2037
12.31

ブログ紹介

*この記事は常にトップに出ます*
*最新記事は1つ下の記事になります*

皆々様。
平素より大変お世話になっております、m03a076dです。
ご来店いただき、まことに有難うございます。
このブログは、研修医や若手精神科医を対象にした話がちらほら出てきます。でもメインは自分の気になったことをちょろちょろっと記すこと。最近はやはり本業の精神科の話が多くなってしまっています。

気楽にご覧下さいませ☆ (this article: last update Mar. 7. 2017)


*このブログではたまに患者さんとの会話例が出ています。その時に記載している基本的な情報、たとえば年齢や性別や受診の時期など、これらはプライバシー保護のため改変しています。また複数の患者さんの情報や会話内容を意図的に混ぜています*


☆思い立ってしでかしたこと
 はっと思ったらやはり実行。後悔することはあっても、いつかは懐かしい記憶となってくれるかもしれません。実行と言っても、他人様の迷惑にはならないようにしましょう。最近は名古屋な雰囲気を醸し出してます。

アポロチョコに捧げた情熱(ページの一番下の記事からお読み下さい)
ヒーターで焼き芋つくり(他にも焼いてます)
シュークリームの上手な食べ方~案~
大手コンビニのシュークリームを比べてみた
ジンギスカンのたれ比較
あんまきの比較
犬山城に行こうとしてみた
山崎川のさくら
スガキヤに行ってみた
熱田神宮のきしめんを食べてみた
豊川稲荷に行ってみた
のれそれを食べてみた
藤の花を見に津島公園に行ってみた
七夕まつりを見に一宮市に行ってみた
宇都宮の旅(餃子華厳の滝世界旅行
矢勝川の彼岸花
岡崎公園の桜とお団子
めんたいパークとこなめに行ってみた
愛知県のみたらし団子


☆鶴舞公園をお散歩
 名大病院の向かいは鶴舞公園というところで、さくら名所100選にもなっています。花菖蒲や紅葉なども綺麗で、四季を通じて楽しめる公園。

サクラ, ツツジやフジ, バラ, ハナショウブとアジサイ, ハス, 春の終わりから夏, 初冬その1, 初冬その2


☆コメダ珈琲店について少し
 名古屋在住なので、代表であるコメダ珈琲店へたまに行っています。その中でちょろっとご紹介をば。。。網羅的なものではなく、ピックアップする感じでございます。

blanc et noir, 豆菓子と有田焼, ○○ダさん…?, ピザと経済, みそカツサンド, 定番のハンバーガー, 期間限定ノワール, ジェリコを嗜む, アイスなココア, 夏はやっぱりかき氷, Ringoノワール, コメチキってやつ, バレンタインのチョコ祭り, 珈琲豆と小豆, ベリーノワールさん, たまご系, チョコ祭りその2, サマージュース


☆名古屋大学医学部附属病院前期研修について
 自分の前期臨床研修先であった名大病院について、主観で眺めてみました。名大病院ってどんなとこ?と思っている方、少し参考にしてみて下さい。
 2015年5月に(4年ぶりに)少し手を加えました。2015年度からはたすき掛けも導入されたということで、隔世の感がありますね…。どんどんプログラムは良くなってきている感じがします。あとは研修医のやる気ですな。
 また、名大病院に限らず学生さんが病院見学をする際にどういった点を見ると良いか、ちょっとですが書いてみました。

・名大病院研修について→コチラ
・病院見学の際のポイント→コチラ


☆臨床研修はじめの一歩
 学生さんや研修医を対象としたレクチャー。その多くは救急外来や研修医相手の勉強会で話した内容から成っています。深くは立ち入らず、入門として・総論として。研修医の時に知っておきたい心構え的なものとお考え下さい。”診断学・感染症・輸液・検査項目(主に救急外来)・栄養療法”についてお話ししています。最後に輸液と栄養療法とに絡めて、SIRSについて名古屋大学医学部附属病院集中治療部教授である松田直之先生の考え方に触れてみようと思います。

