2008
06.28

悪性転化を伴う成熟奇形腫

 悪性転化を伴う成熟嚢胞性奇形腫について、学生の時に勉強したこと。大御所的教科書を見てもほんの数行しか書いていないので、作成にはかなりの労力を要しました。。。でもその甲斐あってか「かなり詳しく書けてるよ」とのお言葉を担当の先生から頂いたので(直訳っぷりがナイス、とも言われましたが…)、調べた時間は無駄にはならなかった模様です。


☆Ovarian Mature Cystic Teratoma with Malignant Transformation

 Mature cystic teratoma (MCTs:成熟嚢胞性奇形腫)は最もコモンな卵巣胚細胞腫瘍であり、卵巣癌の10~20%を占める。だがMCTの悪性転化は稀であり、MCTの1~2%となっているに過ぎない(1)。いくつかのタイプがあるものの、最も多いものがsquamous cell carcinoma (SCC:扁平上皮癌)であり悪性転化の80~90%に上る。Adenocarcinoma(腺癌)がそれに続き7%であり、sarcoma(肉腫)やmelanoma(黒色腫)はその中でも稀である。

 若年者に好発する腫瘍としてMCTは知られており平均年齢は35歳前後であるが、悪性転化は多くが閉経後である。これは、胚細胞腫瘍は始原生殖細胞から生じておりMCTsは悪性転化よりも大抵15~20年早く見つかることから、MCTsが様々なcarcinogensに暴露することで悪性転化となるのではないかと言われている(2)。よって、高齢者に見られたMCTには注意を払う必要がある。

 悪性を示唆する症状としては腹痛、腹部膨満感、腹水、便秘、下痢、尿意、性交疼痛が挙げられるものの、特異的というわけではない。多くは他の卵巣癌と同一の症状である。

 画像所見では、MCTは歯や骨、軟骨といった骨組織がCTで見つかるため他に比べて分かりやすいが、悪性転化を診断することは非常に難しい。嚢胞壁を重度に侵食する充実性成分があり、近隣の骨盤内臓器へ直接浸潤するような病変が見られた場合、悪性転化を示唆する(3)。また、Gadolinium enhancementはteratomaが悪性転化を受けているかどうかを評価する際の手助けになる可能性がある。近接した組織への直接浸潤は、体の別の部位から生じたSCCのコモンな所見である。逆に、一般的な卵巣癌の最も重要な拡がり方はリンパ行性の播種である。よって、近接臓器へ二次的に進取する子宮頸癌もこの成長パターンを模倣するものの、侵襲的な成長の仕方はSCCを伴うMCTに特徴的なものであり、悪性の性質を反映している(3)。

 腫瘍のサイズはMCTに比べ悪性転化の方が大きい傾向にあり、直径が10cmを超えることも珍しくない。また、成長の度合いもMCTと悪性転化では異なる。

 腫瘍マーカーに関しては、SCCはMCTにおいて上昇する傾向にあるものの、悪性転化では非常に高くなっており、最も感度の高いマーカーとして優れている(4)。ただ、SCCが上がっていないからと言って悪性転化を否定することにはならず、11症例中4例しか上昇していなかったとする報告もある(2)。CA125もMCTにおいて上昇する傾向にある。一方悪性転化では高値を示すという報告もあれば(4)正常値であったとするものもあり(2)、信頼性に欠ける。CA19-9はMCTの優秀なマーカーとして知られ、平均的なレベルはカットオフ値(37U/mL)を超えている。悪性転化でも上昇しており、その差が著しくはないため鑑別には不向きである(4)。CEAはMCTで非常に低いものとなっていて、逆に悪性転化では上昇している。このことからSCCとCEAがスクリーニングとして他のマーカーよりも優れていると言える(4)。前者に関して付け加えると、再発のモニタリングとしても有用であるとされている(5)。

 以上から、患者の年齢、腫瘍のサイズ、SCCとCEAはスクリーニングやMCTとの鑑別において役立つ指標ということが分かる。数字的なことを挙げると、直径が9.9cmを上回れば悪性転化の感度は86%とされ(4)、40歳を超えていてSCCの値が2.5ng/mLを上回っていた場合、悪性転化に対しての感度が77%で特異度が96%との報告もある(6)。

 卵巣癌において良性と悪性の鑑別を立てることは、術式がこの二者ではかなり異なるため非常に重要である。MCTでは腹腔鏡手術がたびたび行われているが、悪性転化が疑われている場合、この手術法は非常に高リスクなのである。よって、上述したファクターは術式を決める上でも重要になってくる(4)。

