FC2ブログ
2019
07.08

にいがたがたび その4

 新潟4日目かつ精神神経学会総会の最終日。これで新潟もおしまいだなぁ。

 さて、最後の朝ご飯。お味噌汁の中に大根おろしをたくさん入れました。

RIMG2194.jpg

 学会の方は、午前中はシンポジウム67(ミクログリアは精神疾患の成り立ちにどのように関与するのか?)とシンポジウム79(当事者研究・ オープンダイアローグ・ACT-現在の地点と将来:その協働が日本の精神保健福祉にもたらすもの) の2本。

 そしてお昼ご飯。

RIMG2195.jpg

 午後はシンポジウム88(精神疾患の背後に発達障害特性を見いだしたとき、いかに治療すべきか)を聴きました。最終日はこれですべてのプログラム終了! 15時30分で解放されたのです。

 会場の書籍販売所+ポスター展示場。

RIMG2196.jpg

 さて、帰りましょうか。最後に、須坂屋でへぎそばを食べました。

RIMG2198.jpg

 つるっとして美味しかった。

RIMG2199.jpg

 駅バスターミナル。この風景も見納めですね。さよなら新潟。

RIMG2201.jpg

 今度新潟に行くのはいつになるんだろうか。5年後、10年後、いやもっと先? でも今回だいぶ学生時代の思い出に浸れたので、満足といえば満足です、たぶん。
Comment:0  Trackback:0
2019
07.04

にいがたがたび その3

 新潟3日目かつ精神神経学会2日目です。

 まずは朝ご飯から。

RIMG2178.jpg

 午前中は、シンポジウム12(症例報告における倫理的配慮~本人同意をめぐる課題)、教育講演10(精神医学における生物・心理・社会モデルと多元主義)、教育講演11(児童・思春期精神障害を理解するための3要因-アタッチメン ト、虐待、そして発達障害)の3本。

 で、お昼ご飯。何だか食べてばっかりに思われているような…?

RIMG2179.jpg

 午後はシンポジウム43(精神医学における価値の諸相)とシンポジウム59(精神疾患における神経炎症の役割~バイオマーカー開発から病態解明まで)でフィニッシュ。18時になりました。

 さてじゃあ今日も新潟大学辺りを思い出に浸りながらフラフラしますか。

 お、清水フード西堀店!

RIMG2180.jpg

 良く行きましたよ。「あなたの町の~、清水フード♪」というCMが脳内に蘇る。イオン系列になっていたのが軽くショック。

 新潟大学の体育館周辺をフラフラしていたら、ボンを発見!

RIMG2181.jpg

 まだ健在だとは…! このお店は外見がなんというか個性的なのですが、洋食屋さん。地下にお店があります。ボリュームがとんでもないことで有名でして、ただお値段もまずまずしたような記憶。食後にアイスコーヒーが出て、夜だと食前酒も供される、ちょっと不思議な感じ。自分は頻回受診したことがないのですが、たくさん食べるぞ!という学生さんには人気が高いのです。

 結局、また協和会の売店に行って、よし仙の豆大福を買ってしまった。懐かしさに抗えず。

RIMG2182.jpg

 いただきます。

RIMG2183.jpg

 あー、美味しい。思い出補正がバリバリ入っているのは否めませんが、その思い出も味の一つということで。2個で206円って安いですよね。今は1個180円とかで売っているお店もあるくらいですから。

 お! 竹野だ。

RIMG2184.jpg

 ここのお蕎麦は美味しくて、学生の時はお気に入りでした(天せいろが美味しい!)。今日は営業していないみたいで残念。

 ということで、もうちょっと歩いたところにある青島食堂でお夕飯。生姜醤油のラーメンで有名なのです。長岡市がオリジナルだったかな…?

RIMG2185.jpg

 シンプルな見た目のラーメン。

RIMG2186.jpg

 麺は昨日の三吉屋と異なり、細くありません。食べてみましょう。

RIMG2187.jpg

 んー。生姜の風味がしない…。これ、普通に「醤油ラーメンです」と言われても信じてしまいます。醤油ラーメンとして評価するなら正統派で直球タイプ。スープがちょっと濃い目でしょうか。生姜はどこに行ったんだ…??