・はじめに→コチラ
・診断推論→コチラ
・感染症診療の入り口→コチラ
・輸液の考え方ベーシック→コチラ
・検査項目の使い方→コチラ
・栄養療法の初歩→コチラ
・SIRSについて一つの記事→コチラ
・補足:生活の中の病歴→コチラ
・補足2:診察の強弱→コチラ
・補足3:デッサンという考え方→コチラ
・補足4:デング熱を例に鑑別を挙げるということ→コチラ
・補足5:曖昧性を許容する→コチラ
・補足6:身体診察の治療的意義→コチラ
・補足7:教育としての病歴と診察→コチラ
・補足8:風邪を診る→コチラ


☆研修医のためのテキスト紹介
 研修医が読む本は学生さんとはちょっと違います。プラクティカルなものを選んでみました。研修医や非専門医として、なので専門的なテキスト紹介ではありません。

”総論”について, 各種マニュアル本, 心電図・循環器治療薬の本, 呼吸器内科の本, 感染症の本, 腎臓内科の本, 糖尿病のポケットガイド, 小児科外来の本, 皮膚科や創傷処置などの本, 精神科の本, 漢方薬の本, 非精神科医のための精神療法的な本, 超音波含め画像診断の本, 国試が終わって臨床研修開始までの間に, 『極論で語る』シリーズ, 診断ではなく帰せるかどうかの判断をするための入門本, カルテの書き方, 血の通った緩和ケア


☆風変わりな超音波
 もうエコーは心臓と腹部実質臓器のためだけじゃない!消化管・運動器・肺・眼球などなど、様々な分野へ応用可能です。その中でも消化管と肺について軽くまとめました。

消化管の超音波, 肺の超音波, 超音波を学ぶ時の心構え


☆研修医救急勉強会でのポイント
 名古屋大学医学部附属病院では月に1度、朝に研修医が救急勉強会をしています。卒後臨床研修・キャリア形成支援センター長の植村和正先生が主催して研修医のプレゼンチェックと良い点悪い点を指摘。自分も経験者(?)として参加して少しアドバイスをしている感じ。2015年は朝から夜に時間変更になりました。

・Jolt accentuationを例にして診察や検査のセッティング→コチラ
・めまいについて→コチラ
・嘔気嘔吐の例→コチラ
・救急外来と入院での病歴の取り方→コチラ
・発熱と意識障害を例にして患者背景から絞る→コチラ
・勘違いしやすい痛みについて→コチラ
・侮りがたし、虫垂炎→コチラ
・DehydrationとVolume depletion→コチラ


☆精神科臨床はじめの一歩
 精神科医は精神科医でも、若手、特に1-2年目が身の丈に合った非侵襲的な接し方をするにはどうすれば良いか。そんな思いから、治療的態度・精神病理学的知識・分析的思考について10回+1回にわたって考えてみました。自分も若手なので、若手目線で。おまけとして初心者やご家族や患者さんに読みやすい本の紹介もしています。

・第0回:若手としての心構え→コチラ
・第1回:精神療法としての”あいだ”→コチラ
・第2回:”患者”になること→コチラ
・第3回:”症状”を考えてみよう→コチラ
・第4回:器質力動論的視点を持ってみる→コチラ
・第5回:精神発達論をちょっと体験→コチラ
・第6回:防衛機制って何なんだ?→コチラ
・第7回:人格構造という軸→コチラ
・第8回:支持的精神療法のススメ→コチラ
・第9回:役割から見えてくる”転移/逆転移”→コチラ
・第10回:ご家族とのお話→コチラ
----------
・統合失調症理解の入門本→コチラ
・うつ病/躁うつ病理解の入門本→コチラ
・認知症理解の入門本→コチラ


☆精神科臨床のワンフレーズ+α
 日常臨床で患者さんに送るちょっとした言葉を掲載。薬物治療をしっかりと行うことと前提としているため、構造化もしてませんし分析的な深い考察もしていません。裏を返せばどんな治療者でも使えるということになるでしょうか。支持的でちょっと背中を押すような、そんなフレーズ達。そして、フレーズに限らず精神科臨床での会話などもまとめました。

