2037
12.31

ブログ紹介

*この記事は常にトップに出ます*
*最新記事は1つ下の記事になります*

皆々様。
平素より大変お世話になっております、m03a076dです。
ご来店いただき、まことに有難うございます。
このブログは、研修医や若手精神科医を対象にした話がちらほら出てきます。でもメインは自分の気になったことをちょろちょろっと記すこと。最近はやはり本業の精神科の話が多くなってしまっています。

気楽にご覧下さいませ☆ (this article: last update Oct. 1. 2017)


*このブログではたまに患者さんとの会話例が出ています。その時に記載している基本的な情報、たとえば年齢や性別や受診の時期など、これらはプライバシー保護のため改変しています。また複数の患者さんの情報や会話内容を意図的に混ぜています*


☆思い立ってしでかしたこと
 はっと思ったらやはり実行。後悔することはあっても、いつかは懐かしい記憶となってくれるかもしれません。実行と言っても、他人様の迷惑にはならないようにしましょう。最近は名古屋な雰囲気を醸し出してます。

アポロチョコに捧げた情熱(ページの一番下の記事からお読み下さい)
ヒーターで焼き芋つくり(他にも焼いてます)
シュークリームの上手な食べ方~案~
大手コンビニのシュークリームを比べてみた
ジンギスカンのたれ比較
あんまきの比較
犬山城に行こうとしてみた
山崎川のさくら
スガキヤに行ってみた
熱田神宮のきしめんを食べてみた
豊川稲荷に行ってみた
のれそれを食べてみた
藤の花を見に津島公園に行ってみた
七夕まつりを見に一宮市に行ってみた
宇都宮の旅(餃子華厳の滝世界旅行
矢勝川の彼岸花
岡崎公園の桜とお団子
めんたいパークとこなめに行ってみた
愛知県のみたらし団子


☆鶴舞公園をお散歩
 名大病院の向かいは鶴舞公園というところで、さくら名所100選にもなっています。花菖蒲や紅葉なども綺麗で、四季を通じて楽しめる公園。

サクラ, ツツジやフジ, バラ, ハナショウブとアジサイ, ハス, 春の終わりから夏, 初冬その1, 初冬その2


☆コメダ珈琲店について少し
 名古屋在住なので、代表であるコメダ珈琲店へたまに行っています。その中でちょろっとご紹介をば。。。網羅的なものではなく、ピックアップする感じでございます。

blanc et noir, 豆菓子と有田焼, ○○ダさん…?, ピザと経済, みそカツサンド, 定番のハンバーガー, 期間限定ノワール, ジェリコを嗜む, アイスなココア, 夏はやっぱりかき氷, Ringoノワール, コメチキってやつ, バレンタインのチョコ祭り, 珈琲豆と小豆, ベリーノワールさん, たまご系, チョコ祭りその2, サマージュース, ケーキとどら焼き


☆名古屋大学医学部附属病院前期研修について
 自分の前期臨床研修先であった名大病院について、主観で眺めてみました。名大病院ってどんなとこ?と思っている方、少し参考にしてみて下さい。
 2015年5月に(4年ぶりに)少し手を加えました。2015年度からはたすき掛けも導入されたということで、隔世の感がありますね…。どんどんプログラムは良くなってきている感じがします。あとは研修医のやる気ですな。
 また、名大病院に限らず学生さんが病院見学をする際にどういった点を見ると良いか、ちょっとですが書いてみました。

・名大病院研修について→コチラ
・病院見学の際のポイント→コチラ


☆臨床研修はじめの一歩
 学生さんや研修医を対象としたレクチャー。その多くは救急外来や研修医相手の勉強会で話した内容から成っています。深くは立ち入らず、入門として・総論として。研修医の時に知っておきたい心構え的なものとお考え下さい。”診断学・感染症・輸液・検査項目(主に救急外来)・栄養療法”についてお話ししています。最後に輸液と栄養療法とに絡めて、SIRSについて名古屋大学医学部附属病院集中治療部教授である松田直之先生の考え方に触れてみようと思います。

