だってもう1週間も愛してるんだよ?』

 「今」という時を一生懸命生きる子どもにとって、50年も1週間も同じなのかもしれません。勿論、それでは世の中を生きていくことは出来ません。大人は駆け足の人生のうちにそれを忘れてしまった、忘れざるを得なかった。それが憧れの情景として表れている。

 そんな懐かしい在りし日を、若葉のころを思いながら、観てみては如何でしょう。



 追補:ビージーズの「若葉のころ」の歌詞を見ると、何か2人の将来が不安でなりません。。。
Comment:0  Trackback:0
2009
01.27

王道的な料理を作ってみた

 ブリが美味しい季節を逃さないために、自宅警備員も買い物に出るこの季節。今回はベタですが、「ブリの照り焼き」です。小学校の家庭科で習った知識を引っ張り出して作ってみます。

☆材料
 ブリ・小麦粉・お醤油・お酒・みりんが基本スペックになります。甘めのタレが好きならお砂糖や水あめ、もしくは蜂蜜を増設しましょう(自分は蜂蜜を推薦します)。

☆作り方
 ブリに小麦粉を取り付けます。タレは、お醤油・お酒・みりんを1:1:1の分量に。ブリが1-3切れまでなら、各大さじ1で充分。

 そうしたらフライパンを強火にして油をさーっと。厚化粧なブリさんがログインしました。



 1-2分経ったら今度はひっくり返して中火で再び1-2分、フタをして焼いていきます。その後、弱火にしてタレをちゃっと入れます。


 タレを絡める際は、フライパンを揺すったりスプーンでタレをブリにかけたりすることに留め、ブリそのもので煽りコメントするのは避けた方が良いでしょう。30秒-1分経ったら完成。すみやかにフライパンからログアウトし、今度はお皿にログイン。


 あんまりフライパンに長く居座るとブリも自分も疲弊するので、早め早めの行動が大事になってきます。そのためには鮮度の良いものを使いたいところ。

ブリがッ 焦げるまで 焼くのをやめないッ!
↑のような姿勢は禁忌です。



 ブリは焼く前にタレに漬けておくのが普通ですが、家庭科の先生は何故か小麦粉を使ってましたね…。
Comment:0  Trackback:0
2009
01.22

サンマルクカフェのチョコクロ

 今やすっかり人口に膾炙した感のある「チョコクロ」。小さめのクロワッサンの中にチョコが入っている、サンマルクカフェの代名詞的存在です。今回は5個入りの「おみやげチョコクロ」を買いました。



 ↑ハコも可愛らしく、手軽な感じのおみやげに最適。



 ↑中はこの様にチョコクロが行儀良く並んでいます。



 ↑水平断の図。生地は、外がサクサクしていて内はしっとりの生地。クロワッサンの良さが充分に出ています。そして中のチョコも口溶け抜群。甘だるさは無く、生地と丁度良いバランス。( ´∀`)ウマウマ

 ミルクティーチョコクロ、ホワイトチョコクロなど色々な種類がありますが、自分は古典的なチョコクロが最も気に入っています。原宿ではチョコクロソフトという、ソフトクリームと合体したものがあるそうですが、お味はどうなんでしょう?

 このチョコクロ、お店の雰囲気を味わいながらコーヒーや紅茶と共に頂くのも良いですが、家でのんびりと食べるのもオススメ。時間が経ってしまったら、レンジで少し温めるとチョコがとろっと溶けてきてコレもまた美味(ただし、温めすぎるとチョコで思わぬヤケドをしてしまうことも!)。

 シンプルながらも飽きの来ないチョコクロ。甘いモノがお好きでしたら、1度お試し下さい♪ (・∀・)オススメ!
Comment:0  Trackback:0
2009
01.09

手荒れの治療はワセリンで

 手荒れは主婦の敵!

 冬場なんて洗剤と冷たい水で手荒れが酷くなり、これには「主婦湿疹」という名前が与えられています。その湿疹に対してはウレパールやケラチナミンと言った尿素クリームを使用する人が多いですが、尿素は細胞膜をキズ付け、クリーム全般は界面活性作用があるため細胞をキズ付ける作用が。なので、これらはケガに使うのは好ましくありません。手荒れも表皮がやられているわけなので、実は使わない方が良いんじゃないかという意見もあり、実際なかなか良くならないのが実情。市販の手荒れ用クリームは効きづらいというのがココにあるのではと思っています。

 そこで、湿潤療法の観点から経済的で効果的な治し方があります。


①小さじ半分くらい(もうちょっと多めでも良いですよ)の白色ワセリンを手に取って、指先・手のひら・手の甲に丁寧に、2分くらいかけて揉み込みます。
②乾いたペーパータオルなどでベタつきを拭き取ります(車のワックスがけの要領で)。


 以上の手順を1日に3回くらい行ってみましょう。また、水仕事の前には必ず行いましょう。白色ワセリンはお薬屋さんで売っていますし、眼に入れても口に入れても害はありません。理想的にはその上からビニールの手袋をすると良い(さらに湿潤な環境になる)のですが、日常生活ではナカナカ大変。なので手袋は寝る前にするくらいでも結構です。

 カサカサ肌が治るのも1週間かからないことが多いです。

 最近は以前と違って「傷口を乾燥させないことが重要」という考えが大分浸透してきていて、ガーゼに浸出液を吸わせてカラッカラにすることも少なくなりました(剥がす時の激痛が!なんてことも減少)。なので、この治し方もそれに則っています。

 ちなみに消毒薬も細胞の治癒能力を損ねるのではと言われており、使用量も減ってきていますし、インスリンの自己注射も服の上から消毒なしで刺すなんてのが世界的にメジャーです(日本でその様に指導している所は少なめらしいですが)。

 ただ、ご家庭では”腫れている・触ると熱を持っている”などがあれば控えておいて、小さなケガに留めておくのが良いと思います。
Comment:0  Trackback:0
2009
01.06

まゆげがログインしました

 新潟市の古町6番町にある「にわとりカフェ」は、去年(2008年)の6月頃にオープンしたカフェ。中は白を基調とした、凝りすぎない作りで清潔感がふんわり漂っています。

 ディナーのストウブ料理が有名ですが、お昼も軽めのランチあり。

 更に、バリスタが入れてくれるコーヒーはしつこさがなく、飲んだ後に残る香りも軽くていやらしさがありません。そしてカプチーノは見た目でも楽しませてくれるラテアートなんです。描いてくれたのは何とも可愛いネコ。



 少し飲んでから、ちょいちょいっとイタズラ。




"まゆげねこ"


 これもナカナカ…。凛々しい(顔がちょっと伸びちゃったけど)。

 ラテアートはカフェの持つゆっくりとした和やかな雰囲気をカップの上に表現してくれる、素晴らしい手段だと思います。ここではネコの他にもアザラシやお日様など多くのデザインがあり、どれもが可愛いキャラクターばかり。

 近くにお越しの際は、一度行かれてみては如何でしょう?
Comment:10  Trackback:0
back-to-top