・神経が疲れた→コチラ
・困った時はお互い様→コチラ
・キーを回す→コチラ
・不安を不安として→コチラ
・つらさの代名詞→コチラ
・こころは水風船→コチラ
・回復の芽を摘まない→コチラ
・どちらを選んでも後悔する→コチラ
・医者と薬は松葉杖→コチラ
・ネガティブを大切に→コチラ
・医者はあきらめが悪い→コチラ
・病気の種→コチラ
・回り道の景色→コチラ
・歴史になること→コチラ
・失敗も大事→コチラ
・症状をガイドに→コチラ
・こころのお天気→コチラ
---------------
・終診にする時→コチラ
・同じと特別→コチラ
・「でも」を使わないようにしてみる→コチラ
・「なんで?」も使わないようにしてみる→コチラ
・大丈夫という言葉→コチラ


☆精神医学ピックアップ
 記事の中から病態や向精神薬の関連で精神科1-2年次向きなものを選んでみました。ちょっと前にまとめたものは記載が甘いものも散見されますが、ご了承ください。

・統合失調症のグルタミン酸仮説と抗精神病薬の定型/非定型という分類→コチラ
・精神症状を来たす身体疾患→コチラ
・精神疾患と慢性炎症→コチラ
・神経障害性疼痛→コチラコチラ, コチラ
・ベンゾジアゼピン系→コチラ
・抗うつ薬のモノアミン再取り込み阻害/促進→コチラ
・向精神薬中断によるリバウンド症状→コチラ
・薬剤に精神療法を込める→コチラ
・悪性症候群→コチラ
・アルコール使用障害→コチラ
・デキストロメトルファン(メジコン)と精神疾患→コチラ
・口腔領域の疼痛性障害→コチラ


☆漢方あれこれ
 自分は仮免レベルの漢方屋でもあるので、診療に良く使ってます。ちょっとした記事をポツポツ書いているので、ご紹介。

実証と虚証, 補気と補血, 陽と陰の配慮, 寒をとらえる, 陰虚を考慮, 虚熱を考える, 生薬の勉強, 消風散の生薬には…!, 釣藤鈎とは何なのか, 高血圧と頭痛に釣藤散, 補中益気湯で失敗, 視床痛には?, 喉の痛みに桔梗湯, 咳への対処, フラッシュバックに神田橋処方, 弛緩型神経因性膀胱はどうするか, 女性の手荒れに, 褥創治療の補助, チックの治療, 便秘にもどうぞ, 寒と水滞による痛みに, 清暑益気湯の生薬, 風邪の漢方薬, 腸間膜静脈硬化症, 起立性調節障害に, 漢方を服用する時間


☆お薬と偶像崇拝
 お薬の中には、キャラクターが存在するものも。イスラム文化圏では決して許されないこと(?)。可愛いのもいれば、変なのも。期間限定なのか?それともリストラされてしまったのか?と思うくらいにもはや姿を見かけなくなったキャラも。でも皆さんそれなりに頑張って製薬会社の看板背負ってるんですよね。自分が持っているものをご紹介していきます。なので精神科領域がどうしても多くなってしまうかも。

・ロナセンバード、ルーランバード、セレネースバード(大日本住友製薬)→コチラ
・ロナセンバード再び(大日本住友製薬)→コチラ
・がっちゃんと干支セトラ(大日本住友製薬)→コチラ
・メロペンギン(大日本住友製薬)→コチラ
・レオ(大日本住友製薬)→コチラ
・シナモロール(大塚製薬)→コチラ
・ムコさる君(大塚製薬)→コチラ
・豚さん(大塚製薬)→コチラ
・ひよこちゃん(大塚製薬)→コチラ
・ひつじさん→コチラ
・キティちゃん(ヤンセンファーマ、タケダ薬品、大日本住友製薬など)→コチラ
・おさかなさん(タケダ薬品)→コチラ
・大建中湯の羊、六君子湯のりっくん(ツムラ)→コチラ
・ジプレキサザイディスの可愛くないキャラ(イーライリリー)→コチラ
・パッキー君(グラクソスミスクラインの黒歴史?)→コチラ
・クマ野郎(エーザイ)→コチラ
Comment:15  Trackback:0
2017
03.17