・はじめに→コチラ
・診断推論→コチラ
・感染症診療の入り口→コチラ
・輸液の考え方ベーシック→コチラ
・検査項目の使い方→コチラ
・栄養療法の初歩→コチラ
・SIRSについて一つの記事→コチラ
・補足:生活の中の病歴→コチラ
・補足2:診察の強弱→コチラ
・補足3:デッサンという考え方→コチラ
・補足4:デング熱を例に鑑別を挙げるということ→コチラ
・補足5:曖昧性を許容する→コチラ
・補足6:身体診察の治療的意義→コチラ
・補足7:教育としての病歴と診察→コチラ
・補足8:風邪を診る→コチラ


☆研修医のためのテキスト紹介
 研修医が読む本は学生さんとはちょっと違います。プラクティカルなものを選んでみました。研修医や非専門医として、なので専門的なテキスト紹介ではありません。

”総論”について, 各種マニュアル本, 心電図・循環器治療薬の本, 呼吸器内科の本, 感染症の本, 腎臓内科の本, 糖尿病のポケットガイド, 小児科外来の本, 皮膚科や創傷処置などの本, 精神科の本, 漢方薬の本, 非精神科医のための精神療法的な本, 超音波含め画像診断の本, 国試が終わって臨床研修開始までの間に, 『極論で語る』シリーズ, 診断ではなく帰せるかどうかの判断をするための入門本, カルテの書き方, 血の通った緩和ケア


☆風変わりな超音波
 もうエコーは心臓と腹部実質臓器のためだけじゃない!消化管・運動器・肺・眼球などなど、様々な分野へ応用可能です。その中でも消化管と肺について軽くまとめました。

消化管の超音波, 肺の超音波, 超音波を学ぶ時の心構え


☆研修医救急勉強会でのポイント
 名古屋大学医学部附属病院では月に1度、朝に研修医が救急勉強会をしていました。現在は他の科の先生がたが様々な勉強会を開いていて研修医が忙しくなったという理由で、廃止に…。

・Jolt accentuationを例にして診察や検査のセッティング→コチラ
・めまいについて→コチラ
・嘔気嘔吐の例→コチラ
・救急外来と入院での病歴の取り方→コチラ
・発熱と意識障害を例にして患者背景から絞る→コチラ
・勘違いしやすい痛みについて→コチラ
・侮りがたし、虫垂炎→コチラ
・DehydrationとVolume depletion→コチラ


☆精神科臨床はじめの一歩
 精神科医は精神科医でも、若手、特に1-2年目が身の丈に合った非侵襲的な接し方をするにはどうすれば良いか。そんな思いから、治療的態度・精神病理学的知識・分析的思考について10回+1回にわたって考えてみました。自分も若手なので、若手目線で。おまけとして初心者やご家族や患者さんに読みやすい本の紹介もしています。

・第0回:若手としての心構え→コチラ
・第1回:精神療法としての”あいだ”→コチラ
・第2回:”患者”になること→コチラ
・第3回:”症状”を考えてみよう→コチラ
・第4回:器質力動論的視点を持ってみる→コチラ
・第5回:精神発達論をちょっと体験→コチラ
・第6回:防衛機制って何なんだ?→コチラ
・第7回:人格構造という軸→コチラ
・第8回:支持的精神療法のススメ→コチラ
・第9回:役割から見えてくる”転移/逆転移”→コチラ
・第10回:ご家族とのお話→コチラ
----------
・統合失調症理解の入門本→コチラ
・うつ病/躁うつ病理解の入門本→コチラ
・認知症理解の入門本→コチラ


☆精神科臨床のワンフレーズ+α
 日常臨床で患者さんに送るちょっとした言葉を掲載。薬物治療をしっかりと行うことと前提としているため、構造化もしてませんし分析的な深い考察もしていません。裏を返せばどんな治療者でも使えるということになるでしょうか。支持的でちょっと背中を押すような、そんなフレーズ達。そして、フレーズに限らず精神科臨床での会話などもまとめました。