 骨盤壁への浸潤、破裂、播種、腹水、付着、SCC以外の組織型であると予後は不良であるものの、Stageが予後を決める上で最も重要とされる。卵巣を超えて広がると不良であり(1)、またcytoreductionが上手く行くことは予後を向上させる(2)。

 先述の様に、予後はstageに著しく依存している。Kashimuraらの研究ではstageⅠでは50%、stageⅡでは25%、stageⅢにおいては12%、stageⅣでは0%となった(7)。

 初期では術中や病理で予期せずに診断がなされることも良くあり、外科的なstage、アジュバントの必要性に関してジレンマとなる(1)。

 悪性転化は稀な疾患なため、マネジメントに関してコンセンサスは得られていないと言うのが実情である(1),(2)。SantosらはstageⅠ-Ⅱでは毎週のプラチナベースのケモに骨盤全域へのradiationを併用すると良い結果の得られる可能性があるとしている(1)。今後様々な研究が行われ、効果的な治療法が開発されることを期待したい。


☆参考文献
1)Dos Santos L, Mok E, Iasonos A, Park K, Soslow RA, Aghajanian C, Alektiar K, Barakat RR, Abu-Rustum NR. Squamous cell carcinoma arising in mature cystic teratoma of the ovary: a case series and review of the literature. Gynecol Oncol. 2007 May;105(2):321-4. Epub 2007 Jan 22.
2) Rim SY, Kim SM, Choi HS. Malignant transformation of ovarian mature cystic teratoma. Int J Gynecol Cancer. 2006 Jan-Feb;16(1):140-4.
3) Kido A, Togashi K, Konishi I, Kataoka ML, Koyama T, Ueda H, Fujii S, Konishi J. Dermoid cysts of the ovary with malignant transformation: MR appearance. AJR Am J Roentgenol. 1999 Feb;172(2):445-9. Review.
4) Kikkawa F, Nawa A, Tamakoshi K, Ishikawa H, Kuzuya K, Suganuma N, Hattori S, Furui K, Kawai M, Arii Y. Diagnosis of squamous cell carcinoma arising from mature cystic teratoma of the ovary. Cancer. 1998 Jun 1;82(11):2249-55.
5) Tseng CJ, Chou HH, Huang KG, Chang TC, Liang CC, Lai CH, Soong YK, Hsueh S, Pao CC. Squamous cell carcinoma arising in mature cystic teratoma of the ovary. Gynecol Oncol. 1996 Dec;63(3):364-70.
6) Mori Y, Nishii H, Takabe K, Shinozaki H, Matsumoto N, Suzuki K, Tanabe H, Watanabe A, Ochiai K, Tanaka T. Preoperative diagnosis of malignant transformation arising from mature cystic teratoma of the ovary. Gynecol Oncol. 2003 Aug;90(2):338-41.
7) Kashimura M, Shinohara M, Hirakawa T, Kamura T, Matsukuma K. Clinicopathologic study of squamous cell carcinoma of the ovary. Gynecol Oncol. 1989 Jul;34(1):75-9.
Comment:2  Trackback:0
2008
06.20

パキラ、その後。

Category: ★学生生活
 少し前、「パキラの花が咲きました!十年に一度と言われるくらいに珍しい花なんですって!」とお伝えしました。何ともラッキーな時に見事がんセンターで実習になったもんです。

 ところが今日(6月19日)、連絡通路を通っていたら別のパキラの下にこんなお知らせが貼ってありました。



パキラのつぼみが3つ、大きくなって来ました。
つぼみの長さが15から20センチになると開くので、早ければ、今週末にも咲くのではないかと思います。
6月5日から6日にかけて「十年に一度の花が咲く」と、大騒ぎしたばかりなので、続けて咲くとありがたみが薄れますが、それでも楽しみにしています。






また咲くの!?





