2006
11.29

むしゃむしゃ

 勉強勉強勉強 勉強のみよく奇蹟を生む


 これは白樺派の文豪·武者小路実篤のコトバです。

 こういうことを考え、そして書くなんてのは、よっぽど勉強したんでしょうね。アポロチョコに7000円かけて骨折り損した自分は身につまされる思いです。

 でも実際、人間は勉強しなきゃいけない時が必ず訪れます。勉強する意味なんてあるのか?その答えを理論的に考え、構築するためにも知識が必要で、勉強しなければいけないという皮肉が発生するくらい。

 勉強というのは、自分の人間としてのあり方を広く深いものにし、単一の思考に縛られない多角的なものの見方を提供してくれる大事なツールです。後生大事にしていきたいと頭では考えているのですが、体がついてきてくれる、か、しら。。。

 余談:武者小路実篤というとその長~い名前からして敬遠しがちですし、しかもあんな言葉まで遺してくれやがって下さると、嗚呼、益々遠い存在に…。溜め息の一つや二つ、カンタンに出てしまうワ。でもご安心を。実はこのヒト、あの有名な

仲良きことは美しき哉

を遺したヒトでもあるんです!ぐっと距離が近付いてきますね。

 ということで、彼に興味の沸いた方は代表作「友情」を読まれることをオススメします。200ページありませんし、主人公の大宮が友情と愛情のどちらを選ぶかという普遍的なテーマ。構成も漱石の「こゝろ」と似ています。文体も古くないので、あの「厚化粧の文体」と言われた虞美人草より遥かに読みやすいですし(虞美人草と比べたら何だって読みやすいですが)。
Comment:0  Trackback:0
2006
11.16

医学とシュークリーム

 シュークリーム。

 単純な洋菓子ですが美味しいですね。この子は、形態的な視点から二種類に分類されます。

 一つがシュー皮を横にカットし、クリームを中に入れたサンドイッチタイプのもの。もう一つが、注入器で皮に穿孔をもたらし、そこからクリームを入れる注入タイプ。厄介なのは後者でして、初心者が食べると、あらぬ所からクリームが出てきて手なんぞが汚れたり、遂には重力にイヤに従順なクリームが服の上にポトンと力無く落下してきます。自分も最初のうちはそういう体験をしたことがあります。しかし、世間の渡り方を少々覚えてきた中学生の頃からはそういう失態を演じなくなりました。皆さんの中にシュークリームに梃子摺っている方がいらっしゃったら、これから紹介する方法で頑張ってみて下さいまし(ワタクシの知人には甘味好きが多いので、彼らはもはやマスターしているのでしょう)。



 まず、当然のことですがシュークリームを用意します。今回は、アメリカ発祥で、その地では当初朝の7時から夜11時まで営業していたことからその名が生まれたという某コンビ二の「ミルクたっぷりとろりんシュー」を使用。クリームの量も多いですし「とろりん」ですから粘性もそれなりに低い、初心者泣かせかつ玄人好みの一品です。



 次に、クリームの注入口を探します。大抵はクリームが見えてますからすぐ見つかりますが、分からないときはシュークリームを押してみます。するとむにゅっと出てくるので判別できます。シュークリームを持つ際は、爪なんぞでキズを付けない様に注意しましょう。

 そして食しますが、大事な項目が二点あります。一点目は、注入口のあるところを目の前にセットすること。二点目は「吸気と共に」注入口のある方から口腔内に収めること。

 ちょっと図示してみましょう。

スライド1


スライド2


 上図が素人の食べ方。噛むことによって内圧が亢進し、シュー内のクリームが逃げ場を探します。到達するのは、シュー皮の脆弱な部分(爪でキズ付けたら駄目な理由)もしくは注入口。そこからクリームが流出し、大惨事。実は、前述した注入口の探し方がこれと全く同じ原理なんです。

 下図が経験者。同じく噛むことで圧が上昇しますが、注入口がすっぽりと口ん中にあり、かつ吸気により固有口腔に陰圧をもたらします。これが、シュー内部にあるクリームが一定の場所(口腔に収まっている注入口)から出ることを可能にしているのです。

 こうするとクリームを外部に出さず、無駄なく堪能できるのです。二口目からはクリームの露出したところを吸気と共に食していけばO.K.です。これでアナタも明日からはシュー玄人の仲間入り。

 でもって神経内科/脳神経外科を既に学んでいる方、これって何かに似ていると思いませんか?

 そうです、


頭蓋内圧亢進!!


 偶然にもシュークリームの構造と頭の内部の構造が酷似しているんですね(さしずめforamen magnumが注入口と言ったところでしょうか)。。。

 いや、この事実に気付いたときは感動しましたです、はい。

 ちなみに、頭蓋内圧亢進症を疑う所見は…

↑ICP→headache (worse in morning after waking), nausea/vomiting, bradycardia with hypertension & Cheyne-Stokes respirations (Cushing's triad), papilledema

とモノの本に書いてありました。特に頭痛はmorning headacheと言われるくらいに有名。特に起きた時に頭が痛い、、、と言うのは患者さん自身も気付くことが出来ますし、かつ危険なサインになります(migraineでもあり得ますが)。それが一過性のものでないのなら、そして段々酷くなっていっているのでしたら最寄の神経内科を受診しましょう。
Comment:8  Trackback:0
2006
11.13

鮭のマヨネーズ焼き

 秋は旬なものが多い!ということで今回は秋鮭を使ったお料理です。

 自分は手の込んだ料理は出来ないので、簡単に済むものを作っています(作らざるを得ない)。今は母親さんがいるので料理することもほぼ無くなりましたが、たまにあの人は京都や神戸に行くので、その際は仕方なく作ります。

 で、今回は鮭のマヨ焼き。浪人している時に寮の晩御飯で出まして、実に美味しかった記憶があり、最近はこれを良く作ります。

☆作り方
 まず、生鮭を買います。旬だと安くて良いですね。次に鮭を蒸していきます。蒸し器が無ければお水を張ったフライパンに鮭を入れても出来ると思います。



 蒸すと、身が非常に柔らかに仕上がります。勿論、油やバターを使っても結構です。旅館の朝食に出てくる鮭は蒸していることが多いので、それがお好きな方とお嫌いな方とで調理法を分けてみて下さいまし。

 蒸している間に、マヨネーズとお醤油、おだし、すりゴマを合わせてマヨソースを作る。



 熱が通ってタンパクが十二分に変性したら、上記のソースを乗せてあげます。この量は本当にお好みで。



 でも、今回の主役は鮭なので、あんまり多くすると、鮭のマヨ焼きかマヨの鮭焼きか判然としなくなりそうな気がします。

 マヨが上にのしかかったら、今度はトースターに。これでマヨに焦げ目が付くまで熱していきます。で、完成、と。



 マヨ嫌いな方には全くオススメできない一品となっていますので、問診をしっかり行った上で料理に臨んで下さいまし。
Comment:0  Trackback:0
back-to-top