・神経が疲れた→コチラ
・困った時はお互い様→コチラ
・キーを回す→コチラ
・不安を不安として→コチラ
・つらさの代名詞→コチラ
・こころは水風船→コチラ
・回復の芽を摘まない→コチラ
・どちらを選んでも後悔する→コチラ
・医者と薬は松葉杖→コチラ
・ネガティブを大切に→コチラ
・医者はあきらめが悪い→コチラ
・病気の種→コチラ
・回り道の景色→コチラ
・歴史になること→コチラ
・失敗も大事→コチラ
・症状をガイドに→コチラ
・こころのお天気→コチラ
・飛行機とカサブタ→コチラ
・何もないのは平和のしるし→コチラ
・どんな思いがよぎりましたか?→コチラ
---------------
・終診にする時→コチラ
・同じと特別→コチラ
・「でも」を使わないようにしてみる→コチラ
・「なんで?」も使わないようにしてみる→コチラ
・大丈夫という言葉→コチラ
・認知機能検査を始める前の言葉がけ→コチラ


☆精神医学ピックアップ
 記事の中から病態や向精神薬の関連で精神科1-2年次向きなものを選んでみました。ちょっと前にまとめたものは記載が甘いものも散見されますが、ご了承ください。

・統合失調症のグルタミン酸仮説と抗精神病薬の定型/非定型という分類→コチラ
・精神症状を来たす身体疾患→コチラ
・精神疾患と慢性炎症→コチラ
・神経障害性疼痛→コチラコチラ, コチラ
・ベンゾジアゼピン受容体作動薬→コチラ
・抗うつ薬のモノアミン再取り込み阻害/促進→コチラ
・向精神薬中断によるリバウンド症状→コチラ
・薬剤に精神療法を込める→コチラ
・悪性症候群→コチラ
・アルコール使用障害→コチラ
・デキストロメトルファン(メジコン)と精神疾患→コチラ
・口腔領域の疼痛性障害→コチラ


☆漢方あれこれ
 自分は仮免レベルの漢方屋でもあるので、診療に良く使ってます。ちょっとした記事をポツポツ書いているので、ご紹介。

実証と虚証, 補気と補血, 陽と陰の配慮, 寒をとらえる, 陰虚を考慮, 虚熱を考える, 生薬の勉強, 消風散の生薬には…!, 釣藤鈎とは何なのか, 高血圧と頭痛に釣藤散, 補中益気湯で失敗, 視床痛には?, 喉の痛みに桔梗湯, 咳への対処, フラッシュバックに神田橋処方, 弛緩型神経因性膀胱はどうするか, 女性の手荒れに, 褥創治療の補助, チックの治療, 便秘にもどうぞ, 寒と水滞による痛みに, 清暑益気湯の生薬, 風邪の漢方薬, 腸間膜静脈硬化症, 起立性調節障害に, 漢方を服用する時間


☆お薬と偶像崇拝
 お薬の中には、キャラクターが存在するものも。イスラム文化圏では決して許されないこと(?)。可愛いのもいれば、変なのも。期間限定なのか?それともリストラされてしまったのか?と思うくらいにもはや姿を見かけなくなったキャラも。でも皆さんそれなりに頑張って製薬会社の看板背負ってるんですよね。自分が持っているものをご紹介していきます。なので精神科領域がどうしても多くなってしまうかも。

・ロナセンバード、ルーランバード、セレネースバード(大日本住友製薬)→コチラ
・ロナセンバード再び(大日本住友製薬)→コチラ
・がっちゃんと干支セトラ(大日本住友製薬)→コチラ
・メロペンギン(大日本住友製薬)→コチラ
・レオ(大日本住友製薬)→コチラ
・シナモロール(大塚製薬)→コチラ
・ムコさる君(大塚製薬)→コチラ
・豚さん(大塚製薬)→コチラ
・ひよこちゃん(大塚製薬)→コチラ
・ひつじさん→コチラ
・キティちゃん(ヤンセンファーマ、タケダ薬品、大日本住友製薬など)→コチラ
・おさかなさん(タケダ薬品)→コチラ
・大建中湯の羊、六君子湯のりっくん(ツムラ)→コチラ
・ジプレキサザイディスの可愛くないキャラ(イーライリリー)→コチラ
・パッキー君(グラクソスミスクラインの黒歴史?)→コチラ
・クマ野郎(エーザイ)→コチラ
Comment:22  Trackback:0
2017
10.12

人生三度目の四国

 現在、今月下旬に行なう予定の看護師さん向け講義の準備に情熱?を注いでいます。前にも記事にしましたが、四国に出張してですね、一般病棟における精神症状への対応みたいなお題で5時間くらい話すこととなっています。しかし,自分に講義依頼をするなんてずいぶんと奇特な人がいるものだなぁと…。講演会はもっぱら漢方のお話で依頼をいただくことが多いのですが、どこがどうなると看護師さん向けの精神科講義に結びつくのか。でも何かの縁と思って、ありがたくお話をさせてもらおうと思います。