 自分は鼻が悪く、ちょっと味覚にも影響しています。だから感じ取れないのかな…? いや、でもそれを差し引いても風味ゼロなのではないか? ひょっとして入れ忘れたんじゃないか…? と勘繰るレベル。

 不思議な気分でお店を後にして、上古町を歩きます。午後19時30分でこのゴーストっぷり…!

RIMG2188.jpg

 あ、Wa's Styleは生き残っていた!

RIMG2189.jpg

 残念ながら、学生の頃に行っていた床屋さんは見当たりませんでした。

 新潟駅に戻って、中を歩きます。おや…ここは。あの右奥の狭い道を入るとゲーセンがあったはずだが、どうだ…?

RIMG2190.jpg

 潰れてましたー。無念。

RIMG2191.jpg

 ということで、本日の夜食は河川蒸気の小豆クリームです。

RIMG2192.jpg

 こんな感じ。いただきます。

RIMG2193.jpg

 あ、これは美味しいかも…。生地のちょっとしっとりした感じと微かな黒糖。そして小豆クリーム。派手さはないけど、ほっとできる味。これ、お土産決定!

 そんなこんなで、翌日はもう学会最終日です。新潟を離れるのが少し寂しいような気持ちが…。もうそんなに行くこともないだろうしねぇ。

Comment:0  Trackback:0
2019
06.30

にいがたがたび その2-2

 新潟滞在の2日目かつ学会初日。前回は、懐かしの新潟大学医歯学総合病院を見たのでした。

 さて、そこから市役所方面に下っていくと、ダイアパレス医学町。ここは4~6年時だったか、5~6年時だったか、その時に住んでいました。

RIMG2148_201906301609231f7.jpg

 ぱっと病院の方を振り返ると、この坂道。

RIMG2149_20190630160924d55.jpg

 そうそう、6年の時に虫垂炎になって、痛みを抑えて必死にこの坂を登って外来にたどり着いたのでした…。

 ダイアパレス医学町の前。この森塾は変わってないなぁ。

RIMG2150.jpg

 あー、やっぱりセーブオンは消滅したんですね…。39円アイスが。

RIMG2151.jpg

 あらあら、"クスリのコダマ" が完全に "ココカラファイン" に。もうコダマのポケットティッシュはもらえないのか。

RIMG2152.jpg

 新潟には"クスリのコダマ" というドラッグストアのチェーン店があり、そこでは何かを買うたびにオリジナルのポケットティッシュがもらえたのです。そのため、新潟市民はポケットティッシュに困ることはなかったのですが…。

 もう一回、ダイアパレス医学町とドラッグストア。

RIMG2153.jpg

 ダイアパレス医学町は、てっぺんの三角形がポイント。実は屋根がなく、マンションの中央は雨や雪がそのまま降ってくるというちょっと不思議な建物でした(もちろん各家の室内は大丈夫ですよ)。

 続いて、道路を挟んで向こう側の白山神社に。

RIMG2155.jpg
 
 なかなかすごい松です。市役所前の松は太くて立派ですが、この松はナナメってますね。

RIMG2156.jpg

 これはサツキかな? ツツジかな?

RIMG2157.jpg

 ツツジだそうです。葉っぱがサツキっぽいような気もしたのですが。

RIMG2158.jpg

 忠犬タマ公。犬のような猫のような。

RIMG2159.jpg

 アジサイ。

RIMG2161.jpg

 本殿。

RIMG2162.jpg

 手水舎はごくごく一般的。

RIMG2163_201906301608307bb.jpg

 拝殿。

RIMG2164_20190630160832065.jpg

 そこで、"一年安鯛"くんを発見。1回300円で、なんと備え付けの小さな釣り竿で赤い紐を引っ掛けて釣るというスタイル。おっさん一人で釣っている姿は滑稽だったでしょうが、本人はちょっと楽しかった。