 花がほぼ一定の周期に則って咲くと仮定した場合、確かに芽生えも同じ時で、かつ同時期に植えたパキラであれば、一方が咲いたと言うことはもう一方だっていつ咲いてもおかしくはない。。。

 確かにありがたみは薄くなりましたが、このお知らせを作って貼ってくれた人と同じ気持ちです。でもこうやってわざわざ貼紙を作ってくれるなんて、優しい人ですね。よっぽどお花が好きなのでしょう。

 最近、ワタクシは結構忙しい状態が続いていました。でもこのお知らせを見ると、手入れをしている人がつぼみを発見し嬉々としてお知らせを作る、なんていう場面を想像します。実に微笑ましく、心の何処かで、ふっと休みを得られる。和みって良いもんです。

 でも残念ながら今日でがんセンターの実習は終了。花を見ずして大学病院での実習に。。。月曜からがんセンターで実習する人は初日あたりに見られそうですね。


☆パキラのつぼみ↓


Comment:0  Trackback:0
2008
06.15

世の中にはこ-ゆーこともある。

 ラブラの地下・イオンにて。



 398円→320円。ほんの少しでも、値引きというものはありがたいですね。半額なんてシール貼られた日にゃ、普段なら買わないものも買ってしまいます。「お、これも半額。あら、これも」とひょいひょいカゴに入れ、「いやぁ、今日は良い日だねぇ♪ 安上がりになったなった」と、レジに行ったは良いものの、結局は買いすぎていたことになり、合計がいつもより高くなることもしばしば…。

 それでも値引きというのは魅力的なものです。

 ですが、中にはこんな意外性の商品も↓





上がってる。。。



 398円→400円。2円上がってますよ…。

 シール貼ってあったら考えもせずに手を出すパブロフの犬的消費者にとって、かなりの強敵。。。というか、ずるい。スカルミリョーネのバックアタックに遭遇した時なんて及びもつかない程の、軽蔑に満ちた驚きを消費者はこのシールに対して示すでしょう。ルビカンテを見習って、正々堂々と対決して欲しいものですな。
Comment:0  Trackback:0
2008
06.11

出会いは突然に

Category: ★学生生活
 現在ワタクシが実習している県立がんセンター。ここは「本院」と「予防センター」が3階の連絡通路でつながっています。



 そして、その通路の両脇にはハイビスカスを中心として色々な植物が飾られています。



 天気の良い日はこの通路が明るくて、随分気持ちの良いものです。

 でもって、この中の1つに「パキラ」という植物があります。

 先日、連絡通路を通っていたら…



十年に一度しか咲かないと言われるパキラの蕾が大きくなりました。
早ければ今晩にも咲くと思います。
珍しい花なのでやさしく見守ってあげてください。


と書かれています。

 へぇ、と思って眼をやると






咲いてた。。。(;´∀`)




 十年に一度の巡り合いが、まさかがんセンターの連絡通路でこんなあっさりと行われるとは…。

 でもラッキーなのではないでしょうか、これは。滅多に見られないんですよね、多分。

 といっても、この「十年に一度」という付加価値がなければ普通にスルーな感じの花に思ってしまう。。。


☆ちょっと上から


Comment:0  Trackback:0
2008
06.07

「気付き」はあまた、奥深し。

 昨日(6日)は夜9時から「風の谷のナウシカ」を放送していました。過去に何度も放送されているので飽きた方もいらっしゃると思いますが、人気も高いのでしょう。DVDも売れてますし。

 で、テレビをつけたら丁度始まったところだったので、つい観てしまいました。

 以前にちょこちょこ観ていましたが、最初からは今回が初めて。色々と発見をしました。

 ユパ様という、剣の達人でいらっしゃるダンディーなおじ様↓ 彼には、すっぴんに「にとうりゅう」+「みだれうち」のアビリティを付けても勝てないのではないかと踏んでいます。



 カッコイイというイメージをずっと抱いていましたが、今回、残念ながら株を下げました。。。

 だって、帽子取ったら…↓



 あららららららっら。。。。。。ダンディーと思っていたのに…。


 ファンキー、あまりにファンキーな。。。


 おヒゲと髪の色が違うってことは、どっちか染めてますね。でも染める云々以前に髪型が…。

 こんなセンスのおっさんだったとは、残念でなりませんです。どーしたんだ駿。。。

 そして悪名高い巨神兵↓



 もう最後は、口の中に入れた大トロ状態です↓



 このトロの注目はコチラ↓ 溶けて右の顔面のホネが露わになって、、、



 眼窩上孔発見!!!!!!!キタ━━゚+.ヽ(≧▽≦)ノ.+゚━━ ッ ! ! !


 こ、ここから三叉神経の枝が出てるのね。。。

 発見した時は嬉しかったですよ。医学部入って良かった!と心底思えた瞬間です。

 細かいところにも気を配るのはイイコト。GJよ駿。


 ということで今回は新しいことに気付いて、哀しい気にもなり嬉しい気にもなり。ちょっと複雑でした。
Comment:0  Trackback:0
back-to-top