 ただ、残念ながら自分の声はお話向きではなくてですね。声が低いのと慢性副鼻腔炎+アレルギー性鼻炎でよく声が通らないのとで、極めて雑音に近い音声なんです。電車の中で人と話をしていても、その他の音に紛れてしまって聞き直されることがしばしば。自分でも何を言っているのか聞こえない時があるくらい(やばい)。でも何とか頑張ろう…。

 さてそんな講義ですが、医者が相手であれば病態メカニズムや治療薬のエビデンスなどを中心にするものの、5時間という限られた中である程度の広さのお話を看護師さんにするとなると、そういうところは少なめにします。どうすれば”無難”な看護ができるか、少なくともマイナスにはなりづらいような看護ができるか、をお伝えできればなぁと。

 患者さんをケアする、とひとことで言っても、ケアは人と人とのあいだで成り立つものです。いくらこちらが「ケアしたぞ!」と思っても、相手が「ケアされた」と思わなければ、そのケアはケアでないのです。空を切るならまだしも、それが患者さんに対して暴力的になることすらあります。もちろん、共感なんてのもそうですね。”善い行ない”というのは、相手にとって良いだろうとこちらがすでに思ってしまっているところがクセモノなのです。関係性というのをしっかりと意識することが看護には欠かせません。そんなお話をしつつ、各精神疾患を患者さんの必死の適応行動としてとらえて呈示してみようと考えております。教科書的な説明は一般的な教科書に任せておけば良いので、それを繰り返すようなら講義の価値は半減でしょう。せっかく聞いてもらうからには少し異なる視点も大事だよということで。

 その講義で看護師さんへの推薦図書もスライドに挙げています。5時間の講義だけではなかなか伝わりきれないので、そこはお勉強してもらおうと。中井久夫先生の『看護のための精神医学』『こんなとき私はどうしてきたか』、春日武彦先生の『援助者必携 はじめての精神科』、小澤勲先生の『認知症とは何か』『ケアってなんだろう』などは本当に役立つので、講義の中で推薦する予定。

 そのスライドは最終調整の段階で、約680枚になりました。大体1時間に100枚ちょっとのスライドをいつも使っているので、ちょうどいい感じ。自分のスライドは字が大きいので、たくさん枚数を使うんですよね…。細かい字を見ていると頭が痛くなるし、講義を聴く人も寝てしまうでしょう。

 そして、最後に危惧しているのが咽頭炎。もともと大きなイベントの後は咽頭炎になることが多く、今回は喋りどおしということもあり、リスク大。いちおう龍角散ダイレクトを持って行きますが…。11月初旬には京都でてんかん学会があるので、できれば体調をこれ以上悪化させたくないのでございます。
Comment:0  Trackback:0
2017
09.25

夏のお食事会、その前に

 9/21は、週に一度外来をしている病院の科の先生方とお食事会でございました。”海の日” という、名古屋の栄にある魚料理のお店。ここの病院の科はお食事会を夏と冬の年に2回行なっております。自分は3年前か4年前に一度遅刻をやらかしまして、もともと「遅刻するくらいなら欠席する!」というくらいに遅刻を恐れてはいたのですが、それ以来完全なる遅刻恐怖症に陥り、準備万端で臨むようにしているのです。

 その遅刻も自己弁護をすると、時間には間に合うはずだったのです。自分の足を過信せずにタクシーに託したところ、そのタクシーの運ちゃんが全然道の分からないかたでして…。「んー、どこだ?」とぐるぐるとお店付近の道を回り、時間には遅れるわメーターは回るわで、とっても損をしたような気分になったのでした。自分もしっかりと道を調べておくべきでしたが、タクシーなら大丈夫やろと思い込んだのが運の尽き。

 その時から「もう遅刻はすまい」と固く決心し、その次のお食事会はきちんと病院をその日1日有給休暇(!)として無事に遅れなく出席を果たしたのであります。しかも前日に下見をしました。どんな受験生だ!と思われかねない万難を排した行為。以降は病院を午前だけにして、午後は休んで家に帰り早めに会場に出かけるということをしています。