RIMG2165_20190630160833089.jpg

 家に帰ってから開くと、大吉でしたー。

RIMG2202.jpg

 白山神社の向かいには、学生の頃に通っていた耳鼻科。まぁ鼻は良くなりませんでしたけど。

RIMG2166_2019063016083518b.jpg

 歩いていたらすっかり暗くなったので、新潟駅の代ゼミ近くにある駅前漁港でお夕飯。

RIMG2167.jpg

 なんと、日本酒を頼んでみました。新潟ということで、〆張鶴です。飲めないのに無理しちゃって…。

RIMG2168_20190630160838950.jpg

 お刺身。5点盛り。厚切りだー。

RIMG2169_20190630160839dff.jpg

 いただきます。

RIMG2172.jpg

 美味しい! 名古屋とは違うなぁ。お刺身が美味しいのは幸せな証拠なのです。

 調子に乗って、甘海老とひらめ。

RIMG2173.jpg

 いえーい。

RIMG2174.jpg

 しかし、日本酒はなんとたった1/4くらいでもう顔が真っ赤になって頭が痛くなってきました…。いやぁ、飲めたら楽しいんでしょうけどね。超下戸の自分にはこれが精いっぱい。

 ということで、お腹もいっぱいになったしホテルに戻ってきました。

 お夜食はこれ、"飴最中" です。

RIMG2175.jpg

 最中の中に水飴が入っているというシンプルなもの。では、パリッと。

RIMG2177.jpg

 おー、伸びる伸びる。

 食べてみると、それほど甘くなく、さっぱりとまではいかないまでもやわらかい甘みで、美味しいですね。ちなみに2個食べました。

 よし、じゃあ次回は滞在3日目かつ学会2日目です。

Comment:0  Trackback:0
2019
06.27

にいがたがたび その2-1

 さて、新潟滞在2日目でありかつ精神神経学会総会の初日。

 まずはドーミーインの朝ご飯。

RIMG2094_2019062710500775b.jpg

 色々選んで…。

RIMG2095_201906271050093db.jpg

 こんな感じ。"へぎそば" がありましたよ。

 お天気も良かったので、歩いて朱鷺メッセに(高さ143 m)。

RIMG2097.jpg

 周りに高い建物がないので、やたら高層に見えてしまう。上記画像左下は信濃川です。

 で、会場入り口。

RIMG2099.jpg

 なんとここで、大学の同級生にフタケタ年ぶりに会いました! 出席番号が自分のひとつ前だった(たぶん)ので、苗字も顔をも覚えていたのが幸いであった…。自分は名前を覚えるのが苦手で、大学6年間一緒でも出席番号前半の人たちはまったく覚えていません…(自分は後半組)。そんなに話もしなかったし。ちなみにその先生には「精神科医になっていたとは…」と何やら驚かれました(なんだそれ)。

 下は一番大きいA会場。時間になると(シンポジウムによっては)ほとんど埋まってしまいます。

RIMG2100.jpg

 午前中に聴いたのは、シンポジウム6(精神病理学の古典を再読する)とシンポジウム16(症状把握を掘り下げる)の2つ。思ったのは、精神病理学の先生方はスライドの使い方がドがつくほど下手だということ。スライドいっぱいに細かい字を入れて、しかもそれをだらだら読むというスタイル。スライドは教科書じゃないんだよ…。これは偏見ですが、精神病理学の先生は下々の者に「教えよう」という気が薄いのではないかと…。だから凋落したのではと勘ぐってしまいます。このスライドぎっしり作戦のせいかどうかは知りませんが、とても頭が痛くなりました…。イブプロフェン飲んでも効かないし…。

 頭がすっきりしないままお昼ご飯。1200円で前払いです。

RIMG2101.jpg

 精神神経学会は製薬会社とのクリーンな付き合いを目指しているため、製薬会社後援のランチョンセミナーがありません。他の学会だとそういうランチョンセミナーがあり、お昼も製薬会社が無料で用意しています。でも、精神神経学会は異なり、ランチョンなしです。クリーンな関係性を目指す姿勢の現れなのですね。

 午後は、シンポジウム24(精神・発達障害者の就労支援に関わる精神科医の必須アイテム)を聴きましたが、ここで頭痛がひどくなったのでギブアップ。ワークショップ3(脳波の基礎コース)は諦めることにしました。

 会場を後にして昔を偲んで歩くことに。こちらが万代バスセンター。

RIMG2106.jpg

 確か、レインボータワーがここに生えていたんですよね。営業を止めたのは知っていましたが、解体もされちゃったんですね…。

 2階に登ってみる。あ、みかづき発見!