概念の違い

 先日、漢方の講演会で少しお話をしてきました。不眠症や慢性疼痛に対して頻用される方剤の説明をしてきたのであります。1時間以上声を出していると喉が痛くなりますね…。もともとどもり気味で、かつ鼻炎でずっと調子が悪いものだから、お話向きの声では決してありません。家族と話をしていても「雑踏と周波数が同じだ」「ノイジーボイス(noisy voice)」と言われまして、道行く人々の音や声、そして電車の音があると本当に聞き取れなくなります。雑踏に溶け込む感じでして、自分でも何言ってるか分からない時すらあるという…。

 さて、漢方はミステリアスなところがうさんくさい部分でもあり魅力的でもあります。個人的には、ハマりすぎずにあくまでサポートとしてちらりと考える、くらいがいいバランスかなと思います。漢方に陶酔している人って、細菌性肺炎すら漢方で治そうとしかねません。それはやっぱりね、よろしくない。何時代の治療だよってことになります。抗菌薬が必要であるならしっかりと抗菌薬を使う。現代医学の恩恵があるものはそれにあずかりましょう(感染症でも、単純性膀胱炎なら漢方で良いでしょうけどね)。サポートとして考える時は、例えば高血圧で降圧薬を服用していてもちょっと朝起きた時に頭痛がする場合に釣藤散を寝る前に1-2包使用する、とか。PTSDの抗うつ薬治療でだいぶ改善したけど悪夢がまだ少し残る時に桂枝加竜骨牡蛎湯を使ってみる、とか。そんな感じ。

 その漢方で困るのが、各概念の定義です。これがですね、人によって異なることがありまして、話が噛み合わない時がたまーにあるのです。よく自分が例として話題にしますが、虚証と実証というのがその1つで、日本漢方の中でも多くは体格や体力でそれを判断します。しかし中医学では病邪が盛んであればそれを実証と言います。瘀血の概念や陰と陽の考え方もかなり流派によって異なりますよねぇ。だから講演会でお話をする時、自分は必ず基本的な概念の説明を最初にします。「ここではこういう意味でこの用語を用いますよ」と先手を打ってしまうのでございます。そうでないとそれぞれの人がそれぞれの考える意味で解釈してしまい、小さな行き違いが生まれ、その積み重ねが大きな食い違いに進展してしまうリスクもあります。こういうところはきちんと注意せんといかんですね。専門用語はそういう行き違いを少なくするために定義がしっかりなされる傾向にありますが、それでもちょこちょことあるのは難しいところ。
Comment:0  Trackback:0
2017
03.12

恒例です

 タカシマヤでは大北海道展が行なわれており、ぐるっと見て回って遙か故郷を偲びました。もうね、自分の知らないお店がどんどん出ていて、年月を感じます。その中で”キングベーク”という函館のパン屋さんが出店していて「おぉっ!」と思いました。ちょー懐かしい。子どもの頃にそこの”コーヒーベーク”を食べたものです。今は亡き西武で売ってたんですよねぇ(しみじみ)。今回、懐かしすぎたので買って食べてみましたが、昔とは形も味も変わっていました…。昔はもっとギュッとした感じで、コーヒー部分ももうちょっと強かった記憶が。

 ただ、今回は北海道関連ではなく、タカシマヤの地下で虎屋さんの”ういろ”を買ったという内容でござます。

RIMG0409_20170312111151da5.jpg

 このヘタウマな虎さんの絵が特徴的。さて今回買ったのはどんな種類…?