 今回も午前で仕事を終わらせて午後早くに帰宅し、会場までの道筋をイメージトレーニング。家を出て会場付近にやってきたのは1時間30分前という完璧な仕上げ。早すぎるのでお店には入れず(当然)、これまた調査済みである近くのコメダ珈琲店で休憩と相成りました。遅刻恐怖症の調査能力たるや大したものです。

 せっかくコメダに入ったからと、食事の前にもかかわらずなぜかシロノワール(ミニではない)とミルクコーヒーを注文してしまいました。そこで講演会のスライドを少し手直し。

RIMG0913_201709251704210e5.jpg

 何度か記事をアップしていますが、 自分のシロノワールの食べ方は、デニッシュとソフトクリームを分離する方法です。別の器にこのように。

RIMG0914_2017092517041201e.jpg

 なぜかというと、デニッシュが温かいので、ソフトクリームを乗せたままだと大部分が溶けてしまうんですよね。ひたひたになったデニッシュが好きであれば別に構わないのですが、溶けたソフトクリームって結構甘く感じて自分は大量に食べられません。しかも今回はミニシロノワールではなくノーマルのシロノワールだし。

 分離すると多少は溶けるのを防げ、こんな感じでデニッシュにソフトクリームを乗せていただくのであります。

RIMG0916_20170925170421676.jpg

 最後くらいは溶けたソフトクリームにひたして食べましょうか。

RIMG0917_20170925170419f92.jpg

 うーん、やっぱり甘いかなぁ。

 あ、自分はシロノワールに別添で付いてくるシロップ(メープル風味)は使わない派でして。でも、このようにコーヒーにちょっと入れることがあります。これはこれでまた悪くない。今回はミルクコーヒーに入れていますが、入れるなら普通のブレンドコーヒーやアメリカンコーヒーが適役かと。通常、ミルクコーヒーは甘くしないで飲んでます。

RIMG0918_2017092517042646e.jpg

 音がうるさいというのを不問にするのであれば、付いてくる豆菓子をガンガン叩いて細かくし、シロノワールのソフトクリームの上にパラパラとふりかければ、ちょっと塩味が入ってそれもまたよろし。色々と工夫のしがいがありますね。

 そんなこんなで、1時間ほどコメダで過ごし、30分前に入店。

RIMG0919.jpg

 もちろん(?)、一番乗り。よしよし。

RIMG0920_201709251704288c0.jpg

 そして、時間が経ち、お食事会は無事に終了。唯一誤算だったのは、コメダでシロノワールを食べてしまったために本番のお食事前にお腹が結構いっぱいになってしまったこと。つまりはアホということです。

 なぜあの時ミニシロノワールにしなかったのか、不思議でなりません。ミニでも十分満足するのでお食事会の結果はあまり変わらなかったかもしれないのですが。

 いずれにしても、遅刻せずに安心しました。個人的には、こういうお食事会とか集まりというのは一大イベントでして、終わった後はかなり精神的に疲労します。お食事会がキライってわけじゃないですよ。遅刻を恐れすぎて準備を過剰に整えるので、それが良くないのだろうなというのは理解しております。でもしょうがないなぁ、遅刻は怖い。
Comment:4  Trackback:0
2017
08.19

その意欲はどこから湧くんですか?

 今後の身の振り方、を考えることがたまにありました。今はだいぶ固まっておりまして、そうそうブレることはなかろうと。

 医者として生活していく上で、大まかな道としては、”臨床・研究・その両方” の3分類があるかと思います。自分は「研究とはどんなものかしら」と思って大学院に行ってみましたが


こりゃアカンわ…


 ということで、撤退。研究はとても大事で、自分の頑張っていることが広まってそこから患者さんの治療に結びつくのは、医者冥利に尽きるとも言えましょう。自分の臨床だけだと関与できる患者さんは限られていますが、研究→文献という形であれば、その数は膨れ上がります。その大事さは分かっているつもりですが、残念ながら自分は研究への適応性がないなという実感があります。