RIMG2108.jpg

 新潟にしかないファストフードのお店。何を間違えたか他県に進出したこともあるんですが、あえなく撤退した経緯をもつみかづきです。せっかくなので、イタリアンを食べることにしました。確か340円。

RIMG2109.jpg

 これはどうやっても美味しそうに撮れない。もちもちタイプの焼きそばにミートソース的なものが乗っているんですが、実際に大して美味しくないんです。

 ほら、美味しそうに見えない。

RIMG2110.jpg

 でも、不味いかって言われるとそうでもなく、もう一回食べてもまぁ良いかと思えるような、そんな味。名古屋で近いのは、寿がきやのラーメンでしょうか。

 また少し歩いて(すでに頭痛が消失している)、万代橋と信濃川、そして遠くに朱鷺メッセ。

RIMG2112.jpg

 新潟でこんなにスカーンと晴れているのは珍しいですね。

 万代橋を歩きながら。

RIMG2113.jpg

 学生の頃は、遠くに見える朱鷺メッセが何をするところなのか分からず、ただただ万代橋を歩きながら眺めていました。

 さて、古町に到着。モール懐かしいなぁ。

RIMG2114.jpg

 あ、NEXT21だ(逆光)。

RIMG2115.jpg

この向かいに三越があるのですが、2020年に閉鎖されるそう。NEXT21も、"ラフォーレ原宿新潟" という、田舎のコンプレックスが露呈しているショップが入っていたのですが、撤退。NEXT21は現在、区役所や銀行などが入っており、商業施設の役割を終えております。

 ちょっとお腹が空いたので、西堀通の三吉屋というラーメン屋さんに。

RIMG2120.jpg

 あっさり中華そば。600円。

RIMG2116.jpg

 正統派、という感じですね。

 麺はすごく細くて、やや縮れています。スープがあっさりなので、麺が主張しすぎないように細くなっているのかしら。

RIMG2117.jpg

 年を取るとこういうあっさりが沁みて美味しいんだなぁ…。いや、元からこってりは嫌いですが、このあっさりはとても良かったです。でも麺はもう少し太くても良いんじゃないかな? 自分は北海道生まれなので、どうしてもあの多加水熟成の縮れ麺が一番美味しいと思うのです。本州で良く見かけるストレート麺は好きじゃなくてですね…。もちろん北海道のラーメンでもストレート麺はありますが、それでも味わいが違うのです。

 腹ごなしも済んで、また歩きましょう。

 うわぁ、古町は人がいない…。

RIMG2119.jpg

 オギノ通り。

RIMG2121.jpg

 そして着きました! 母校の新潟大学! そして新潟大学医歯学総合病院! の赤門!

RIMG2122.jpg

 おー、本当に久しぶりです。昔を思い出すなぁ。

 で、斜め向かいがカサベルデ旭町という学生用アパート。2~3年生くらいの時に住んでました。

RIMG2123.jpg

 遠くに見えるは日本海タワー。決してタワーの形状ではない。

RIMG2124_201906271051017f7.jpg

 グラウンドで学生さんが頑張っています。

RIMG2126.jpg

 体育館。ここで部活をしていたなぁ。

RIMG2128_20190627105106738.jpg

 そうそう、夏の暑い日はこの自動販売機でジュースを買って飲みました。まだ残っていたんだ。

RIMG2127_20190627105105c8f.jpg

 赤門の中に入って、大講義室。

RIMG2129_201906271051079d2.jpg

 で、病院! 大学病院の形ってどれもこんな感じなんでしょうかね。名大病院とそっくり。

RIMG2130.jpg

 大学生協。

RIMG2131_20190627105111db3.jpg

 図書館。ちょっと入ってみようかな。

RIMG2132_20190627105112871.jpg

 本棚。この "伝染病" のコーナーは、学生の頃に青木先生の『レジデントのための感染症診療マニュアル第2版』が出て、その厚さにびっくりしてそこで初版と厚さ比べをした記憶があります。