RIMG0410_20170312111153869.jpg



おはぎういろ



 でございます。コレ大好きでして、”ういろ”の中でいちばん美味しいかも(おはぎも好きなので一挙両得)。”抹茶ういろ”も良いんですけどね、この”おはぎういろ”は季節限定なので見かけたら買ってしまう。

 カットして、いただきます。

RIMG0411_20170312111153e07.jpg



んまい



 おや、この不均一も良いですね。お米部分が多いところもまた美味しいなぁ。

RIMG0412_20170312111155055.jpg

 でもなんか見てると小豆の粒がリンパ節に見えてこないこともない…。何かの病理組織みたいだ。

 虎屋さんは三重県のお店ですが、名古屋のういろうよりもさっくりとしていてしつこくないんです。甘さもスッキリとしていますし。名古屋のは必要以上にモッチモッチとして絡んでくるんですよねぇ…。甘すぎるし。ただ、虎屋さんのものは日持ちがしません。そこが残念。色んな味を楽しみたい気持ちもありますが、大量に買っても食べきれずに終了となりかねないのでした。出来るならば、もう少し少量で売ってくれるとありがたいなぁ。

 ちなみに、この”おはぎういろ”の隣に”ホワイトチョコういろ”が売られていました(ネタ要員?)。ホワイトデーに狙いを絞ってますが、売れるかどうかはちょっと不安(買う勇気はなかった…)。歴史あるお店ですが、攻める姿勢はさすが虎屋さんです。
Comment:2  Trackback:0
2017
03.03

麦門冬湯を持っていきます

 ありがたいことに、講演会でお話をする機会を少しですけどいただいております。ここ2年くらいはほとんどが漢方なんですけど、どうなんでしょう。分かりやすく話せているかしらん、と思う時があります。自分は独学で漢方を勉強しているので、初心者が分からないところを経験してきているとは思っています。でも、独学はどうしても知識に手薄なところがあり、そこへの配慮が十分にできているのかどうなのか。分からないところは「これは自分には分かりません」とすっぱり話しているので「おいおい大丈夫か」と思われているかも? まぁ漢方の概念自体アヤシイところがありますし。

 そんな漢方尽くしではありますが、なんと今年は漢方以外でもお話しする機会をいただきました。ご依頼を下さったかたは相当なチャレンジャーですな。しかし、自分のメインは漢方屋ではなく精神科医であります、たぶん、ひょっとしたら。それを思い出させてくれる講演が今年はひさびさに登場でして。ていうか、メインが久々ってどういうことや…。副業(?)の方が多いというのは皮肉なことです。

 その講演、結構ガチな依頼が1つあり、戦々恐々としています。なんとですね



5時間話せ



 良いのか!? 自分に5時間話させて。よく依頼してきたなー、博打じゃないかなー。

 連続5時間ではなく(当然)、休憩やお昼休みを挟んで10-16時。しかも四国です! 四国って言ったらあなた、大学受験の時に2年連続で高知と徳島に行ったことがありますよ(大学受験が複数年というのはご愛嬌)。わたくしの名前も四国に轟いていたのかと感慨深い。ま、たぶんものすごくマニアックな人がいたんだと思います。そうでないと自分が四国から依頼を受ける説明がつかない。でも何のマニアなんだ…。みたらし団子とか? 五平餅とか? コメダ珈琲店とか?

 その5時間の内容はスイーツの話ということではなく、れっきとした精神科なんですよ。「そんなに話す内容あるの?」と思われるかもしれませんが、内容だけであれば5時間いけます、おそらく余裕。精神科以外の科で働く看護師さんに対して”精神科の考え方・お薬・疾患への対処など”をぴゃーっと話すので、5時間でも足りないくらい(大きく出た)。ただ、体力的にはどうかな…。声がね、もつかどうか。ガラガラになってしまいそうで。ぶっちゃけてしまうと、こんな講演(というか講義)を聞くよりも、中井久夫先生の『看護のための精神医学』とか、春日武彦先生の『はじめての精神科』とかを読んだほうが良いんですけどね。看護師のみなさんや精神科医になりたての若手のみなさんはこの2冊を読んでみることをオススメします。より実践的なのが後者で、患者さんを理解しようという優しさ成分が多いのが前者。どちらかというよりは2冊とも読んだ方が良いです。向精神薬について知りたいなら姫井昭男先生の『精神科の薬がわかる本』でしょう。これでどんな科にいても精神疾患の看護スターターとしては十分。