 だから研究をどんどんして論文を書いている先生ってすごいなーと思っちゃいまして。留学している知り合いやこれからしようという知り合いもいます。もちろん高い地位を目指すぞという上昇志向が研究のエンジンになっている人もいるんでしょうけど、それにしたってすごいですよね。本当にそのやる気が羨ましい。自分は大学院にいて良かったのは ”色んな学割が有効” てなもんでしょうか。あとは大学が契約している雑誌の論文の全文を閲覧できたところか。恐ろしいくらいに意欲がなくなってしまって、特に2015年の後半から2017年の前半にかけては引きこもりがちになるほどで、暗黒時代みたいな感じがしました。こころも重いし身体も重い。常に一定以上の疲労感と閉塞感が取り憑いているような。今もまだだいぶ引きずっていてますけど、振り返ると当時のあのやる気の欠如は恐ろしいものがありましたよ。

 でも大学院に行ってみて、自分には研究の落第者というのが分かったので、それはそれで良かったと思います。だから、今後は病院の片隅でひっそり生きていこうと、それはそれは強く決意しているのです。何か世間様に出来ることがあるとすれば、ケースレポートでしょうか。しかしそれももうちょっと意欲が回復してこないと無理だなぁ。今は完全に ”気” がない。たぶん今世では無理で、来世になったら大丈夫かも(また人間に生まれ変われたら)。精神科病院でのこじんまりとした生活を今後も続けて大事にしていこうという感じです。それ以上に手を広げる余力は自分にありませんでした。

 以上、身の振り方の道筋でした。
Comment:23  Trackback:0
2017
07.25

久しぶりに出かけてみた

 調子が良くないので引きこもっていましたが、この前のお休みにちょっと名古屋駅までお出かけ。平日の午後3時くらいだったのでそれほど人が多くなかったのが幸い。でも疲れますねー。

 大名古屋ビルヂングに行って、遅いお昼ごはんを ”酉しみず” で食べることにしました。

RIMG0810_201707241427061fd.jpg

 名古屋コーチンの親子丼です。徹底して名古屋コーチンでして

鶏肉:名古屋コーチンのお肉
お米:名古屋コーチンの出汁で炊いた
卵:名古屋コーチンの卵

 となっています。

RIMG0811_20170724142708569.jpg

 名古屋に出店ということで、八丁味噌を使った味噌だれがかかっております。

RIMG0812_20170724142708ce9.jpg
 
 どれ、食べてみましょうか。

RIMG0813_20170724142710d10.jpg

 うーむ、これは


お味噌が全部持っていった…


 期待する親子丼は、お出汁とほんのりな甘さの融合体なのですが、これはそういった要素が誤差みたいになっており、お味噌の強いベクトルで味が決まってしまったという感じ。微妙な味わいがお味噌(と唐辛子)でふっ飛ばされてしまいました。いくら名古屋と言っても、お味噌は親子丼に合わないなぁ。

 ちなみに名古屋コーチンではない親子丼(これもお味噌がかかってます)も食べてみましたが、アレルギー性鼻炎と慢性副鼻腔炎のある自分では、その違いが分かりませんでした…。ただ、これらの親子丼は味噌だれをかけるかどうか選べるそうなので、別添にしてもらった方が良いかもです。

 食後はJRゲートタワーを視察。名古屋に住んでいながらまだ足を踏み入れていなかったのでした。そこの本屋、三省堂書店に行ってみました。高島屋に入っていたのが移転? 拡張? したようです。

 そこで本を買って、疲れたのでひと休み。

RIMG0815_20170724142736ff7.jpg

 冷たいレモネード。美味しかった。

 買った本というのがですね、こちらなのです。

RIMG0832.jpg

『ぐでたまひんやりBOOK』

 保冷バッグが特典として付いてきます。この本(?)の発売は6月末だったのですが、近くのイオンに入っている本屋さんにはなく、こちらに探し求めに来た、というのが今回のお出かけの本懐であったのです、実は。無事に入手。

 こんな感じ。保冷バッグと小さな保冷ポーチ。

RIMG0833_201707241427338ae.jpg

 マチもしっかり、結構な容量です。

RIMG0834.jpg

 サンリオキャラクター大賞では昨年の4位からひとつ順位を落としてしまいましたが、個人的には1位のぐでたま先生。順位なんて全然意に介していないんでしょうけれども、これからも応援いたしますよ。
Comment:4  Trackback:0
back-to-top