RIMG2134_20190627105113aa4.jpg

 医学科の講義室。何だかドアがオシャレになっているな。

RIMG2140_201906271051182e0.jpg

 おや、歴史みたいなのが。

RIMG2138.jpg

 ここって、前は試験結果が貼られてませんでしたっけ? 2年の初っ端の発生学の試験を落とした記憶が…。

 パンの自動販売機を発見。まだ健在なのですねぇ。ここで買ってましたよー。

RIMG2139_2019062710511654f.jpg

 外に出て病院玄関に向かうと、マンホールがあります。

RIMG2141.jpg

 ARS LONGAと記されています。ヒポクラテスの「Ars longa, vita brevis」のことで、「技術の習得には時間がかかるから、時間を無駄にしちゃいけないよ」ということらしいです。一生勉強だ!ということですね、たぶん。で、病院にはヒポクラテスの木が植えられています。

RIMG2143_20190627105121463.jpg

 自分が学生の頃、この木のところには看板があったのです。でも今は取り外されていますね…。その看板には「誰か(ここ忘れた)がギリシャにあるヒポクラテスの木の種を日本に持ち帰って植えました」というようなことが書かれてあったはずです。でも、この「種を持ち帰って植えた」というのは本当はマズくて、恐らくそのためにそっと(?)看板を外したのではないか、と自分は睨んでおります(やらしい予想)。

 病院の中に入ってみようか…。あ、協和会!

RIMG2144_2019062710512256b.jpg

 入ってみると、昔と匂いが同じ! 当時の協和会の匂いと同じ! すごい、いろいろ思い出してきて何だかジーンとなってしまいました。思い入れなんてそんなになかったと考えていたのにねぇ。

 おや、これは…。

RIMG2145.jpg

 よし仙の豆大福! 学生の頃は良く食べていたなぁ。1個が袋入りで売られていたはずですが、それはもう扱いがないのか、早めに売れてしまったのか…?

 あ、書籍コーナーもあった。

RIMG2146_201906271051256d6.jpg

 学生実習の頃、小児科で入院していた患者さんが本を欲しがっていたから買ったことがあったなぁ。少女漫画の雑誌だったから確か買うのが恥ずかしかったんですよね。

 さて、感傷に浸っていたらだいぶ長くなったので、滞在2日目の続きは次回にしましょう。
Comment:2  Trackback:0
2019
06.23

にいがたがたび その1

 精神神経学会があったので、新潟に行ってきました。開催前日である6月19日に出発。

RIMG2066.jpg

 まずは、名古屋駅の立ち食いきしめん屋さんの "住よし" でお昼ご飯。何と名古屋は立ち食いもお蕎麦ではなくきしめんが前面に出てくるのです。

RIMG2067.jpg

 ノーマルきしめん。いくらだったっけ。350円くらい?

 立ち食いって美味しいですよね。おつゆなんてこれと言った工夫もなく、上品とは言い難い。でもそれが良いんです。みんな黙々と、そしてやや急いで食べるその様子。新幹線のベル。到着や発車の音。ホーム独特の匂い。アナウンス。乗り降りするお客さんの声や足音。そのどれもが立ち食いの調味料として働いています。立ち食いのお蕎麦やきしめんを家や普通のお店で食べたら、美味しさは8割減と言っても過言ではないでしょう。ちなみにこのお揚げが甘くてこれまた美味しい。

 お昼も食べたことだし、出発。新幹線は、まず東京駅に行き、そこから乗り換えて新潟駅に。計4時間くらいかかります。行きの新幹線で読んだ本はこちら。

RIMG2068.jpg

 『ヘミングウェイで学ぶ英文法』です。「なぜ英文法!?」と思ったかもしれませんが、英語の勉強をずっとしていなかったので、これを機にと考えまして…。大学入試勉強以来じゃなかろうか、こうやって英文法の本を開くの。ヘミングウェイの短編が6つ掲載されており、行きで3編を、そして帰りで残りの3編を読みました。めっちゃくちゃに文法を忘れていることが判明し、反省。これ読み終わったらあれだな、伊藤和夫先生の『英文解釈教室』を読み直そうかな、超久しぶりに。この『ヘミングウェイで学ぶ英文法』は、系統的なつくりではないので英文法初学者には向かないと思っています。「昔英文法やったけどちょっと今覚えている自信があんまりないなぁ、やり直そうかなぁ」というような人に向くでしょう。おまけにヘミングウェイの短編も読めるし。「英語の小説ってこうやって対比をしたり、物語の流れを途切れさせないようにしているのか」というのが分かりますね。面白かったです。あ、画像でほんの向かって左隣にあるのは五苓散です。ほら、新幹線に酔わないようにってことで…。