 しかしそうは言っても5時間話すことは決定したのです。精神科以外の看護師さん対象だと、どこまで話すかが難しい。精神科の専門用語は精神科以外にかなり縁遠い存在ですし、他にもあまり詳しくしてしまうのもいけないし。講演(講義)自体は今年と言ってもかなり先で終わりに近いくらいなのですが、浅いながらも広く話す必要があり、かなり噛み砕く工夫も求められているでしょうから、今からスライドをつくっています。今のところ500枚を越しましたよ…。

 ちなみに「講演会ってお金がどれくらい入るの?」と思われるかもしれませんが、労に見合うものではないのです。もちろん有名な先生だったら結構もらえるんでしょうけど、自分は身分相応に安いです。講演会のために勉強し直しますし、本も買いますし、時間も使いますし。言ってしまうと、準備のための時間を健康診断のバイトに当てたほうが圧倒的にお金になります。でもね、こうやってお話ができるのは幸せなことだなぁと思います。依頼をしてくれる人がいる、そして聞いてくれる人がいるっていうだけでね、ありがたいことですよ。少しでも世の中の役に立ったかなと思える瞬間でもあります。一度でもそういう経験があると、今世で生きた意味はあったかと感じます。来世はどうなるかな。
Comment:2  Trackback:0
2017
02.20

大容量・再

 自分は甘いものは嫌いではなく、むしろ好きな方だと思っております。普段はそんなに食べないですけど、定期的(?)に食べるようにしておりまして。毎日食べるとやっぱり身体に良くないし、油断すると糖質過多になりやすいですからねぇ。普段の間食はチーズとか大豆とかなんですよ、実は。

 甘いものの中で、かつ洋のものであれば、やっぱりチョコレートは美味しいなぁと思います。でも高級なのはほとんど食べたことがなく、スーパーで買えるものです。そこで自分の中にトップに君臨するのが


チョコ棒


 です。リスカとか菓道がつくっている、チープなコーンパフにチープなチョコレートがかかっている、アレです。コンビニやスーパーではプライベートブランドの100円(ほぼ10本)で売られていることが多いかと思います。

 コレが大好きでして。あればあるだけ食べてしまいそうな気もしますが、まだ前頭葉がそれを抑えてくれています。そして今月の初め、スーパーに行ったらこんなのが。

RIMG0183.jpg

 おぉ! リスカのチョコ棒がなんと32本も入っています。名実ともに”徳用チョコ”。飾りっ気のかけらもないところがまた好感の持てるポイント。

 サイドにはこのような記載が。

RIMG0184.jpg

 32本で300円弱だから、めちゃくちゃ安くなっているわけではないのですが(大体10本100円なので)、それでもたくさん入っていると嬉しいものです。

 1日で食べ終わるのではないだろうか。ぱくり。

RIMG0185.jpg



んまい…



 安定の美味しさ。ちなみに画像に写っているように、2パック買ってます。

 コスパがとても良いし、サロン・デュ・ショコラで売られていても買うんじゃなかろうか。有名なショコラティエがこのチョコ棒を一口サイズに切ってちょっとデコレーションなんかした日にはバレないんじゃなかろうかというくらいに美味しいんですよ。

 パキッと食べた時にコーンパフの粉が少し飛ぶというご意見もあろうかと思います。その際は、口全体で食べる部分を覆って、かつパキッとする時にごくごくわずかに息を吸うのです。たくさん吸うと粉が喉の奥に張り付いて咳き込むことになるので、春のそよ風のようにやさしく。そうすると問題ナッシング。

 ぜひね、食べていただきたい。
Comment:0  Trackback:0
back-to-top