 さて、新潟駅に着きました! うわ~、懐かしいな。卒業以来一度も行ってないってことだから、なんとフタケタ年ぶりですよ…。ちょっと南口に出てみるか。

RIMG2071_20190623161431916.jpg

 おー! プラーカ、生きとったんかワレ! そして…

RIMG2070.jpg

 南口の駅。昔はここら辺にワシントンホテルっていうホテルがあったような気がするんですよねー。

 じゃ、駅の中に戻って少しお散歩。全体的にはあまり大きな変化はなさそうですが、何だか小綺麗になってる印象はあります。

RIMG2073.jpg

 上はCoCoLo本館。この本館の中、奥は本屋さんだったんですが、今はスーツ屋さんに変わっていました。あらー。

 よし、次は下に降りて万代口に。こちらCoCoLo万代。

RIMG2075.jpg

 あー、覚えてますよ、ここ。生鮮食品とか売ってるんですよねー。懐かしいなぁ。

RIMG2077_20190623161435175.jpg

 そうそう、このカブトもあったあった。

 万代口に出て右側。

RIMG2078_2019062316143727e.jpg

 New Hinomaru、まだあったんだ! そしてロイヤルホストも! ここのロイヤルホストは、大学同級生のベンさんが試験勉強のために何日間も "ロイホ勉" で通いつめ、その結果勉強禁止になったという曰く付きのお店。貴重な勉強場所を潰したベンさんでございました。そういえば、名古屋に来てからロイヤルホストって見ないなぁ…。

 ぱっと振り向き、新潟駅。

RIMG2080_20190623161438dea.jpg

 これは変わってないですね。県民共済の看板もそのままだ。戻ってきたぞ!という感じです。

 荷物をいったん置くためにホテルに。少し歩きますが、我らがドーミーインです。

RIMG2083_20190623161441345.jpg

 お部屋はこんな感じ。

RIMG2081_201906231614406ca.jpg

 で、時間も時間なのでお夕飯に。駅前の "とんかつ政ちゃん" にしました。新潟のかつ丼は、たれかつ丼が主流。玉子でとじるタイプではありません。

RIMG2084_2019062316144306f.jpg

 特性かつ丼のセット。2030円だったかな? 結構高いですね…。

RIMG2085_201906231614446d8.jpg

 何やらお丼のフタが妖しいことになっていますが、はてさて?

RIMG2086_20190623161447d7c.jpg

 うわぁ…。すごい量だよ。1, 2, 3, 4枚!でもって…

RIMG2088_201906231614479f8.jpg

 中に2枚! 計6枚!

 上の4枚はサクッとした感じ。中の2枚はご飯の湿気でふわっとした感じ。どっちも良いですね。味はやや甘めのタレで美味しい。カツも薄いから噛みやすいし、脂っぽさもなくてイイ! でもご飯の量が多くてお腹いっぱい!

RIMG2090_20190623161449813.jpg

 デザートも付いていました。もう苦しいです…。

 ホテルに戻って、夜食(?)。本日は、"ほおずきサイダー" と "雪色ソーダ ルレクチェ" です。

RIMG2092_201906231614500fc.jpg

 ほおずきサイダーは、何て言うんでしょうか、トマトを煮たスープの有色透明な上澄みの部分を薄めてお砂糖を加えたような味がします(分かる??)。雪色ソーダのルレクチェは美味しい。ルレクチェは新潟特産の洋ナシで、学生の頃はスーパーで良くみかけました。香りがあってとても美味しい洋ナシですよ。で、このソーダもルレクチェそのものの味わいが強くて良い感じ。

 よーし、じゃあ本日はこの辺にして、明日はいざ朱鷺メッセでいろんなシンポジウムを聴くぞ! という気持ちで寝たのであります。

Comment:0  Trackback:0
back-to-top